クワガタ漬け。
2012/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2012/08


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/07/30(月) 22:59 キクロ(モンギローニホソアカ)
車修理とモンギローニ
以前コスった車の、キズの修繕をしました。

120730-0.jpg


当初の見積もりでは、完全に綺麗にするならドア交換含め15万円する、と言われてしょげていました。15万円つったら、モンギローニ成虫が15ペア買えるぜ!無理無理!!

ということで、走行・ドア開閉には支障が無いので、自分で簡単に修理しました。要は塗装のみやね。



120730-1.jpg


購入したのは、1000円のシリコンオフ、1200円のスプレー、300円のウェス。しめて2500円。ということは、かかった費用は15モンギローニの予定のところ、1メタリフェルサンギレンシスってとこです。多少みたくれ上問題はありますが、まあ良かったよかった(?
スプレーもウエスもまだ半分以上残っているので、またコスっても安心です(爆

ということで?今日は





0206モンギローニ


モンギローニです。サンギレンシスじゃないです。

我が家は基本、1モンギローニ以上の単価の虫は、購入を禁止されています。
よって、モンギローニを入手する際は必然的にニョロを購入するしかありません。そこで確か、昨年はニョロを6匹?8匹??ほど入手したんだっけかな?1モンギローニニョロは確か0.1モンギローニ位の価格だった。ややこしい?

しかしそのニョロ。昨年秋口に雌雄判別した際は♂に偏り、どうやら♀は1匹のみおまけに♀は春先に羽化したのに、♂は未だにニョロのまま、のほほんとしています。よってバリバリの羽化ズレ確定。まーこの辺はインペラと同じです。

ということでやむなく♂成虫をビッダで入手し、さあブリード。でも1♀だけだと不安だな、去年失敗したしな…と思っていたら。
1♀をセットして暫く後に、♂幼虫を入れていたはずの850カップから「カリッ、カリッ」とほのかな音が!
もしやと思ってみてみたら、2つのカップに♀が入ってました、いやっほう。うーん、キクロの雌雄判別を間違うとは…しかも2つ。不覚!!でも嬉しい(笑

ということで、今年は3♀でブリードです。1♀だけ先行して5月末にセット。残りの拾い物の?2♀については6月末にセットしました
セット内容は普通のホソアカセット。柔らかい材を数本埋め込み、マット底部~半分くらいまでカチカチづめ、って感じです。
ケースは我が家で一番大きい、デイキャッツの底面積の広いやつ。
気温的には、下調べをロクにしない私でも「低い方がいい!」とわかっていましたので、全て地下室へ移動。温度計の記録では、17度~20度という感じで推移していたようです。

昨年初めてセットした時は、購入価格相応に気合いを入れていたのですが、キクロだしインペラに似てるし、どうせ少しは産むだろうとどこかで舐めていて…結果は玉砕!

今年は基本に立ち返り、ちゃんとしましょうということでセットです。
一応
・メイトガードは必ず確認
・温度は20度以下の気温帯が多い場所へ
・材は柔らか目
・底部分はガチ詰め
・湿度はやや多め
という、書いてみると簡単な事項を守ってセットしました。
温度については環境が必要ですが、幸いこちら北海道はエアコンなしでも何とかいけるんで助かっています。
同居開始からしばらくの間はメイトガードが確認出来なくて焦りました…特に1♀目をセットする時は、我が家のリフォーム期間(=家に殆ど居なかった)と重なっていて、毎日チェックすることは出来なかったのでなおさら。でも、メイトガード確認するまではセットしないぞ!と、他の種では一切見せない集中力で今回はブリードに臨みました。

結果、5月末にセットしたケースから、

120730-2.jpg


7月上旬にニョロが湧き出ているのを確認!!えがった~

現在、目に見える範囲で10匹ちょい見えますので、15匹前後は採れているんじゃないかと思います。まあ側面に見える数≒採れた数、ってのもザラなので、油断はできませんが…とりあえず最低限の「採る!」ということだけは達成です。やれやれ~

