クワガタ漬け。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


2012/08/11(土) 20:18 キンイロ(パプキン)
パープー


遥か彼方の昔(表現ヘン)、阿呆な人のことを「あーぱー」と称することがあったように耳の片隅が記憶しておりますが、今はそんな言葉全く聞かないですよね(^_^)

そんな語感をつい思い出してしまう。そう、それはぱーぷーキン(無理


我が家には4血統あります。記録の意味も兼ねて、頼まれてもいないのに紹介してみると

(1)その1:ワメナ産、現在はCBF2成虫。デビルレッドの血を87.5%(要は7/8)引き継いでいるそうで、赤みが特徴。
赤パプキン(B血統)

(2)その2:アルファック産、こちらもCBF2成虫。グリーン系の個体をブリードしたもの。
パプキン・グリーン血統(アルファック)

(3)その3:イリアンジャヤ産、詳細産地不明。こちらもCBF2。Hさんとお付き合いするきっかけとなった個体です。こちらも赤みが特徴。
赤パプキン(O血統)


(4)その4:イリアンジャヤ産。上記(1)と(3)のCB血統なので、結果として詳細産地は不明。そしてまだ羽化個体が出てきていないので、色彩変化がどうなるかも不明。



因みに(1)の赤は、ワイン色というか少し毒々しい色が混ざった赤。(3)はそれよりも鮮やかな印象の赤、という感じです。(2)は本来の?パプキンの緑色等の色彩及び光沢が強い印象の血統でした。

これらの幼虫が、(4)を除いて春先に一斉に蛹化・羽化してきたので、先週ある程度まとめて羽化個体チェックをしてみました。色彩が今回の世代にどのように反映されたか見てみると…

まず、(1)について。

パプキンDR第二世代


色味に大きな変化はないです。6割ほどの確率で、世代の色を忠実に反映しているようです。右端の個体がそうやね。

4割ほど、やや緑や紫が混じったような複雑な色合いを見せている感じです。全体的に暗色系って感じでしょうか。次世代に向けては、赤い♀と緑~紫の♀の2♀程度でブリする予定。

次に、(3)。

パプキンH血統第二世代

こちらはまだ血統の固定化がなされていない分、少し色の濃さにばらつきがある印象です。前世代の鮮やかな赤より、少し色が薄い個体が多いような??まあ羽化後の時間の経過と共に少し印象が変わるかもしれません。てか、画像にしたら色の印象がかーわーるー




そして最後、(2)について。こちらは幼虫があまり採れなかったので数は10匹程度なんですが、羽化したカップを覗いても覗いても「♂がいねえ!!」

アルファック産の血統は、♀は軒並み濃青~パープルで固定されているようで、割り出す端から紫、紫、紫。カップ越しに羽化個体を見ると、紫で目立たないのですぐ♀とわかります。どのカップも羽化個体に明るい色が見えなかったので、こりゃ♂が居ないかもなぁ…と思った矢先に

パプキンブルー


出ました!ブルー個体です。光沢が強くないので、カップ越しだと分かりにくかったんですね。アゴで気付け、という話もありますが、小さかったので分からなかった(自爆

結局羽化個体の中で2匹だけ♂が羽化していたのですが、2♂ともに同じ色彩でした。ほんの少しグリーンの名残もあるようですが、見る角度の大半でほぼブルー一辺倒の色彩を放っています。

パプキンアルファックブルー

とにかく動き回るのでうまく撮れませんが…こ、これは面白い!

これだから色虫は面白いんだな~。久々に羽化個体みて「うぉッ!」と叫んでしまいました。

夜中に部屋で一人、ねちねちとプリンカップひっくりかえしているオッサンが、ニヤニヤしながら声をあげる…日々残業の嵐で目が窪んでいた10年前は、こんな大人になるとは思ってもいませんでした

ということで、こちらは少し多めの4♀くらいでブリードしてみますかね。しかしセット数多くなるなぁ。

数は要らないので、とりあえずは全て小ケースで挑んでみるつもりです。適した柔らかさの材もあまり在庫がないので、久々に「かんろ式」でもやりますかね。かんろ式が分からん人は、ネットで検索するとすぐ出ます。やってみてください。

因みに、わたしだけかもしれませんが、やはりパプキンは色彩変化について経過を見守るのが一番楽しいように思います。

産卵については特にくせのある種ではありませんので、産ませることについて強力な意欲をかき立てられることはありませんでした。前回飼育終了したのも、フツーに産んでフツーに育って…の繰り返しで変化を楽しめなかったから、というのが最大の理由です。

