クワガタ漬け。
2011/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/11/27(日) 17:52 ノコギリ(ミラビリス)
ミラビリスノコギリ
風邪をひきまいた

歳をとると共に、抵抗力が弱くなっている気がするのは気のせいでしょうか?季節の変わり目ですので、皆様もお体をお大事に…




さて、先日の記事で、ユダイクスが2匹しか採れんかった!と書きました。

んで、2匹しか採れなかったセットから取り出した

1105-1.jpg

卵。

どーせ無精卵だと思ってますので、タグの文字もかなり投げやりです(笑

カップも60カップと、全くやる気が感じられません。でも、先週末に何気にチェックしたら

1105-2.jpg

見づらいのですが、孵化してました

卵は4個ほど入れたように記憶していますが、結局4匹全部孵化してきました。無精卵じゃなかったのね…


しかし、セットで♀が★になって、随分してから割り出したのが1枚目の写真、9/24なのですが…産卵後、孵化まで軽く3カ月はかかっていると思われます。そんなもんなんですかね??わかんねー

結局、ニョロ数が累計6匹と。

んむ~、累代やめるはずだったのですが、何とかなりそうな数ですね。続けちゃおうかな??





んで、ついでにほかのミヤマも気になったので、同様に♀が★になって1か月以上経過した

0605エラフスミヤマ

エラフスミヤマ。Iさん血統×Tさん血統のCBF1ですが、既に50匹ほど回収しています。さて、どれくらい採れるかな、と思って暴いてみたら…

1105-3.jpg

50匹ちょい採れました

卵もまだ残っていたので、最終的な数はもうちっと伸びそうです。これで通算100は超えましたね~。ミヤマは産卵数多いと聞きましたが、100を超えるとやはり嬉しいです。

Tさん、Iさん、良い個体をお譲りいただき有難うござました





さて、久々の3ケタ採取でしたが、過去に3ケタに届いたのは

・メルキオリティス【129個】
・メタリフェルホソアカ(ハルマヘラ?だったかな?)【推定。妄想とも言う?】
・フォルスターフタマタ(キヨタミ)【推定。妄想とも言う?】

そして

ミラビリス080902

ミラビリスノコギリです。

初ブリの一昨年は、無精卵乱発で3ニョロしか採れませんでしたが、昨年は2♀でブリードした結果、100および95個の採卵(とニョロ)を確認しました。

採卵の最終報告はこちら。その後、使用していた材からニョロが出てきて100になり。

更にその後も材から出てきたような気もしますが、記録に残していないのでわかりません…

でもまあ、2♀同時に100個前後採れたので、非常に嬉しかったのを覚えています。

今年はすっかりやる気をなくし、一度セットしたらそのままで工夫も何も無いので、大した数は採れていませんがッ




因みに産卵セットの中身は…

・材:カワラ材のみ。
・湿度:普通。やや多めの時もあり。
・セット内容:中ケースにカワラ菌糸のほぐしたものを1センチほど敷き、その上に材を転がすのみ。

って感じでした。

マンディブラリス等のフタマタ属と同じような内容です。違うのは材の種類だけ。

一時、「乾燥気味の方が良い」などの情報を試したりもしたのですが、個人的な感想は「別に~」って感じ。

むしろ、適度な湿度がある条件の方がよく産んだ記憶があります。ま、あくまで我が家の環境では、ですが。


今年出てきているニョロは、CBF1×CBF1=CBF2.

なんとなくの根拠のない予感としては、インラインには弱いのじゃないか?と思っているので、来年あたりは血の入れ替えをしようかな?と思っています。元々CB好きですしね。


