クワガタ漬け。
2011/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2012/01


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/12/29(木) 20:32 フタマタ(エロンガトゥス)
エロンガトゥス
気が付けばもう年の瀬ですが、久々に温泉に行って来ました。

RIMG0017.jpg

こちら湯元オロフレ荘は、入浴剤で有名になった、登別はカルルス温泉の湯元です。

入浴剤の登別カルルスは乳白色で、いかにも温泉!という印象ですが、実際のカルルス温泉は

furo-j2.jpg

無色透明、無味無臭です。無臭ではなかったかな?

調子に乗って温泉に入りすぎて風邪をひきましたが、年末の良い気分転換になりました♪

しかし風邪ひきやすくなったな~。おっさんになったことを実感する今日この頃







さて、虫ネタです。

基本、我が家では冬場のブリードは上手くいかないことが多いのですが、

111218-3.jpg

ビッダで落としたパプキンのセットから、初齢が見え始めました

セットして2週間で♀が★になったセットからも1ニョロだけ見えましたので、最低限血統だけは残せそうです。

Oさんから譲っていただいた個体は、まだ1ペアしかセットしておりません。

赤パプキン(O血統)2


一番発色の良い♂の後食まで待ちたいので、我慢我慢です(^^♪





他、我が家の二つ目の血統となるべきペアリングでセットした、

0916ギラファ


ギラファホソアカ。

新しい血を入れるためにもぜひとも欲しかった血統ですが、

111218-5.jpg

何とかニョロの姿を確認出来ました

季節がら数は伸びないとは思いますが、とりあえず一安心です







ということで、冬季ブリード緒戦はまずまずのスタートでしたが、今回は撃沈種の紹介だったりします

そりはなにかと言うと

0605エロン

エロンガトゥスです。パリーフタマタのボルネオ亜種ですね。画像は虫友のIさんから譲っていただいた立派な♂なのですが…

成熟間違いなくOKのこの♂をもらって、2♀でブリードを開始したのですが、2♀共に無精卵連発

足や腹が赤くなる、素敵なフタマタですので何とか累代継続したかったのですが、♂も既に落ち…。

自家製のミニ♂がようやく羽化→短期で成熟した模様ではありますが、既に♀もヘロヘロですので、おい掛けも出来ません。



実は前回のブリードでも苦戦しており、2♀から採れた幼虫は確か一桁。前回も無精卵に泣かされた覚えがあります。

恐らくは♀の成熟を見誤っているのだと思っていたので、今回は蛹室自力脱出→一か月以上時間をおいてのペアリングを試みたのですが、失敗でした。

好きな種ですので、機会があればリベンジしたいところです。ボルネオ産の虫は、今後なかなか入荷しないでしょうからね。

ということで、恐らくはフタマタの中で一番苦手であろう、エロエロ大王の紹介でした。





因みにこんな失敗パターンでも、

111218-1.jpg

使用した材はこんな感じ、

111218-2.jpg

敷いていたマットもこんな感じで保管してます。材は最低半年、マットは最低2~3か月保管します。

坊主だと思っていても、たまにおこぼれが出たりすることがあるので、一縷の望みをかけて今回も保管しておこうと思います。

しかし何故失敗したかな~、悔しいのぉぉぉ




ということで、恐らく今回の更新が今年最後になると思います。

本年も一年間お世話になりました。(多分)来年度もブログは細々と継続致しますので、引き続き宜しくお願い致します

それでは皆様、良いお年をお迎えください!!
スポンサーサイト

コメント:8

2011/12/18(日) 16:17 【終】ノコギリ(カネギエーテル)
カネギエーテル餃子。
我が家は夫婦そろって

gyouza.jpg

餃子好きです。画像は画像検索したものを勝手に借りました、すいません。本文の店とは関係ないです、ハイ



今日の昼飯は我が札幌市西区にある、そこそこ有名な餃子屋に行ってきました。その名も●●館。

店の中は結構混んでいて、店を仕切っているオバサンの接客も結構乱暴・適当でした(フクセン)。

餃子定食を頼むと、注文して2分で出てきてびっくり。でも早いのはいいことだ!

