クワガタ漬け。
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/02/20(土) 18:48 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
赤づくし
本日、我が家のサッシを一部改修しました。

私の背丈以上の高さがある、そこそこ大きなサッシなのですが、隙間風が入って鳥部屋と虫部屋の室温を下げてしまうので見てもらいました。

てっきり数年前に実施した大規模リフォームによる後遺症だと思っていたら、業者さん曰く「目的はよくわかりませんが、なんか、細工してありましたよ。戻したら直りました(笑」とのこと。

まあ原因はともあれ、修理のお蔭で室内の温度は安定したように思います。恩恵を受けるのは人間よりも、飼育している鳥と虫ですが


さて、業者さんが作業している間にただ見ているだけっつーのもアレなので、数日前からペアリングしていた

160220赤マンディサバ

サバ産マンディブラリスの産卵セットを追加しました。我が家のサバ産は「黒目系」で4血統、「白目因子系」で3血統も血統数がありますが、今回セットしたのは一番赤みが強い血統(CBF2)です。

160220赤マンディサバ2

アゴの先まで赤いので、かなりのお気に入り。CBF3血統を確保すべく、もう1♀セット予定です。

因みにセットはこんな感じ。中ケースに産卵木3本転がすだけ。

160220-1.jpg

室温が上がらなかったので、今までの産卵ペースはまだ今一つですが、今回のサッシ改修で状況改善に繋がればいいなぁ。


そして他のこたいーーー。たまたまですが、全部赤繋がりです。

160220-2.jpg

♀ばっか羽化してきている赤インペラの♂と思しき個体がようやく前蛹になりました。さっさと蛹化せい!と、2~3匹の幼虫を200CCカップに移し替えたら、いきなり効果が出ました

♀はまだ後食してませんし、インペラは比較的長生きなので間に合うかも

そして、私の失態により3匹しかニョロが採れなかった

160220-3.jpg

ギラファホソアカ(確かこれがCBF3)の1匹が、同じく前蛹になっていました。時期としては良い時期ですね。北海道の遅い春、4月にはブリード出来るでしょう。♂♀が揃えば、の話ですが。野外品の入荷は無いだろうしな~

そして、うっかり今頃羽化・自力ハッチしてきた

160220赤マンディムラトゥス

同じボルネオ産マンディブラリスのうち、産地がサバでなく「ムラトゥス」の血統。この個体、サバ産に負けず劣らず赤いです

でも♀は一匹も残っていません、既に昨年に全て羽化して、昨秋にブリードも終わってます。その時産まれたニョロの羽化を促すしかなさそうですが、これはさすがに間に合わないよなぁ…

ということで、本日は赤尽くしでした。ではまた忘れた頃に


2016/02/11(木) 13:00 キクロ(サンギレンシス産メタリフェル)
サンギレンシスが羽化してた。
お寒うございます。って、このブログの更新頻度や内容のことではないですよ。いや、そうなのかもしれませんけど。

こちら札幌は、連日最高気温が零下です。20数年前、初めて札幌に引っ越してきた時は

「ああ、今日は気温が0度であたたかいなぁ」

なぁんていう道産子さんたちのコメントにあほでないか、などと内心思っていたものですが、今なら断言できます。0度は暖かいです!

もうね、暖かさの概念が違うのですよはい…


と、どうでもいいお話はさておき。前回記事で、目下の羽化個体をツラツラ書いてましたが、まだいました。

081020サンギ2

メタリフェルはサンギレンシス産、2血統いるうちの1血統が全部羽化してました。全部。ぜんぶ。ゼンブ・・・で4匹

ええ、そうなんです、軽~く60個とか80個とか産卵して時には100個超えて産卵するメタリフェルのくせに、4匹しか回収できませんでしたこの血統。

まあ昨年度はマットに泣かされた一年でしたから(他力本願の言いわけ)、材に産んでくれた僅かな個体で共食いに生き残った(つまり放置してた)個体が4匹だった、ちゅうことです。

でも共食いの生き残りだけあって、全部♂!!