昨年は多量にWD個体が入荷したようですので、しばらくは血の入れ替えにも困らないでしょう。

ノコギリの中では一番のお気に入りです♪
スポンサーサイト

コメント:6

2011/11/21(月) 02:08 【終】ノコギリ(ジェンキンス)
ジェンキンス
最近、我が家の玄関付近の植え込みがナニモノかによく荒らされます。

犯人はネコかキツネと決めつけていましたが、

aiato.jpg

この足跡は…猫じゃないですね、きっと。肉キューっぽいの、無いもん。

じゃあキツネか?足跡は犬っぽいんですけど、この辺に野良犬はいないし、何度も植え込みを荒らす意図がワカランし。

普通はネコのトイレにされていると考えるのでしょうけど、糞ないし。よくわかんね。ってことはキツネ??誰か教えて~








さて、気が付けば成虫1ペアのみと累代の瀬戸際に追い詰められていた

091112ディディ

ディディエールシカ。

セットして半月くらい、気温が落ちてきてから、産卵ケース側面に卵が確認出来ました。

その後、2カ月弱経って

didi.jpg


ようやく孵化しました

ダメなら累代終了の予定でしたが、不思議なもので「累代終了」を意識すると、つながってしまいます

卵は他にも見えていて、どことなく有精卵ぽいので、何とか次世代に繋げられそうです。ま、良かったのかな?(w






さて、更新が全く進んでおりませんが、造酒しました。違った、増種しました。

頂いたのは先月の話なので、ちょいと古新聞ではございますが、何を頂いたかというと

じぇ1

赤いんです。

ま、羽化から余り時間が経過していないせいもあるんでしょうが、赤いんです。

全貌は

じぇ2

こんな感じ。

お察しの通り、かつ我が家の通例として、当然にして小さいですが、何か?

でもびっくりしました。

我が家に到着して一か月余りなのに、気が付いたら半分の個体が羽化してました

残りの半数も、現在既に蛹です。どうやらこのクワガタ、サイズといいサイクルが早そうな予感です。

この種は結局何かと言うと?

200605000171.jpg

ん?

d347370f.jpg

んん~??

あ、

じぇ3

ちょっと画像を間違えちゃいましたが、ジェンキンスノコギリです。

虫友のIさんより、爆撃合戦で頂戴しました。Iさん、いつもアリガトー!!

紹介できていない種、まだありますけど、ゆっくり紹介しますんでぇ。ずぼらですいませんね…(反省はしていない)

コメント:6

2011/11/17(木) 20:31 【終】シカ(ニセシカ:オーベルチュールシカ)
オーベルチュールシカ
今年の札幌は初雪が遅い!と評判でしたが、今朝起きてみてびっくり。

1117-1.jpg

けっこー降りました。昨日までは雪なんてカケラもなかったのに、今日は山わさびの葉っぱも凍えております…

雪は嫌いじゃないんですが、寒いのと雪かきが嫌いな私です。ん?ってことはやっぱ雪嫌いなのかな??

1117-2.jpg

一方でまだ11月、ちゅうこともあって、雪の上には見事な紅葉が落ちていたりして。結構な違和感ですね。





さてそんな寒い中、人間よりも暖かい空間に置かれている虫どもは、というと…

1117-3.jpg

アドゥンクスの採卵数が、60を超えました。

私の中のフタマタ合格数、80まであと少しです。届くといいのですが、一方で心配なことが。



採卵当初から混じっていた無精卵が、少し多くなってきたように思うのです




過去、ミラビリスやメルキオリティス等で3ケタ採卵をしたときは、最初から健康卵であっても、70~80個位で無精卵が混ざりました。

たまたまかもしれませんが、一度の交尾で♀が蓄えられる精子の量がそれくらいなのかもしれません。事実、おい掛けしたら有精卵が復活しましたからね。

でも今回のアドゥンクスは、既にかなり前に♂が落ちていますので、追い掛け出来ません。このまま無精卵が増えるのを指をくわえて待つしかないのが辛いところです





次に、

0612ポルトン

ポルトンノコギリ。2♀をセットしたのですが、1♀はセット早々に原因不明の★に。そしてもう1♀は、マット産みらしく、ケース側面等にポコポコ産んでくれたのですが…




全て線虫にたかられています



ということで、こちらも無精卵確定ですね。恐らく全部ダメなんじゃないかな~



仕方ないので、もう1♀取り寄せました。♂が原因でなければいいのですが、どうですかね??








