クワガタ漬け。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


2015/09/13(日) 18:34 キクロ(サンギレンシス産メタリフェル)
ホソアカもろもろ
昨晩2Fの寝室で寝ていたら、一階で「ガラガラガラ!」と何かが落ちる音が聞こえました。

私の寝室の真下は飼育部屋になりますので、本来であれば「生体に何か起きたか?!」「逃げ出してしまう!」と飛び起きるところです。




・・・が、半ば惰性飼育に陥っている私は、何を躊躇うでもなくそのまま再就寝

今朝、確認してみると。


洗った後にフロリダブルー

フロブル0903

の水槽の上に積み上げていた、小プラケースが軒並み落っこちていました。

エアーポンプや循環ろ過による振動が原因でしょう。

そして残念なことに、その落下が原因で

150913-0.jpg

プラケが一つ、お陀仏に(日常使わない表現を…


ご画像真ん中にうっすらと見える文字のとおり、我が家では昔懐かしい「奈良オオ」製のケースを多用しています。数でいえば、大中小ミニを合計して50以上はあるんじゃないでしょうか。他社のケースも、デイキャッツ製のケースを筆頭に多数ありますが、最大勢力は依然奈良オオ製です。

このケースは使用開始から既に10年以上を経過していますので、樹脂がかなり劣化してきているんでしょうね。ぼちぼち、使用継続が困難な飼育ケースも出てくるようになりました。

他社製品よりも樹脂が肉厚で丈夫なので扱いやすいんですけど、もう新品で買えることはないでしょう、惜しいなぁ





さて、それはさておき前回に引き続き飼育報告です。間を置かずに更新できるとは我ながら大したものです

今年ブリード終了した種は次のとおり。

●モンギローニホソアカ(個体羽化ズレ。♀羽化時は、私の飼育意欲がほぼゼロだったので♂も入手せず終了)
●エラフスホソアカ(羽化ズレ、未対策。モンギローニと一緒)

現在、絶賛セット中の種は

●メタリフェルホソアカ(サンギレンシス)
●メタリフェルホソアカ(ペレン産)

うちペレン産は、一時期手元の個体が絶えてしまいましたので、以前私がオクで飛ばした個体をブリードした方から落札し、戻ってきた個体をブリードしています。

0807ブラックペレメタい

以前はブラックブルー、艶消しの個体をF15くらいまでひたすらインブリしていましたが、現在の個体は一度血を入れ替えたCBF6世代。
ケース横にはちょろりと幼虫が見え始めましたので、累代は大丈夫そうです

ほか、虫友のIさんから飛ばして頂いた

ギラファ120219-1

ギラファホソアカ。2セット組んだのですが、1セットから3匹の個体を確認(産卵木にまだ居るかも?)しただけ。累代はかなり微妙です。ほぼ失敗に終わった原因は、私があることを忘れていたからだと思うのですが・・・残念。

インペラトールは前々回ご紹介したとおり、ぼちぼち採れてます。

ってところです。

しかし、次回にUPしたいと思っているシカクワもふくめ、最近マット産み種が余り成績が良くありません。

過去ほぼなーーーーんも苦労せずに累代出来ていた、サンギレンシスもしくはペレン産のメタリフェルが、最近採れないこと採れないこと。

今回、2セット組んだ

サンギ♂

サンギレンシスも、1セットがボウズ、もう1セットが5匹という惨状でした。

まあ私の意欲面を含め原因は一つではないのでしょうが、最大の原因はマットではないか?と思うようになっています。

ので、次回からちょっとマットを以前使用していたものに変更してみようかと思います。これで採れなかったら言い訳出来ません(笑


ということで、最近不調のホソアカ達でした。


さいご。息子の写真ばかりだと親ばか炸裂なので、

150913-b.jpg

子どもは子どもでも、今春産まれたばかりのサザナミインコの子供たちです。クリームイノ2羽、ブルーとグリーン各1羽の計4羽です。

他にも産まれたのですが、巣立ちの時期に病気が流行ってしまって残念なことに・・・。産卵・秋の陣がこれから始まりますが、健康な親によるブリードだけに限る予定です。

150913-a.jpg

頑張ってね~!
スポンサーサイト