食べてみての感想は、まあ普通に美味しい。でもここまで混むのなら、無理して食いたいとは思わない。そんな感じで、夫婦の意見が一致した頃。

近くのテーブルでオーダーミス発生。

まあ混んでるし、仕方ないのかなぁと思ってたら、「よっしゃまかせろ」と仕切りのおばちゃん登場。

アルバイトに客の前で対応を指示。そこに、新規の客が来たので、おばちゃんがオーダーミス対応を中断して「今混んでいるから、結構待ちますよ!」と一言告げて…またオーダーミス対応に復帰。その間、新規客は入り口で立ちっぱなし。

で、オーダーミス対応が終わって、おばちゃんがその客に言った一言。





「あ、待つの?」





その人は無言で立ち去りました。他の従業員も無愛想だったし、味以前の問題。こんな店には二度と行きません。来週の22日に北海道初上陸の

gyouzanooushou.jpg

かれらに駆逐してほしい!と思ってしまいました。

残念ながらサービス業における北海道の接客は全般的によろしくない、と良く聞きますが、それを絵に描いたようなお店でした。以上、虫と全然関係のない話でスイマセン








さて、気を取り直してささやかに虫ネタです。

最近、続々羽化してきているのが

カネギエーテル

カネギエーテルノコギリです。小型だけあって、ノコギリにしちゃサイクル早めに回ります。産卵→羽化→成熟→ブリード、でほぼ1年ちゅう感じですね。

何故か現在羽化してきているのは♂ばかりです。前回に引き続きすべての個体を200CCカップ以下で育てています。♀なんて、前回同様にうっかりと交換を忘れて60カップで蛹化しています(笑

で、初めて♂の小歯・中歯・大歯が勢ぞろいしたので

カネギエーテル3サイズ比較

並べてみた。

同じマット、同じ200CCカップ、同じ温度域で育てて、何故にこんなに差が付くのか?羽化までの期間もほぼ同じです。

それぞれの大きさは

aaaaa.jpg

一番小さいのが24ミリ。

aaaa.jpg

中歯が33ミリ。

aaaaaaa.jpg

大歯が37ミリでした。んむー、やはり小さいですね

でも接写すると

カネギエーテル大歯1

こんな

カネギエーテル大歯2

感じでなかなかかっちょいいのだ

もちっと気を遣えば、更に迫力ある個体も出せるでしょうし、サイクル早くてスペースも取りません。そして色虫

なかなかいい虫でしょ?人気は無いようですけどね(笑


さて、ブログも書いたことだし、餃子でも食いに行くか~(また?


因みに北海道には、この初上陸チェーン以外に

miyosino.jpg

こちらのお店がそこかしこにございます。知ってます?私は北海道来るまで全然知りませんでしたが、北海道では最もメジャーな存在。

最近、メニュー内容が初上陸チェーンに酷似してきました(笑

味も競争して、もっとおいしくなって欲しいな~。

コメント:12

2011/12/10(土) 13:56 キクロ(ペレン産メタリフェル)
ペレメタ。
うわぁッ!!





虫部屋で、久しぶりに声を出してしまいました。


何かというと…戸棚の整理をしていたら

1210-1.jpg

用品に紛れて、恐らくは昨年使っていたであろう、カワラ材を見つけたのです。ビニールの開口部は開けっ放し。
これだけなら当然、何も驚くことではないのですが、材を机に置こうと思った瞬間「ゴソっ」と手のひらに違和感が…






1210-2.jpg



ひっくりかえして見て、「うわぁッ」と、冒頭の驚きの声となった訳でございます。

彼女は何者かというと

1210-3.jpg

粉まみれのいい女、ミラビリスノコギリです。

いやー、びっくりしました。だって、材は完全にカラッカラですよ。ビニールも全然密封されていないし、この乾燥状態の中でどうやって無事に幼虫が成長し、蛹化し、羽化したのか?羽化して脱出後、なぜビニールから出ていなかったのか?