キクロですので最低30、出来れば50~80位採りたいけど、インペラトールでもそんなに採れていないのにモンギローニで採れるわけないですね。近日中に割出予定ですが、さてどうなることやら。

6月末にセットしたケースにも期待しつつ、また報告してみまーす
スポンサーサイト

コメント:6

2012/07/24(火) 19:46 キクロ(エラフス)
エラフスホソアカ割出。
初っ端に私事で恐縮ですが、大好きな爺ちゃんが亡くなりました。101歳の大往生。

亡くなる直前まで毅然とした意識を持ち続けて、誰に迷惑かけるでもなく突然逝ってしまった爺ちゃん。私の名づけ親でもあります。中学生の頃は勉強も教えてもらったなぁ。

自分の最期がいつになるかは分かりませんが、間際では恐らく自分の人間性が否が応でもさらけだされてしまうと思います。そこでも自我と強い意志を持っていた爺ちゃんみたいに、自分もなりたい。と思う今日この頃なのでした。

爺ちゃん、いままで本当に有難う。ゆっくりしてね。







と、湿っぽい話ですいません。書こうかどうか迷いましたが、つい。

局所的に湿っぽい札幌も、ようやく遅い夏がやってきたような印象で

120724-1.jpg

ブルーベリーが熟してきました。成長がかなり遅れている

120724-2.jpg

トマトも、ようやく実をつけてきたぞ、と。昨年は既に収穫しまくりの時期なのに、今年は遅いですよね(汗

今年は昨年植えたミニトマトが、勝手に沢山生えてきたのをそのまま育てているのと、写真の中玉トマトもそろえてみました。順調にいけば、来月はトマトまみれの予定




で、たまにはクワガタの記録を書いておかないと、そもそもこのブログを始めた理由がなくなってしまいます。

ということで、最近産卵セットしている種を中心に短めに更新してみますか

まずは

エラフスホソアカ2

エラフスホソアカ。

累代飼育するかどうか、意欲的には微妙です。自ら購入したのではなく、元々がSHOPオーナーから頂戴した個体ですから。

今回は、

(1)WD♀をそのまんまセット
(2)WD♂×手元で羽化したF1♀

の2セットを組みまして。一応両方からニョロが見えております

今回は側面に幼虫が4~5匹見えていた(2)を割り出したのですが、結果は・・・9匹。少なッ

私の意思に関わらず、既に累代の危機なのかも??


120722.jpg

中にいれていた材は2本。1本はフタマタで使用したリサイクル材、細いです。そして当然無料。

んで、あと1本は新品の土埋めレイシ材。こちらはボチボチ価格がはりますな。というより、1本100円未満の材しか使っていない我が家では唯一にして最高の価格を誇る材でありマス

しかし結果は?

リサイクル材の圧勝~

レイシ材は齧った痕ナシ。リサイクル材は♀の齧った痕跡らしきものが数か所ありました。柔らかさではレイシ材の方が勝っていたので、少し意外な結果でした。両方齧ると思ったんですけど…まあ♀がセット投入後一か月もしないで★になっていたので、寿命の関係もあるのかもしれません。

いずれにせよ9匹はかなりさびしい結果ですので、こうなるともう産卵フェチの意地。累代は1回は継続せにゃならんです!

近日中にWD♀も割り出しますが、こちらは数が見えないので、多分9匹よりさらに少ないでしょう

ということで、採るには採ったが、どちらかというと♀にお情けをかけてもらったような結果でした。

来年またガンバリマス!!

