クワガタ漬け。
2012/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2012/12


2012/11/24(土) 15:20 キクロ(モンギローニホソアカ)
黒豆モンギローニ
うーん、ビッダで虫を入手出来なくなって2カ月余り…

恐らくは今、購入するにも販売するにも、やほーが一番メジャーなツールだと思いますが、これ…使いにくい!!

少なくとも私は使い勝手がよくないと思っています。カテゴリー区分、プレミアム会員じゃないと5000円以上入札不可、検索機能は甘い、など等。

特に私のような、フタマタ・シカ・キクロ等のマイナー種好きにとってはカテゴリーが大雑把すぎて、欲しい虫を探そうとしても「黒虫ばっかり!!」と見ていて飽きてきてしまうんですよねページを次に更新するのが苦痛で。

そして事あるごとに、小銭を巻き上げられるようなシステムも余り好きではありません。クリックすると「チャリン♪」と課金の音が聞こえる気がします。

唯一のメリット?は、検索&閲覧のしにくさゆえ、以前のように出品されている個体チェックをしなくなったので、衝動買いが無くなったことでしょうかここ数カ月はゼロです、ゼロ。てか、衝動買いじゃなくても何も買ってないな。

SHOP通販はともかく、個人間売買の仲介媒体って、現状クワ若葉・KSL以外に何かあるんでしょうか?誰か知っていたら教えてくださいKSLも生体出品は全く伸びませんね。

元々よく分からなかった虫の値段も、これらの状況から需給バランスが崩れたのか、益々訳が分からなくなっているようですので、今後はどうなることやら。




さ、今回はそんな我が家で一番?高価な虫。

0206モンギローニ


モンギローニです。長くなりそうだから、2部に分けて掲載しようかしらん。

まず、前編。今年の産卵セット内容です。

春先に3♀でブリード。それぞれ少しずつ条件を変えてのセットでしたが、結論から言いますと全てでニョロが採れました。

基本のセット内容を、簡単にまとめておきます。

ケース:デイキャッツの、「HR-3」だったかな?底面積がすごく広いやつ。

セット内容:底面1~2センチをガチガチにマット詰め。その上に柔らか目産卵木(中古材1~2本、100円のナラほだ木を1~2本、及び土埋めレイシ1本)を数本転がし、産卵木がほぼ見えなくなる程度までマットをフツーの硬さで詰める。

温度:20度前後

おおよそこんな感じでしょうか。

3つのセットそれぞれから、セットして2~3カ月で、セット側面・底面にニョロを確認。
恐らくは20度前後といいつつ、実際は20度弱の時間帯が多かったためか、孵化まで時間がかかったのかな?ニョロ発見までの期間は、通常のホソアカの倍くらいの時間がかかりました。

後は正確な記録はとっていないので、大雑把な記憶の範囲での数字になりますが、

セットA:産卵途中で一度割出。1度目の割出で36匹のニョロ(これだけメモってあった)、数個の卵を確認。2度目の割出はまだですが、そこそこの数のニョロがケースから見えます。もう2齢後期っぽいから、割り出さなきゃ(汗

セットB、C:面倒だったのと忙しかったので、しばらく放置。すると予想通り、ニョロの数が激減(恐らく半減)しました。恐らくは♀に捕食されたものと思われます。それぞれのセットから、10匹前後程度をGET。

元々セットAが一番ニョロが多かったのですが、セットB・Cも最初は10匹以上は居ましたので、やはり長期放置はよろしくないですね。♀、意外と長生きで3カ月程度は産卵セットで元気に動いていたので、彼女らの栄養源に化けてしまったのでしょう。

また他の反省点としては、ホソアカだから水分多めがいいだろう!と、嫌気発酵しない程度に水分を多くしたのですが、予想より早く発酵が進んでしまった点です。低温管理だったから、問題無いと思ったんですけどねぇ。

水分多めで、マット粒子を細かいのを使用するとどうしても避けることのできない現象ではありますが、もうちょっとうまくコントロール出来たらよかったかな。

また気が付いた点としては、どうも今回は産卵木には殆ど産んでいないような印象があります。マットへのばらまき産卵が多かった?

