クワガタ漬け。
2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/08/07(日) 12:54 キクロ(ペレン産メタリフェル)
ミミズ、キュウリ、黒ペレ。
いやー、あっぢいですね。北海道の、なんちゃて梅雨も先日終わり、ここ最近はずっと暑い日が続いています。

0807-0.jpg

夏野菜も、今が収穫のピークなんでしょうか。ミニトマト、キュウリなどは毎日食べても追いつきません。画像は、ミニトマトにキュウリがまとわりついて共に成長している図でございます。

困っているのは特にキュウリ。一日平均、2~3本採れるのですが、我家は二本足の生物だけで計算すると、一応妻と私の二人家族なんでとても食いきれない。

そして不思議と、私の知人はみなキュウリ嫌いで貰い手もない。ので、

0807-000.jpg

週に1度、オイキムチを作っています。すると妻が狂ったように食ってくれるので、何とか消費出来ています

他に収穫しているのは、葉ネギとサラダ菜ですね。小松菜や水菜、大根葉などの葉物は軒並みカメムシにやられてダメですが、サラダ菜は葉に苦味があるせいでしょうか?殆ど無事なので重宝しています。

てな感じで、最近は虫弄りよりも菜園弄りの時間の方がすっかり長くなっていますね~






それはともかく、虫ネタです。

0807ブラックペレメタい

Gさん血統、推定累代F14のブラックペレメタが羽化してきました。ご覧の写真は蛍光灯下、フラッシュなしで撮影したものですが、相変わらずブルーが入っています

0807ブラックペレメタあ

メタリフェルという名称の由来である、金属光沢が殆ど無いのがこの血統の特色です。

羽化から時間が経過すればするほど、光沢が消えて黒くなっていきます。面白い血統なんですよ~。

0807ブラックペレメタう

こちらはフラッシュ撮影。少し印象変わります。♀は既に随分前に後食開始してますので、ぼちぼちペアリングですね。因みに

0807ブラックペレメタえ

こちらはF14の♀で、F13世代の♂と先行してペアリングしたものです。既に子孫も残しており、現在は余生を…産卵セットで放置しつつ過ごしてもらっている状態ですが、色が変なんです。

この血統の♀も、大半が体色同様に黒~紫などの暗色系になるのですが、この♀は赤いんです。画像は分かりにくいですね(汗

この色の♀でブリードするのは初めてなので、F15世代でどんな色が出てくるのか?楽しみです





その他のネタ。

先々月に産卵セットした、カネギエーテルノコギリ。

カネギ0227-2

200カップ羽化でも、立派に大歯になる大変素敵なクワガタです。

セットして一ヶ月で既に幼虫も確認していたのですが、最近見かけるのはミミズばっかり。幼虫の姿が全く見えないので、変だと思って割り出すと、出てきたのは

0807-a.jpg

なんでしょこれ。クワガタの卵っぽくないですよね。水滴のような形をしておりますです。

都合、小ケースから20個程も出てきたのですが、これ全部ミミズの卵です。

対して本命の幼虫の方は、2齢1匹、ド初齢7匹の計8匹のみ。うーん、最初に見かけていた幼虫達はどうしちゃったんでしょう。♀に捕食されたか?まさか、ミミズが捕食するなんてことは無いと思うのですが…

ただ、産卵セットは完全にミミズ祭りでしたので、これでは何の産卵セットだか全く分かりませんね~



ほか、パリーノコ

パリーノコ110505

でも同じような傾向がありました。うーん、ミミズねぇ…

使っているのは、無添加バンザイのネイチャーマットですが、真空パックVerではなく、今回初めて廉価版の大袋のものを使ったので、ミミズ祭りはまあある意味、必然です。

ミミズが大悪人だとは思いませんが、産卵セットの側面をうようよ動いている姿はあまり気持ちいいもんじゃないですね。

ということで、次回以降は真空パックVerに戻そうと思います。




最後。

0807エラフスミヤマ

エラフスミヤマ君、次世代GET!!

カッコよさと素敵な発色、手ごろなサイズと3拍子揃った素敵なクワガタですので、譲っていただいたTさんんとIさんに感謝です。

因みに、同時期にセットしたユダイクスのセットはダメそうです。雌が全然マットに潜ってないんですよね。やはりマットが合わなかったか…?


あ、本日水槽系は記事ございません。ではでは

コメント:16

2011/04/10(日) 15:22 キクロ(ペレン産メタリフェル)
春。

春です

0410.jpg

家の周りの雪もようやく溶けてきました。外の空気も春めいてきて、窓を開けるのが非常に楽しいです。空気が美味しい、と感じることが出来るのが非常に幸せだと実感します。




…って書いてることがじじくさい??