今回、ひょんなことから、パプにしては少しお高めの個体(1Prで2K¥ほど。大したことない?)を入手してブリードしましたが、やはり色彩変化が期待出来ると面白いです。

世間的には、我が家の中では(1)のデビルレッド血統が人気なのかもしれませんが、ある意味色彩固定がほぼ完了している血統とも言えますので、(1)~(4)の中では個人的に一番刺激が無い血統とも言えます。

まあそんなこと言いつつ、次世代が採れなかったりすることもあるんですけどね(汗

でもやっぱり、色虫は面白いな!

パプキンアルファックブルー1匹


世間の本流、ドルクス系には全く興味の無い私は、今日も虫部屋の片隅でブツブツとそう独り言を言ってみたりする今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント:6

ファベールノコ キンオニがたくさん。
コメント一覧
かっつ
色虫はほんと綺麗ですよね。
本来のグリーン系からレッド、ブルーと色の変化が
楽しめておもしろいと思います^^
うちにも今期レッド系が追加になったので羽化が楽しみです。

それと無事到着しました^^
ありがとうございました♪
URL 【 2012/08/13 05:21 】 編集
H
とてもいいブルーですね!裏側の色はどうです?青や紫が浮かんでいるのでは。
♂ブルー出現率が高まると、♀は青よりパープルの比率が上がっていくんですよ~。
だまされたと思って、♀の種親は青よりもパープルを使ってみてください。
♀も青を使いがちなのですけど・・・私が試した結果では、♀はパープルを選抜して何代か続けた方が、♂はイイ色が出るようになりましたよ~。

関連性はわかりませんが、♂ブルーの羽化直後の上翅の色(真っ白の次の段階の色)はパープルなんですよ~。ちなみに羽化直後ブルーの♂は、ノーマルグリーンになります。ご参考までに。
URL 【 2012/08/14 21:42 】 編集
ごんぞ
やっぱりパプキン良いですねぇ。

去年はツートーン個体の累代が失敗して以来パプ触ってないです。。。

ランプリマ属はインスラリス一筋で行こうと思っています。
URL 【 2012/08/17 21:55 】 編集
うかれぽんち。
かっつさん、こんばんわ♪

> 色虫はほんと綺麗ですよね。
> 本来のグリーン系からレッド、ブルーと色の変化が
> 楽しめておもしろいと思います^^
> うちにも今期レッド系が追加になったので羽化が楽しみです。

色虫は色彩変化が魅力ですよね。そちらもレッド系ですか、楽しみですね。

>
> それと無事到着しました^^
> ありがとうございました♪

どういたしまして\(^o^)/
URL 【 2012/08/18 18:48 】 編集
うかれぽんち。
Hさん、こんばんわ♪

> とてもいいブルーですね!裏側の色はどうです?青や紫が浮かんでいるのでは。
> ♂ブルー出現率が高まると、♀は青よりパープルの比率が上がっていくんですよ~。
> だまされたと思って、♀の種親は青よりもパープルを使ってみてください。
> ♀も青を使いがちなのですけど・・・私が試した結果では、♀はパープルを選抜して何代か続けた方が、♂はイイ色が出るようになりましたよ~。
>
> 関連性はわかりませんが、♂ブルーの羽化直後の上翅の色(真っ白の次の段階の色)はパープルなんですよ~。ちなみに羽化直後ブルーの♂は、ノーマルグリーンになります。ご参考までに。

ほっほほー、面白いですね!
確かに今回出てきた個体の種親♀はパープルでした。そして今回羽化個体の♀は、100&パープルです。ってことは、次世代もかなりの確率でブルーが見込めそうですね。楽しみ♪採れたら飛ばしますか??ご興味あれば声かけてくださいね(^^♪
URL 【 2012/08/18 18:49 】 編集
うかれぽんち。
ごんぞさん、こんばんわ♪

> やっぱりパプキン良いですねぇ。
>
> 去年はツートーン個体の累代が失敗して以来パプ触ってないです。。。
>
> ランプリマ属はインスラリス一筋で行こうと思っています。

インスラ。インコースのスライダー…じゃないですな(失礼
緑色が鮮やかで綺麗ですよね!飼育経験無いですが、成熟ズレがあるとか??頑張ってブリ成功させちゃってください\(^o^)/
URL 【 2012/08/18 18:51 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する