クワガタ漬け。
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/08/05(火) 18:25 フタマタ(アドゥンクス)
フタマタ祭り
ミヤマがノコギリに負ける!

こんな記事が載っておりましたが・・・単純にえさ場の争いの強弱だけで、自然界の個体数がそこまで影響を受けるとは個人的には思えません。記事後段にある、気温の上昇等のほうがよっぽど影響が大きいような。

今私が住んでいる北海道では圧倒的にミヤマ優勢ですが、ノコギリもおります。ノコがエサ場で強い、ちゅうだけで勢力範囲が決まるなら、北海道での勢力図も変わりそうなものです。でも多分変わってナイ

私の実家がある神奈川県でははやり、元々ノコギリが優勢でした。家の近所で採れるのはほぼ、コクワが圧倒的に多くてたまにノコギリ。ミヤマは夏休み等で山にキャンプに行った時以外、採れた記憶がありません。

実家近くの花屋さんでは、季節になるとカブクワを売っていましたが(売っているカゴごと家に持ち帰る夢を何度見たことか・・・)、ノコギリ♂は¥400~500、ミヤマ♂は¥800~900くらいの価格イメージです。約「倍」ってところですかね。

きっと私の幼少期から本州におけるミヤマの生息域は狭く、個体数の差はあったんじゃないですかね。んで温暖化で生息域が更に狭くなった・・・ってとこでしょうが、これもホントーなのかなぁ。

そのうち、日本の気候に適応した外来種が自然繁殖しませんように・・・(^_^;)



さて、続々とフタマタのブリードを始めています。先般は

エロン140707-1

虫友のIさんから譲って頂いたエロンガトゥスさん。先週、1個目の卵が孵化しました。他にも膨らんでいる卵があるので、少しは採れそうです。

サバマンディ・ミルコ血統

そしてサバ産マンディブラリス。こちらは現在3血統でブリしていますが、うち2血統で孵化確認済。順調です。

そして今週からブリード開始したのが

140803-1.jpg

メルキオリティスフタマタ。昨年から手抜きながらも少しだけ幼虫の管理方法を変えたせいか、800CC容器で羽化したにもかかわらず70ミリ台のそこそこの大きさの♂が羽化してくれています。♀との羽化ずれもほとんどないし、相変わらず飼育しやすいフタマタです。

色は赤いし、フォルムは国産ノコギリのように流線型。私の大好きなフタマタの一種で、飼育歴もかれこれ9年くらい?でマンディブラリスに次いで長くなっています。

meruki03.jpg

と言いつつ、巷では全く人気の無かった種だと思っていたのですが、今年は価格が上がっているようですね。

人気があるはずのサバ産マンディブラリスが非常に安くなって、マニアックな種のはずのメルキオリティスの価格が上がって逆転する日が来るなんてねぇ。びっくりです

でもマンディブラリスも確かに増やしやすい種ですが、メルキオリティスはもっと容易です。ということはつまり、来年度以降は一気に価格が落ちるでしょうね(笑

まあ私は趣味でやっていますので、価格が上がろうが下がろうが知ったこっちゃありません。例年通り100匹以上の幼虫を採り続けることに変わりねーです(*^_^*)



さて最後。今週末からブリード開始予定なのが
アドゥンクス

アドゥンクスフタマタです。

色も大きさもダビソンフタマタに比べて地味なので累代終了するつもりが、なんとなく少しだけ手元に残しておきました。

せっかく羽化ズレもせずに羽化してきてくれたので、とりあえずブリード開始です。

こちらもブリードにはクセがなく、妙に沢山採れた記憶がありますので、今回も順調に採れればいいんですけどね。しかしフタマタ用の材が足りねー

来週からはフォルフォルにフォルキヨも加わりますからね・・・さあ大変だ

と、いうことでフタマタ祭りです。




最後、番外。

140805-1.jpg

サザナミインコのブリードも実施中ナリ
スポンサーサイト

コメント:0

ブリード エロ復活
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。