クワガタ漬け。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


2016/02/11(木) 13:00 キクロ(サンギレンシス産メタリフェル)
サンギレンシスが羽化してた。
お寒うございます。って、このブログの更新頻度や内容のことではないですよ。いや、そうなのかもしれませんけど。

こちら札幌は、連日最高気温が零下です。20数年前、初めて札幌に引っ越してきた時は

「ああ、今日は気温が0度であたたかいなぁ」

なぁんていう道産子さんたちのコメントにあほでないか、などと内心思っていたものですが、今なら断言できます。0度は暖かいです!

もうね、暖かさの概念が違うのですよはい…


と、どうでもいいお話はさておき。前回記事で、目下の羽化個体をツラツラ書いてましたが、まだいました。

081020サンギ2

メタリフェルはサンギレンシス産、2血統いるうちの1血統が全部羽化してました。全部。ぜんぶ。ゼンブ・・・で4匹

ええ、そうなんです、軽~く60個とか80個とか産卵して時には100個超えて産卵するメタリフェルのくせに、4匹しか回収できませんでしたこの血統。

まあ昨年度はマットに泣かされた一年でしたから(他力本願の言いわけ)、材に産んでくれた僅かな個体で共食いに生き残った(つまり放置してた)個体が4匹だった、ちゅうことです。

でも共食いの生き残りだけあって、全部♂!!

もう一つの血統のニョロ・・・こちらも確か6匹くらい(涙)・・・はまだ2齢なんで、♂の存命中に♀がブリード可能になるかどうかはかなり微妙です。

赤インペラは♀ばっかに偏るし、困りましたね。結局ブリード出来ない状況になぁんも変化ありません。

ま、せいぜい2齢ニョロを200CCカップで交換繰り返して脱皮と蛹化を促しましょうかね・・・

そして更に忘れていた個体。

140503エラフス1

エラフスはエラフスでも、ホソアカでなくミヤマです。ついに我が家唯一のミヤマになってしまいましたが、今年も無事に個体が羽化してきました。

ミヤマは別に好きじゃない・・・しいて言えば日本のミヤマが昔あこがれていた血が騒ぐので好き・・・のですが、この赤い彗星だけは外産ミヤマの中で超絶お気に入りです

まだまだブリードするぞ!失敗するかもしれないけど

そして更に更に

0911ミラビリス

ミラビリスノコギリです。

昨年酔っ払った勢いでついマウスボタンをポチっとしてしまったWDから採れたニョロのうち、気まぐれな♂♀1匹ずつが羽化して丁度ペアになりました。同じ環境で育てている他のニョロはまだまだニョロ中なんですけどね。

いずれもまだまだ休眠中ですが、北海道の遅い春が訪れる頃には、起きてきてくれそうな予感がします。

ということで、結局はブリードしたい時にはブリードできる個体がなくて、きっと忙しくなるであろう春先にはブリードせにゃいかん個体の管理に追われて結局また採るべき種で少ししか採れない予感がする今日この頃でした(句読点少な目)。

以上、画像は過去のモノを使いまわしただけの手抜きブログおしまい!

おお、すげえ、3週連続でブログUPできた!ではまた忘れた頃に
スポンサーサイト