FC2ブログ
クワガタ漬け。
2018/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/05/13(日) 23:40 ホソクワ(ブルメイスター)
意外に
先日の記事で、ブルメイスターホソクワの

180504ブルメイスター2

産卵セットについて触れましたが、産んでいないと思っていたセカンドセットで孵化確認が出来ました

180513-1.jpg


ファーストセットで確認できた幼虫よりも一回り小さくて、ご覧のとおりボールペンのペン先程度の大きさです。

成虫♀も相当小さいので、相応に卵や幼虫も小さいということでしょうか。

意外だったのは、幼虫が確認できたのが

180513-2.jpg

硬く詰めた下半分ではなく、比較的フンワリと詰めた上半分に集中していたことです。

ファーストセットでニョロ確認できたのが底面だったのでてっきり硬い部分に産むのかと思っていましたが、そうでもないようです。

ということでここまでの整理としては、

●温度:20度ちょいくらい
●孵化まで:セット後3週間~1か月程度で孵化
●産み方:マットに産む(材にも産んでいるかも?

というところです。

少なくとも数匹は幼虫が得られたので、あとは3rdセットからの獲得も目指しつつ、幼虫飼育がキモになってきますね。

昨秋にニョロをゲットした、別種のフェモラトゥスホソクワの幼虫の様子を見たら、4ニョロのうち2ニョロが蛹化不全で真っ黒になっていたので、おそらく温度が悪さをしたのではないかと思っています。

でも暑かったのか寒かったのか…おそらくは前者だと思うのですが、そうなのであれば20度ちょいでもリスクがあるということです。上記で20度ちょいと記載していますが、本当は20度弱程度の方が良いのかもしれません。

ということで、今回得られたニョロの数にもよりますが、可能であれば20度弱と20度ちょいで飼育温度を分けて飼育してみたいと思っています。

ということで、完全にただの報告の回でした。ではまた忘れた頃に


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。