クワガタ漬け。
2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/03/15(木) 22:22 キクロ(インペラトールホソアカ)
インペラトール
何度書いたか分かりませんが、私はインペラトールが苦手です。
毎回3♀程度でセットして、累代分ギリギリは採れるのですが、3つセットすると大体1セットは坊主、1セットは数匹のみ、1セットは10数匹というショボい結果に終わることが多いです。

世間ではモンギローニの方が難しいと言われている気がしますが、我が家ではモンギローニなんて100匹近く採れたこともあるので、個人的な難易度は圧倒的にインペラです。
で、好きなのもインペラです。モンギローニは色彩変化に乏しいのですが、インペラは赤色が出ますからね。

モンギローニはたぶん、寒冷地(当然我が家のある札幌を含む)の方がブリードしやすい…なんたって殆ど工夫もしないで軽く50匹超えてましたから・・・ので、私としては飼育難度的にもそこまで意欲を掻き立てられず、また色虫的要素も少ないということで、数年前にもうインペラ一本に絞って飼育しています。

ということで、
インペラ180311

今回も年明け早々からブリード開始しています。赤系中心に、また。

縁起を担いで年明け最初に2つセットしたところ、うち1つからケース側面に卵を発見!

しかし2月中旬にその卵が腐り、無精卵であることが判明

すっかりショボくれていた2月末、

0226-1.jpg

出てきました♪

0226-2.jpg

底面、側面に初齢を中心に数匹姿を見せてくれました。

毎度数が伸びない原因は、個人的にははっきりしていて「マットに産まないから」。

よってここ最近はマットにいろいろ手を加えて頑張っていたのですが、今回はおそらく手ごたえとしては初めてマットに産んでくれたように思います。ああウレシ

産んでいる場所も、底面(硬詰め)、中腹部分(そこそこ硬詰め)、上部分(軽くのっける感じ)の各所にバラついている感じです。これはちょっと意外。

ということで、今回は初めて手ごたえを得ました!

冬場ですので数の伸びはそこまで期待できません(と、セット解除前にすでに自分に言い訳をしておく…)が、個人的には満足です。20匹超えれば大合格!

と言いつつ…同時期にセットしたもう1つ…セット内容は同一のケースからは未だ何もニョロの姿がうかがえません

ということはもしかして、産んだのはたまたま・・・?

ということで、次回のブリードで改めて検証してみたいと思います!
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。