もう一つの血統のニョロ・・・こちらも確か6匹くらい(涙)・・・はまだ2齢なんで、♂の存命中に♀がブリード可能になるかどうかはかなり微妙です。

赤インペラは♀ばっかに偏るし、困りましたね。結局ブリード出来ない状況になぁんも変化ありません。

ま、せいぜい2齢ニョロを200CCカップで交換繰り返して脱皮と蛹化を促しましょうかね・・・

そして更に忘れていた個体。

140503エラフス1

エラフスはエラフスでも、ホソアカでなくミヤマです。ついに我が家唯一のミヤマになってしまいましたが、今年も無事に個体が羽化してきました。

ミヤマは別に好きじゃない・・・しいて言えば日本のミヤマが昔あこがれていた血が騒ぐので好き・・・のですが、この赤い彗星だけは外産ミヤマの中で超絶お気に入りです

まだまだブリードするぞ!失敗するかもしれないけど

そして更に更に

0911ミラビリス

ミラビリスノコギリです。

昨年酔っ払った勢いでついマウスボタンをポチっとしてしまったWDから採れたニョロのうち、気まぐれな♂♀1匹ずつが羽化して丁度ペアになりました。同じ環境で育てている他のニョロはまだまだニョロ中なんですけどね。

いずれもまだまだ休眠中ですが、北海道の遅い春が訪れる頃には、起きてきてくれそうな予感がします。

ということで、結局はブリードしたい時にはブリードできる個体がなくて、きっと忙しくなるであろう春先にはブリードせにゃいかん個体の管理に追われて結局また採るべき種で少ししか採れない予感がする今日この頃でした(句読点少な目)。

以上、画像は過去のモノを使いまわしただけの手抜きブログおしまい!

おお、すげえ、3週連続でブログUPできた!ではまた忘れた頃に


2016/02/05(金) 23:10 シカ(中国シカ)
ブリードしてぇ。
ブリードしたいです!と言っても、夏過ぎからずーーーっとブリード中のフタマタでもなく、40歳を超えて産まれた長男に続く人間のブリードでもなく。

CIMG0188.jpg

我が家のクワガタブリード状況です。半分がエロンガトゥスフタマタ、半分がサバ産マンディブラリスフタマタ。つまり全て材産みのフタマタ。

もうね、いくら採卵好きとは言えですね。半年以上も毎週毎週・・・ま、たまに2週に1度の採卵を続けていると飽きるのです。特に今は子育てで時間ねーし、なおさら。

ということで、マット産みの種でブリードしたい!セットしてしばらく放置したい!底面に見える卵を見て興奮したい!マットを這う幼虫を見てみたい!ハァハァ・・・

CIMG0191.jpg

産卵セットに使えるケースもだだ余りです。中サイズ以上のプラケ、20個以上余っています。嗚呼モッタイナイ。

でも生憎我が家のマット産み種は全て幼虫か前蛹です。

蛹化しつつあるのは、

130302キンオニ

キンオニ。3月半ばにはブリード出来そうな気がする!・・・あと1カ月半。まてねー

トカラ140413-3

トカラノコ。ほか、ポルトンノコ。いずれも成虫おりますけんど、まだまだブリードはできなさそう、休眠中だす。

他にも

赤インペラ0903

赤系インペラトールとかも羽化してますけど、♀だけですセイチュー。♂はまだまだ幼虫していそうなので、超絶羽化ズレ決定です。春先にWDでも入らないかな?

ということで即ブリ個体がおりません。夏に羽化してもう半年以上経過している

121222ツツイ2

ツツイ君もそろそろ活動してくれて良さそうなんですが、一切活動する気配ナシ。同時期に羽化して、羽化後2カ月で活動した個体からは既にニョロをGETしているのですが、何故ももうズレるのか・・・

そして先日、マット産み種で最後にセットを解除した

中国シカ

中国シカです。地味に好きな種ですが、本当に流通していません。おまけに我が家では、WDF1から累代し始めて以降、累代を重ねる毎に産卵数が落ちています。

今回のブリードでは2♀でようやく11匹という悲惨さ

ただ、一応次回ブリードは可能な数になりました。次回のブリードでは試したいこともありますし、使用するための材も自作しました(バクテリア材じゃないよw)ので、今度こそはあの爆産の喜びを再び!と行きたいところでアリマス

・・・ということで妄想も非常に楽しいのですが、嗚呼ブリードしてえ!マット産みでブリードしてぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

以上、叫んでおしまい!ではまた忘れた頃に


2016/01/31(日) 18:50 フタマタ(エロンガトゥス)
うまくいかない。
いつの間にか年が明けてしまいました…皆様お元気でしょうか。昔のお仲間でブログやっている人は殆ど残っていませんが、皆さんどうしているのかなぁ?

我が家はひたすら日々の子育て、インコの世話、虫の世話に追われ、いつの間にやらって感じで時間が過ぎていきます。



んで、たった今一瞬スキマが出来たので慌てて投稿!ブリード報告です。

今年の我が家のフタマタブリードは散々でした。

前回1♀から100個超えでブリできたアドゥンクスが、5♀使ったのに完全ボウズ。

過去10年間、超絶テキトーにブリしても毎回1♀から数十個採れ続けたメルキオリティスが、5♀使ったのに2♀からしか採れず。

フォルフォルもキヨタミもみんな似たようなもんでした。採れるんですけど、とにかく無精卵ばっかりなんです。

無精卵は個人的に、個体の成熟に起因する場合が多いと思っていたのですが、今回無精卵乱発したどの種も、アドゥンクス以外は全て何年もブリード継続している種ですから、今回だけ何故??というのが正直な感想です。

使用した個体は全部、蛹室から自力ハッチした個体ばっかでしたしねぇ・・・原因がワカラン

我が家のブリード環境が根本から何か変わったのでしょうか??