コメント:0

2012/07/15(日) 20:45 ノコギリ(ファベール)
ファベールノコと飼育種減

暖かくなってきましたね~って悠長なことを言っているのは北海道だからでしょうか。本州はもう暑いのかな。

何やら日本列島の気候が無茶苦茶になってきている気がします。特に九州方面の方々は大丈夫でしょうか?心配です。こちら北海道は、同じ日本とは思えないほどいつも通りなんですけどね…



さて、少し肌寒ささえ感じる北海道の我が家。本日は庭作業等しましたので、一部生体のマットも処理しちゃいました。

その中で。我が家で唯一のカブトムシ、

kabu.jpg

国産カブがようやく羽化してきました。

まだハッチしていなかったのですが、もういいべぇ、と適当に割り出したら1匹羽化不全ぽい蛹を★にしてしまった以外は、全て羽化しておりましたです。



元々わたくし、余りカブトは好きではありません。

臭いが苦手だし、餌あげたらかぶりついているだけだし、餌なくなったらブンブカうるさいし、その時一番臭うし。

ので好きで飼い始めたというよりはクワガタ幼虫の食いカスの処理係、および家庭菜園用肥料作成係として飼育開始したので、せめて楽しむためにと

akakabuto.jpg

色は当然赤です

akakabuto2.jpg

あっかでーす

今まで気にしたことなかったのですが、♀にも赤っぽいのがいるんですね。

akakabumesu.jpg

やたらと動くのでうまく撮影出来ませんが、足部や腹の部分が赤い個体がおります。

まあカブトに限っては産卵フェチの本能を封印していますので、余りペアリングするつもりもありませんが、最低限は確保せんといかん。

ので、今年は赤♂と赤♀だけでブリしてみようと思います




さて、毎年言っている気がしますが、ぼちぼち減種しないと手が回りません。

何を減らそうかな?ということで、現在の飼育種を考えてみると…うーん、考えたくない(笑

せめてノコギリだけで考えてみますか!

現在飼っているノコギリは

・ミラビリス
・ジェンキンス
・グラキリス
・パリー
・トカラ
・ポルトン
・アンティローペ
・ドルサリス
・カネギエーテル

ってところですか。全部で9種。ノコギリ好きでもないのになぜこんなに増えた…

ということで、どんどん減種せんといかんですね。候補は

・ジェンキンス…今回ブリードで終了予定
・トカラ…まだ幼虫、一度もブリしてませんけど多分終了予定(w
・アンティローペ…累代はF8だっけか。もういいよね。
・ドルサリス…赤くて好きなんですけどね。もっと好きなのに集中するために涙を飲んで。
・カネギエーテル…200カップで大歯が出る優等生ですが、こちらももういいや~。

ということで、大量減です。9種いるうち5種減ですか。グラキリスも微妙だし、結構減りますね。



でも減らすだけだとさびしい。寂しい?

だから、という訳ではありませんが、昨年Iさんから送ってもらった某ノコギリの幼虫が羽化して。それがきちんとペアになっている自信がない(まだ掘り起こしていない)ので、欲張って。

ファベールノコ

送ってもらいましたよ、ファベールノコギリ。うーん、アフリカノコが多いなぁ、我が家。

他にもポルトン、血統入れ替え用のサンギレンシスメタリ、ミラビリス♀、お菓子等を頂戴してしまいました。Hさんアリガトー!




そして最後。

妻の姉が我が家にお土産を持ってきてくれました。

0715aaa.jpg

これも増種に入るんですかね~

コメント:10

2012/07/02(月) 23:20 【終】ミヤマ(カプレオルス)
やっちまった~!クワはカプレです
今日は朝から体が重くて、嫌な予感。

自転車で出勤しようと思ったら突然雨が降ってきたので、やむなく車で出勤したのですが…考えたらこの辺から既に、歯車くるっていたんだろうな。



帰宅時に、「ああ、今日は何だか集中力ねぇなぁ」とエンジンキーを回し、少しハンドル切ってボケーっと車を発進させたら


「ポコポコポコッ」


と可愛い音が…













0702-0.jpg


うーん、かわいくない。

私の運転歴はかれこれ20年弱ですが、このようなコスレをするのは都合3回目です。多いな~。

しかもこれ、過去最大面積。

帰宅途中にオートバックス寄ってかんたん見積もりしてもらいましたが、15諭吉くらいでは?とのこと。

うーん、モンギローニが15ペアくらい買えますね。

元々は、ペーパー歴が長い妻の運転練習用に買った車ですが、おいらがコスってどうすんねん。って話です。しかもこすっているの自覚しながら、ボケーっと前進続けちゃったので、側面全部にコスレてしまって更にアホですか、と。