彼女、フセツ麻痺も何もなく元気です。ちょっと信じられませんが、蛹室脱出して間もないのかもしれません。

まあ他の個体も、他の種と比較して圧倒的に乾燥に強いので、耐性が元々あるのでしょうけど、にしても凄いなぁ。

久々に驚かせてくれたので、この♀には

1210-d.jpg


「奇跡の♀」と異名を付けました(w

後食を確認できて一息ついたら、ブリードに使ってみようと思います。









さて前回の記事で、色虫好きに火が付いた…等と書きましたが、別に新たな種を入手したわけでもなく。

最近はこの

1210-c.jpg

常に雪が積もっている状態…根雪っちゅうんですけど、この状態が固定されてきました。

この寒い北海道へ、わざわざ何を取り寄せたかというと

abab.jpg

こちら、2ペア。

ペレメタWD1

メタリフェルホソアカ、ペレン産です。

外国産クワガタ飼育を始めて、あまり間もない時期から今までずっと、飼育継続している種です。

最近はそろそろ違う血も飼育してみたいな、と思って…





いた訳ではなく、完全に衝動買いでした

2ペアのうち1♀は少しヘロヘロでしたので産卵は余り望めませんが、もう1♀は少しは産んでくれるでしょう。

また上の写真の個体は、少しパープルがかかっているので、我が家の♀とCBしてみようと思っています。





んで、一方で我が家の超インライン血統ですが

ペレメタブラックミニ1

F14世代が自力ハッチしてきております。

ペレメタブラックミニ2

羽化ズレ用にと、200CCカップで羽化させたミニ個体。

翅部分は相変わらず色彩が特殊で、黒&ブルーです。

羽化して時間が経過すると共に、徐々にツヤ消しになります。頭部まで最初っからブルーがかかれば本物なんですが、羽化してほどない今のところは、パープルって感じですね。因みに頭部も、時間の経過と共にツヤが少し失せ、黒味が強くなります。





♀は既に成熟してきた個体がおりますので

ペレメタF13×F14111127

め、♀が見づらい

ですが、ペアリング開始です。♂はF13、♀はF14ですので、子孫が出てくればF15ですね。



ということで、今年~来年のペレメタはインライン1本から、複数血統で飼育してみたいと思っています。






最後に脈絡なく、最近「おや?」と、意外にウマいと思ったもの。

1210-a.jpg

試しに飲んでみました。最初は、ちょい薄目のただの微糖コーヒーじゃん!と思ったのですが、口にふくんで喉を通った後、フワっと抹茶の風味が広がります。

コーヒーの後味に抹茶が広がる、ちゅうのも何とも不思議な感じですが、たまにはこういうのもアリかなと思っちゃいました。



もひとつ、

1210-b.jpg

札幌は円山にある某店にて、長崎ちゃんぽんを食しました。


「具合が悪い。だから旨いものを食わせろ」

というヤクザな妻の要望により、初めて食べましたが…近所では有名なお店だからでしょうか?なかなか美味し。

他の店のちゃんぽんも食べてみたいな、と思ったりしました。因みに妻は「旨いうまい」と食べてましたが、途中から具合悪い…」と悪化した模様(爆笑←笑うところか?

最後は食べきれずに私が食べました。きっと消化がいいものじゃないんでしょうね~。

ということで真冬に突入しつつある札幌では、温かいモノが恋しくなるのでした。だから何だ。

コメント:14

2011/12/03(土) 16:39 キンイロ(パプキン)
パプキン復活
先週末は疲れました~

何をしてたか、ってぇと

aaaaaa.jpg

産卵セット、作ってました

大ケース1つ。

中ケース8つ。

合計、9セットです。中に入れる産卵木の仕込み、マット詰めなど等、久々に疲れるほどクワ作業しました。風邪ひいて動いちゃいけない時ほど、動いちゃいます






で、これは何のためのセットかというと、一つは現在産みが今ひとつ…いや、今ふたつ位の

中国シカ100518

中国シカのセット用が、一つ。





そして、次回更新予定の種用一つと、本命は

赤パプキン(B血統)

パプキンです。久方ぶりの復活でございます

ビッダで、赤いコヤツを見つけてしまって火がついた。イリアンジャヤ、ワメナ産です。ついでに赤いヤツだけじゃなく

パプキン・グリーン血統(アルファック)

グリーン&パープル血統、イリアンジャヤ、アルファック産。

実はこのアルファック産は、セットして2週間足らずで♀が★になったので、産卵は望み薄ですが

まあとりあえず、2セット組みました。先々週ですけど。





んで、上記の2血統は既にセットしていた個体ですので、今回新たに作り直したのは

赤パプキン(O血統)3

こちら。ヤフオクでOさんから落札させて頂いた、同じくイリアンジャヤ産の赤パプキン。

ビッダの血統は、ワインのような濃い赤。こちらOさん血統は鮮やかな赤、って感じです。色味的には、こちらOさん血統の方が好み

因みに上の写真はフラッシュ無しの画像ですが、フラッシュたくと

赤パプキン(O血統)

赤パプキン(O血統)2

こんな感じっす。

んむー、赤フェチにはたまらないですね。

魅力的な個体を含め、色々おまけをつけてくれたOさんに感謝!です。

色虫好きなOさんとは、飼育種が非常にかぶっていますので、今後色々とお付き合い出来そうな予感。





ということで、色虫好きにちょいと火がついてしまった今日この頃。

次回も当然、色虫でございます。ん?次回とか言わずにさっさと書けって?

ネタの一部がまだ到着(?)してないから、書けないのだ!

ということで、近日中にUPしますので、またどぞよろしゅう。ではでは~

コメント:14



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。