まあアドゥンクス以外は、累代継続分だけは確保できたのでヨイのですが、次回も同様であれば原因を根本から考えなきゃなりません。現時点で思当るフシがないのが辛い・・・

さて、そんなこんなでフタマタ属は不調続きですが、現時点でブリードしているのが

サバマンディ・ミルコ血統

サバ産マンディブラリス。気が付けば6血統くらいで管理しています。うち半数はWEとBEのCB血統です。

次回、このWE×BEでインブリないし別血統だけど同様のWE×BE血統とのCBすれば、その子の1/4がWEで羽化してくるんでしたっけ?遺伝法則は詳しくないので間違っていたら教えて下さい。

そしてもう一つの種が、比較的苦手意識のある

エロン140707-1

エロンガトゥスです。

これはですね、毎回採れるんですよ、たまご。

でも毎度毎度、無精卵に悩まされております。その意味では、今年我が家で起こった現象の先駆的存在です。今回は5♀でチャレンジ中で、相変わらずタマゴはとれちょります、はい。

でも問題なのはそのうちどれくらいが孵化してくれるか、なんですよね…過去は1/5くらいしか孵化してくれておりません。今回はどうなんでしょう。

って書いてたら息子がグズり始めた!わぁぁぁ!

ということで今回はここで終了、はい!また忘れた頃に。ではでは

最後に、親子でブサイクに写してみました!の図ナリ。

CIMG0159.jpg


2015/10/25(日) 17:23 ノコギリ(ゼブラ)
初雪・・・
寒い寒いと思ったら、なんと初雪が降りました。だけでなく、降り積もりやがりました。かるーく、ですが。

151025-a.jpg

札幌はGWでも平気で雪が降りますので、純粋に雪が降らないのは6~9月の4か月間だけですか。すくねぇ・・・

我が家は山の中にありますので、目の前は宅配業者が恐れおののく急坂になっています。目下、40代に入って絶賛急降下中の体力がいよいよ怪しくなってきたら、この家に住み続けるのは厳しいかもしれませんねぇ。

坂で雪が原因でスッテンと転んで骨折して・・・なぁんて考えたくもありません。暖かい土地への移住を検討中(?)。


さて、少々間が空きましたがまた飼育報告です。今回はノコ。

ここ最近、自らの意志で累代中止したのは、【パリー】【アンティローペ】です。そして意図せず終了になったのが【ファベール】。

そして残っているのが
トカラ140413-3

トカラ、悪石島産。2血統いまして、毎年交互にブリードする形です。産卵が非常に容易なので累代に困ることはありませんな。

そして、ブリード1回目で数個しか卵が採れず、リベンジの2回目で100個超えできた

0911ミラビリス

ミラビリスノコ。今年は血の入れ替えでもすっか、と珍しくWDを入手しましたが、10個くらいしか採れませんでした。

良い材を良い環境のまま保ってブリすりゃもっと採れたんでしょうが、やはり今は時間が無いですからねぇ。累代出来るだけでヨシとしますか。

そして後は

0612ポルトン

ポントン、ミャンマーカチン産。こうやって見ると、ノコで残留している種って色味が全部同じですね。


しかしそこへ、意外な闖入者が現れました。

ゼブラノコ1

ゼブラノコです。

減種中ですので、増やすつもりなんてカケラもなかったのですが、某キクロを落札したらおまけでついてきてしまいました。

ううううーん、こういうのは正直困る・・・

今は好きな種の中でも、更に特に好きな種だけに絞って飼育していますので、増やしたくはないのです。かといって生き物ですから、そこらへんにポイっとする訳にもいきません。ご厚意自体は有難いのですが返すわけにもいかず。

ということでブリードするか、ただの「飼い殺し」にするか。普段なら数秒で決めるべきところを珍しく2~3日悩んで。



結局ブリードすることにしました



産ませ好きの性がそうさせた、って感じですが、そういう割には産卵セットには特に気合はいれていません。ま、採れなかったらそれはそれで(笑

ということで、なんとなーく増種しちまいました、というお話でした。

因みに、もう一種類は自らの選択で増やしてしまいましたが、それはまた今度・・・

ではでは、また広告が出るか出ないかの頃に


BackPage NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。