クワガタ漬け。
2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/11/03(月) 03:09 フタマタ(メルキオリティス)
メルキおりてぃす
あああああああ

体調悪ぃ~

デモナゼカショクヨクオチナイ。



なので2日は小樽まで足を伸ばして、お気に入りのラーメンをすすってきました。あいかわらずんまい!!

でもやっぱり胃腸の調子わるくって。

消化良くないラーメンなんて食った後に、スナック菓子一袋空けちゃった(子供か・・・)もんだから?

その後、げっ●とオ●ラが同時に出て、妻に笑われました。心配はシテクレナイノネ・・・(T_T)




まあ具合悪くてもクワ作業してるので(ため息つきながらやったりします)、同情されるワケもないんですけどね。



で、秋を感じたのが
081103.jpg

こやつ。

僅か一週間でこんなに成長すんなよ・・・産卵セットで巨大化しておりまひたぁ




で、本日のネタはメルキオリティスです。

あるお方より飼育方法を教えろやこりゃ、と言われたので、ネタもないことだしほれっと。

081103-1.jpg

紹介する前に、産卵数80オーバーの♀に、鬼の心持で追いがけしちゃいました。

もう結構ヘロヘロなんですけどね。さすがに無精卵っぽいのが半々くらいで混じってきたので、最後のひと絞りの為に!

因みに追いがけ前の週末時点では、産卵ペース落ちないままに90個にリーチです!がむばれ!!!








で、飼育方法。ま、幼虫飼育ですよね。紹介すんのは。

一応、昨年度の飼育方法を紹介しますと。

マットはここのを使用しました。

メルキ飼育し始めたころ、幼虫購入したSHOPのおやじさんが推薦してたので、盲信して使用してましたね。

一番やっすいマットです。EMMTとか言ったかな?もう使ってませんけど。

このマットを使って、昨年は

90CCカップ→初2齢で850ビン→終齢で雌雄判別して、♀はそのまま850、♂も・・・850カップ(底面積広いタイプ)で羽化まで持って行きました。

途中、北海道の冬の室温(我家では平気でヒトケタになります)でそのまま管理しましたが、殆ど落ちることなく無事成虫になりました。

幼虫、強いでっせ~

で、完全ズボラ飼育の割りに、平均羽化サイズは65ミリ、最大が73ミリでした。

♂は羽化まで早くて9ヶ月、平均おおよそ1年前後ですかね。♀も余り期間変わらなかったので、羽化ズレはありませんでした。

ま、夏に孵化した幼虫も冬に孵化した幼虫も、ぜ~んぶ夏から秋にかけて羽化しちゃいました。

一部まだ幼虫やってるのもいますけど。

ちゃんと温度管理して、マットも更に工夫すればまだまだいけそうな感じです。ってか、幼虫を交換した虫友さんは70後半出してるし。


ということで、とりとめないですが、結論から言っちゃいますと、幼虫は余り気を遣わずに羽化までは持っていけるし、産卵は容易だし、フタマタ入門種なんじゃないですかね。

なので、●●さん!

余り神経質になる必要は無いので、てっけと~に飼育しちゃってください。温度管理出来るに越したことはないですけど、私みたいに無茶苦茶な温度飼育でも、羽化も産卵も問題ありませんでしたので!

もちろん、大型を狙うなら20度ちょいの温度をずっと引っ張ったりするのがいいんでしょうね。



因みに個人的には。

来年に向けての幼虫数は十分確保できたので、後は赤い血統を選り好みして次世代につなげたいと思っています。

今年は昨年より一工夫して、温度管理できないなりに、少しサイズUPをしたいと思う今日この頃でした
メルキ赤2
スポンサーサイト

コメント:6

むむ。具合が・・・ ふぉるすたぁ
コメント一覧
borg
体調悪いのにリクエストにお応え頂き有難うございます。
でも、こりゃ!なんて言ってませんぜ(^_^;)
教えてちょんまげ!ってお願いしちゃいましたね♪(*'-^)-☆

いや~何だか気楽に飼育できるみたいなので安心しました。
しかし私の事ですから油断は出来ないのだ。
入門種のベリコサとか全滅させた腕前ですからね(?_?;)

頑張らねば???
また教えて下さいね~。
URL 【 2008/11/03 09:03 】 編集
くわがた太郎
追い掛けに使うなら♂ありますよ~v-91
URL 【 2008/11/03 14:12 】 編集
優駿ぱぱ
下っぷと小名らが同時とは(笑)
心配になりますね~
さてさて、きのこ、しっかり飼育しましたね~
うちのボトルでも結構伸びてきてまして油断できない状況です。
秋・・ですね~
URL 【 2008/11/03 22:48 】 編集
うかれぽんち
>borgさん、こんばんわ♪
ということで、気楽にやってくださいね~
偏る種でもないですし、本当に飼育しやすいっすよ!

>くわがた太郎さん、こんばんわ♪
いや~、種はあるのですよ!チイサイダケデv-409
来年は背中が見えるくらいのサイズを・・・!
って、情熱が続くんだろうか・・・(汗

>優駿ぱぱさん、こんばんわ♪
ま、恥ずかしいお話でスイマセンでした(汗
菌糸ビンでなく、産卵木から生えてくると驚きますです。普通は菌糸ビンだけですよね~
あっ、マットからも生えてる(爆
URL 【 2008/11/04 00:14 】 編集
力石
そうなんですかぁ。。簡単ですか。。
去年から幼虫管理をスタートしたのですが、どのマットを使っても、潜らずに蓋の真下で少量の糞と戯れてます。汗; 1頭なら仕方ないと思っていたのですが、チェックしてみると8頭中/6頭もでした。。
マット飼育が前提で始めたのですが、仕方なく♂らしき3令は贅沢にもBFのカワラ夢に入れちゃいました。
マットはフォルスターやパリーが簡単に80up出来ている同じマットを3種類ともテストしましたが、やっぱり潜って居食いはしてくれませんでした><
猫さんの安いマットも実は使ってみたけど×でした。。
久々に難儀してます。 うかれぽんちさん助けてぇ☆
URL 【 2009/05/06 19:15 】 編集
うかれぽんち
>力石さん、こんばんわ♪
随分古い記事に反応しましたね(笑
そうですか、我家では殆ど無いですけどね。フタマタ特有のマット上徘徊も、メルキもマンディもフォルスタも、最近は殆ど見られません。
原因は何なんでしょうね?猫マット使ってるときも、マット上生息はほぼ無かったですから…。
一応気をつけているのは、通気良くすることと、古いマットを混ぜることくらいですが、はてさて?
URL 【 2009/05/06 21:18 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。