クワガタ漬け。
2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017/11/19(日) 23:21 フタマタ(エロンガトゥス)
累代障害
ほぼ、今秋のフタマタのブリードが終了しつつあります。
ま、秋といっても札幌は大雪で昨日今日と夜中に除雪車が出動しまくりですが(汗

これからブリするフタマタは、遅れて羽化したフォルフォルと、遅ればせで成熟してきたサバ産マンディブラリスくらいでしょうか。

さて、今年は一部を除き血の入れ替えを進めたおかげかどうかわかりませんが、フタマタはおおむね順調です。

キヨタミもフォルフォルも、昔と違って数を数えていませんが、1♀で70とか80とか採れた♀も出現したので概ね満足でございます。

そんな中、成績最悪なのが

エロン1707

エロンガトゥスです。

今回の世代はCBF4×CBF4なのですが、CBF3×CBF3世代の卵の孵化率がざっくりと2割程度だったような気がする中、今回の卵は1割も孵化しません。7♀くらいでブリードしましたが、現時点で8匹しか幼虫が採れてない

有精卵を産んだ♀は計3匹ですが、有精卵の数は1個、1個、6個です。もうイヤ。

もともとセアカ系はそれほど好きではないので、次回異血統が入手できなかった場合はすべてブリードせずリリースするかもしれません。

個人的には累代障害については懐疑的でした(ペレメタでF20くらいまで重ねた実績あり)が、ことこの種については激しく体感していますので、自分のせいではなく累代障害のせいだ、ということで(苦笑

以上、今回はほぼグチの記事でした。やれやれ。ではまた忘れたころに
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。