練習用だからと割り切って、少々みっともないのを承知でサビどめだけしてお茶を濁すか。

15モンギローニ…3ボーリン…3ウェストウッディ払うか(単位は最近価格チェックしていないので、誤差はご了承ください)

悩ましいですのぅ…

やはり体が重たくて集中力無い日は、運転しちゃダメですね。ポールにこすっただけでむしろ良かったかも(無理やり前向き)






さて、そんな集中力が無い原因の一つ?が、昨晩のクワ作業。

そろそろ暑くなってきて、いまのまま放置だと生死にかかわる場面が想定されるので、少しずつ片づけを始めたのですが、その中で

kapure♂

何時の間にか羽化して、いつの間にかハッチしてました

小豆色に素敵な赤みを帯びた彼は、その名をカプレオルスミヤマと申します。既に飛翔していたようで、翅がはみでてますね…即ブリの証です。

ひょっとして他にも居るんじゃないか?と思ったらうまい具合に

kapure♀

♀もハッチしてました

タグの「♂」はご愛嬌…よくある判別ミスですが今回は結果オーライ。

まだ一度もゼリーを与えていませんでしたが、即同居させたところ、♂はゼリーより先に♀にかぶりついてました(お下品?

ということで、一瞬にして交尾完了です。

慌ててそのまま、予定になかったのですが、産卵セットも用意しました。だから寝不足なんでございます。

まあこっそり白状すると、もう1♀羽化していたのですが、既に★になっておられました。申し訳ねっす。久しぶりに放置ミイラを作ってしまいました



しかし不思議なことが・・・



このカプレオルス。手元に15匹くらい残しておいた記憶があるのですが、昨日チェックしたらこの1♂1♀を含め、4匹になってました。あれれれ~??

昨年は同様の事件が、ディディエールシカとツツイシカでありました。

一部幼虫は★になったにしても、数が少なすぎないか??まあ、これ以上管理出来ていない状況を暴露するのはやめますか




さて、そんなついてない今日ですが、嬉しい発見もありました。

0702-2.jpg

5月末にセットしていた、ブリード♀からのエラフスホソアカ産卵セット。うまい具合に幼虫が見えてきました

温度環境は20度~。既に2匹見えていますので、累代分は採れそうな予感。セットして一か月ちょいでの幼虫確認ですので、平均的な孵化状態でしょうね。このくらいの温度がいいのかな(相変わらず下調べすらしていない)。

もう1♀、ほぼ同時期の5月中旬にセットを組んだ、WD♀の産卵セットは15~18度の環境に置いているせいか、未だ幼虫が見えず…WDで坊主は情けないので、こちらも産んでいて欲しいなぁ。





そして最後が

0702-00.jpg

こちら。すっかり諦めていた、チュウホソアカのセットから1ニョロだけ顔を出していました。

このセット、4/5にセットしたものですので、初齢確認はセットしてから3か月後。

エラフスホソアカWD♀と同様、15度~の環境に置いていたせいですかね。孵化までえらいこと長くかかっているような気がします。

とりあえず1ニョロだけ確認できただけなので、油断は出来ませんが、とりあえずボウズは免れて良かった!車こすったけど、いいことあった!!(無理やり前向き)

後はキクロ勢で、モンギローニとインペラトールが産んでくれれば万々歳です。

そうだ、モンギローニが超爆産して、それを妻に頼んで●ッダで捌いてもらえば…ブツブツ…そうだ、費用は15モンギローニ…あ、幼虫なら150モンギローニ位か?それはきついな、ブツブツ…


ハッ!



アホな妄想してないでそろそろ寝ます。おやすみなさい~

コメント:4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。