でも本当に空気が美味しいんだよなー。







さて最近、私の飼育熱の割合がクワガタから「水槽系」に移ろいつつありますが。

虫友さん=生き物好き、でございますので、昔水槽系をしていて撤退なさった方には少なからず影響がある??とのコメントを頂戴しましたので~

記事の最初に水槽系をもってくるのは、今回で最後にします

「続き」以降には書きますけどね~





で、今回の最初の画像は

0410-0.jpg

フロブルの餌でございます。フロブルは餌による変色の影響は殆どないと言われているようですが、念のためということで影響の少ない餌を選んでみました。

で、この手の餌を

0410-000.jpg

手にすると。私の習性として、口に入れたくなります。いや、入れたくなくてもミル●さん辺りからの微妙なフリを感じてしまうので、使命感に駆られて、という表現も出来たりします




で、感想。




生臭せー



皆様は決して口に入れないように…







ということで、元・水槽系愛好者の方にも影響のない?形でのオープニングでした。

では、クワネタです。

ペレメタ100316

我家は昨年11月末に転居しておりまして。

寒い時期の引越しであったがゆえか、一部の生体へのダメージが少なからず出ました。

その中の一つが、このペレメタです。現在の累代はF13まで来ている、つや消しブラック血統ですが。

血統的に高温に強く、低温に弱いのです。インライン累代を重ねた環境がそういう環境であったらしく、その中で淘汰?されて残った血統ですので、今回の引越しで非常に大きな影響を受けました。寒かったからなー



残ったのは成虫1♀3♂、幼虫1桁という散々な結果でした。

んで、残った成虫をペアリングさせ、12月半ばに産卵セットに投入して…コバエが湧いたので放置して…




本日、産卵セットを暴いてみましたが、採れた幼虫は。







1匹!!!






うーん、ペレメタでこの数というのは、ある意味奇跡的ですね。



昔譲っていただいたGさんにお願いして、5ニョロほど手元に飛ばしてもらいましたが、意外な種が累代危機に陥ってしまいました。

3色比較

我家のペレメタ3血統(左:ノーマル、中:パープル、右:つや消しブラック)のうち、残っているのはパープルが主になってしまいました。


残った貴重なつや消しブラック、大事に累代せんといかんですね~

続きをどうぞ


コメント:10

2010/07/04(日) 02:47 キクロ(ペレン産メタリフェル)
色虫。
里親さん募集してます~

詳しくはこちらをご覧ください♪


ドイツがアルゼンチンに4-0で勝った後、3時間経過時点での応募状況は、

【2】中国シカ成虫トリオ(か、カルテット)・・・2名様

【3】ホソアカセット・・・1名様

【4】ノコギリセット・・・2名様

以上です。昨日UP時点から、ノコギリセットに1名応募者追加です。


しかし、後半開始時点ではアルゼンチンが圧倒的だったんですけど…勝負って分からないですね。絶対に4点差つくほどの実力の差は無いでしょうから。

そう考えると、日本もまだまだ行けたよな~。PKがうまくはまってたらな~






因みに、さっき気付いた。現時点で里親に応募している皆様って、全員HPもブログも無い方です。

んで、常連さんで応募している方は1名だけ。そうアナタですアナタ。このままだと当選確実なアナタ(笑

今後どうなるかな??




さて、今週はシーズン突入して初めて草野球の無い週末です。ので、妻と一緒に

0704.jpg

近所の山に登ってきました。山と言っても、ご覧の通り標高が低いので、片道15~20分ってとこです。

昔よく行った、東京の高尾山よりも低い(?)のですが、勾配がきついので、高尾山登山よりいい運動になります。

0704-2.jpg

実はこの山、市内のど真ん中にありますので、眼下にはご覧のような景色が広がります。天気いい日は気持ちいいのだ



そして山頂にて。

0704-3.jpg

下の崖から登ってきたお兄さん。思わず声をかけてしまいました。

何でもカミキリムシを採集に、仲間と来ているそうで。全然収穫がないと嘆いていました。

「クワガタは居ましたか?」とたずねると「いや、カミキリしか興味ないんで…わかんないです」ですって。

んで、帰路にて

0704-4.jpg

上手く撮影できなかったのですが、エゾリスです。まだ子供でちっこいのですが、数匹チョロチョロしてました。

0704-5.jpg


こちらはリスおりませんけど、なんかいい感じの樹だったので撮影。

こんないい雰囲気の場所が、札幌駅からほど近い所にあります。皆様も札幌にお越しの際は是非。てか、案内しまっせ





さ、少しだけクワネタです。

0704-7.jpg

我家のペレメタ、3色トリオ。

そういや昔、3色トリノっていうアイスあったなぁ。良く食べたけど、今無いのかなぁ。



あ、話がそれた。左端がノーマル。もう累代しません。

真ん中がパープル血統。そして右端がGさん血統のつや消しブラックです。フラッシュありで、上の写真。無しですと

0704-8.jpg

こうなりやす。色の比較としてはまあまあ分かりやすいですよね。やっぱ色虫は面白くてええわ♪


最後に

0704-6.jpg

いけてない、馬場黄金鬼鍬形です。えぼ8さん血統、TAR坊さんブリードの個体でげす。ひっそりと羽化しておりまひた。ひたひた。

こちらは累代中止予定ですが…羽化個体を掘り出すと、決心が覆ることがよくありますので、未確定なり

コメント:12

2010/04/11(日) 11:00 キクロ(ペレン産メタリフェル)
産卵セットを沢山。
最近、ようやく体調が戻ってきました。まだ万全、とまでは行きませんがボチボチ、ってところです。

ご心配いただいた方、有難うございました




さて、昨日10日は久々にオフ。虫友さんがご入籍なさいました、パチパチ!