産卵中にセットを暴いたのがAのみなので何とも言えませんが、材に入っていた幼虫は、孵化後に食い入っているような雰囲気です。

今回はケチケチ飼育の我が家の基本方針に基づき、産卵木を多めに入れました。

だって、ホダ木は正直1本100円もかかってませんし、中古材に至ってはフタマタ採卵で使用したリサイクル材ですので、減価償却は終わっているので実施ゼロ円。よって同じ体積で換算するとマット詰めるより、材を入れた方が安いんですもの。

少々高価な土埋めレイシ材は1本だけ入れていましたが、正直余り入れる必要を感じませんでした。特に好んで齧っている感じでもないですから。

まあコスト面以外でも、水分多めの環境の中で材は劣化しにくいこと。♀の足場になりやすいこと。等を考慮しての対処だったんですが、果たしてこれが吉と出たのか凶と出たのか。次回、別バージョン(マット多めタイプでのセット)を試してみないと分からないですね。

また、ホダ木もナラ材以外に試してみる価値があるような気もします。でも面倒だから結局しないかな(爆

と、いうことで長くなり過ぎているので、次回へ続く…



因みに全然関係ありませんが…

最近、

121124-1.jpg

この「黒豆」納豆に先週から凄くハマっています。元々納豆は大好きだったんですが、この納豆は味が濃い!風味が抜群でとてもおいしいです。本州方面でも売っているんでしょうかね?

121124-2.jpg

マメはその名の通り、真っ黒です。そりゃ見事に真っ黒です。味も色もクセがあって良いです

私は手軽に、

121124-3.jpg

これを混ぜたおして一緒に食ってます。勿論、ネギたっぷりかけるだけでも旨いです。今朝は一人で3パックも食いました。ゲプっ

ひょっとしたら既に全国区になっていて、我が家が乗り遅れているだけかもしれませんが、とてもいいものを知りました。料金は通常の納豆の1.5倍くらいかな。近くのスーパーで3パック158円。少し割高ですが、十分価値があるように思います。

以上、業者の回し者のような余計な記事でした。今回は虫より納豆の方が画像多いですね(w晩飯にも食うぞッ(本気

スポンサーサイト

コメント:10

2012/11/18(日) 14:12 キンイロ(パプキン)
初雪パプキン
更新が滞っております…

121118-1.jpg

そうこうしている間に、例年より大幅に遅れて初雪が降りました

昨日はタイヤ交換を終え、リフォームして初めて、床下に潜って建物の状況をチェック。寒くなる前にやらんと

121117.jpg

すると一か所だけ、基礎部分に水が染み出ている箇所を発見。どうやら勝手口の真下で、土間部分の隙間から入り込んでいる様子。

土台の傷み具合からして、リフォーム前から同様の状況になっていたようですが、長く放置したらまずいですねコレ。近日中に業者に連絡しなきゃ…

後は庭の水道の水抜きをしておきました。

121118-2.jpg

採り忘れていた洋ナシは採りにつばまれていて、木の葉はすっかり落ちて、雪が降る、と。寒々しいですな。

毎年言ってますが…早く春よ、来い!!





さて、クワ飼育は相変わらず大きく盛り上がることもなく、かといってこれ以上盛り下がることもなく、ぼちぼちやっております。

その中で、今回はパプキン。我が家には大別して、

赤パプキン(O血統)2

デビルレッド、ないしHさん血統の赤系統と

パプキンアルファックブルー1匹

アルファック産、ブルー血統の2色の血統がございます。

ブルーは羽化した♂が全て(っても2匹ですが)が真っ青、♀が全てパープルで羽化してきたので、ほぼ固定されたような感じがしています。

しかし、6♀も使って産卵セット組んだのに、4セットは全滅!!パプキンでこんな惨状になったのは初めてです

思い起こせば、この親世代でも産卵数が伸びなかった(確か10匹くらいしか採れなかった)ので、累代標記(今回はCBF2のハズ)よりも血が濃い、等の要因もあるのかもしれません。と、自分の腕以外に原因を求めてみる

全て小ケースでズボラしたのが悪かったのかな~。でも赤血統は小ケースで採れてるし…むむぅ

ということでほぼ累代終了!と諦めていたら

121104-1.jpg

最後の小ケース、すっかりマットが変色していて放置していた産卵セットからほーーーーーんの少し、ニョロが湧いてきました。しめて計8匹。うーん、微妙!!

まあこれくらいの数の方が、緊張感持ってブリード出来るから、良いっちゃいいんですけどね。でも不本意

多分、羽化個体をほったらかしにして産卵セットに入れておいた方が産むんだろうなー。

手をかけるなら徹底的にかける!かけないならほぼ放置!うん、今後はこれでいこう。多分前者はないけどね…(ボソっ

コメント:6