お祝いにクワガタなぞ、と申し出たところ「当面、爬虫類と奇虫に集中したいので、お気持ちだけ」となかなか面白いお返事を頂戴しました

そのオフでは、一部の方々が地下に潜って何をしているか、というのを「軍師」を名乗るお方より熱く解説していただき…お誘いを受け…断り…(w

久々に面白かったです!虫の話は殆どなかったけど(笑






で、オフに出かける前、産卵セットを8つほど作りました。

いや、正確じゃないな。元々あった産卵セット(8つ)を加水したり、材を入れ替えたりしました。つまり、新規で作ったセットはゼロ!(笑

全部使い回しです。それでも加水したり材交換したりしただけ、我ながら偉い…最近本当に手を抜いてましたからね。





セットに放り込む虫は、これから徐々にペアリングしていく予定ですが、とりあえず

スペキ0410

takayanさん血統、スペキオススホソアカ。♀の自力脱出後、10日ほど経過。ちょっと早いかもしれんですけど、まあとりあえず。

次は

オーベル0410

オーベルチュール。孵化後うっかり半年程度で羽化してしまった個体です。たまたまペアになってくれてよかった…

結局、現在成虫はこの1Prしか居ないので、念のため久しぶりに♂アゴをグルーガンで固定したなりね。

でもその心配をよそに、同居後すぐにメイトガードしてました兄妹はまだまだ幼虫しているのにね~




つぎー

ペロッティ0410

SUKANKさん血統、ペロッティシカです。オーベルチュールのアゴ同様、勢いでこちらもグルーガンで固定しちゃいました。

♂♀ともゼリーはなめているようですが、どうもこちらはまだ早かったような??日中も夜も殆ど活動していません。もうちょっとかかるかも…かれこれ羽化後1年近く経っているんですけどね




そして最後。

ペレメタ0410

Gさん血統ペレメタ。今回のペアリングは♀はGさん血統、♂は我家のパープル血統です。

♀は相変わらず色変わりでして、角度によってはうっすらブルー?っぽく見えたりします。



んで、昨日自力ハッチしたばかりの、同腹F12世代の♂、第一号は~

ペレメタ♂0410

相変わらずのつや消しブラック。こちらも角度によって、ブルーっぽく見えることがありやんすね


最近体調のせいか、テンション低空飛行が続いているので、ここらでひとつニョロ祭りになるよう、お祈りしたいところでございます。北海道もようやく暖かくなってきましたしね…

コメント:20

2009/07/22(水) 21:30 キクロ(ペレン産メタリフェル)
累代、F11?
こちらで里親募集してます~。

ディディエールシカ。ホソアカクワガタ何種類か。フタマタクワガタ何種類か。その他。などを用意しておりますので、ご興味あればどうぞ!

因みに、22日(水)21時時点では、

【1】ディディエールシカ即ブリペア・・・3名様
【2】ホソアカクワガタ選択・・・2名様
【3】フタマタクワガタ選択・・・4名様
【4】その他、選択・・・1名様

あ、昨日と同じだッ

やっぱりなんだか、そろそろ打ち止めっぽいなりね~






因みに本日は皆既日食の日でしたが、皆さん観察できました?

普通に働いていたら、まあ無理ですわね~。天気もあるし。悪石島では土砂降りだったとか・・・






さて、ささやかにクワネタ。

ペレメタで、Gさんより譲っていただいた期待の

ペレメタ080913-2

つや消しブラック血統。

ペレメタなのに、20度切るとニョロがバタバタ落ちていって、一時凄い驚きましたが、逆に高温に強いんだそうで。逆に言えばそれほど個体の特徴が顕著になっております。

それもそのはず?累代が既に分からないほど重なっているそうで、推測では上記の♂で既にF10は行ってるとのこと。






ということで、色もツヤも顕著になってきている



090721ペレメタつや消し

F11世代、自力脱出開始です~♪

数が減ったとはいえ、そこはペレメタ、元の数がそこそこいたお陰で、数ペアは出来そうです。

現在、4♂羽化しておりますが、それぞれ色合い、ツヤ消し具合にばらつきがあり、♀も同様でございます。

組み合わせで次世代、どう出るか分からないのが・・・色虫の醍醐味ですね

後は飼育数をどうするか?沢山飼いたいけど、スペースがねぇ~。でも、一応430カップでも60~70ミリ、つまりメタリフェルっぽくなるギリギリのサイズにはなる、ちゅうことが分かりました。

たまには役に立つ?小さいカップサイズ飼育。

ま、とりあえず何も考えず産ませますか!結局採れないかもしれんし・・・

コメント:6

BackPage NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。