んで最後、飼育種の中で一番理解不能な種、

オーベル081213-1

オーベルチュールシカです。過去にも同様に愚痴を言った覚えがありますが、ブリード個体からのブリードがなかなか上手くいきません。

WD♀を産ませるのは簡単でした。

WD♂×ブリード♀も大丈夫でした。

でも、ブリード個体同士のペアリングがうまくいかないんですよね…



オーベルに限らず、WD個体はブリードの肝の一つ「成熟」を無視して産卵セットできるので、寿命の点を除けば産卵させるのは難しくありません。

なので、個人的にはブリード個体のみできちんと産ませないと、この種で「採ったどー!」と思えないんですが、この種はまさにそれ。ダメダメです。



おまけにワタクシ、幼虫も上手く育てられません




マットが合わないのか、幼虫が3齢前後で成長をとめて、長いことセミ化したり。蛹化・羽化前後で不全したりと、無事羽化までたどり着く確率の低いこと低いこと。


結局、我が家でまだ残っているのは、一昨年に産ませた幼虫のセミ化した4匹のみです。

恐らく彼らが無事羽化することは無いと思うので、間もなく絶えるでしょう…

WD♀から得たF1世代では、同じマットですくすく育っていたんですけどね。なーぜーなーんーダー




ということで非常に綺麗で魅力的な種なんですが、私は大の苦手です。WD入ったらまた買ってしまいそうですが、幼虫飼育に工夫を入れないと、同じ過ちを繰り返すような気がします。

誰か、うまく飼育する方法を知ってたら教えてください!(調べろよ

コメント:8

2011/11/09(水) 20:33 キクロ(モンギローニホソアカ)
モンギローニ。
昨日、町内で緊急回覧板が回ったそうです。

内容は

「町内の公園で、クマの足跡が見つかりました!」

mono66290_pho01.jpg


んー、そんな話を聞いても全く驚きませんが、ネタとして回覧板の写真を撮りたかった!まあ、回覧板が回ったのは私の勤務中でしたので、無理なんですけどね。


因みに先週、先々週と、我が家の玄関前の植え込みがキツネに荒らされています。


自宅に居ながらにして、北海道を満喫?


ということで、直線距離100メートルほどの公園にクマが出ても、全然驚かないのだ








それはともかく、10月23日のこの記事に続き

1109-1.jpg

またこんなん、来ました。

うーん、少しでも郵便局にとって意味不明な品名だと、最近はすべてコレですね。

品名に書いてあったのは、こんな分かり易い文字だったのに~



1109-2.jpg

ででん。

ね、分かり易いでしょ?なんで郵便局はわかってくれないかな~?




ということで、今年撃沈したモンギローニのブリード。

前回の失敗を活かし、再チャレンジしたかったので、入手できて良かった!

0206モンギローニ

ニョロは8匹。まだ初齢なので、羽化は早くて来春くらいかな?

暑くなる前に成熟させて、是非リベンジブリードしてみたいもんです。

ということで、淡泊に本日は終了!



んー、増種したりしているのですが、更新ペースが全く追いついておりませぬ…年越し決定ですな

コメント:10

2011/11/03(木) 11:05 キクロ(サンギレンシス産メタリフェル)
サンギレンシスメタリフェル
やたッ!!!


のっけから何のこっちゃと言いますと~



1026.jpg

孵化したんですよ~(クールポコ風にお読みください。古い?)


何が?







アドゥンクス1


彼の子が。アドゥンクスフタマタです。

先日の記事で、「卵が小さすぎるので、無精卵かも」と書いたのですが、何とか孵化してくれました


日時の経過とともに膨らんできてはいたのですが、マンディブラリス等の他のフタマタでも、膨らんで孵化しないこともあるので、正直半信半疑でしたが、おかげで一息つけました

まあ無精卵も混じっているようなので、孵化率は決して高いとは言えませんが。

でも、順調にいけばお世話になっている虫友さんにもお譲りできそうです。良かった~






でも今日の紹介種は、彼ぢゃありません。

我が家の飼育種で、恐らく2番目の最古参。

090510-6サンギ


サンギレンシスメタリフェルです。現在、F5×F5の成虫をブリしており、F6世代の初齢幼虫を得ているところです。

累代が進んでる?いやいや、他の種ではわかりませんが、少なくとも別亜種のペレン産メタリフェルは、既に推定累代F15まで問題なくブリード出来ていますので…

まあ余程の事がないかぎり、このサンギレンシスも同じように累代できると思っています。

因みにこの血統、

サンギ090412-3グリーン

角度によってはグリーンがかかる個体が出ます。まあ、色の固定化を図るまでには至っていませんが。

このサンギレンシス。飼育が簡単すぎるので、ブリードするには多少面白みに欠けますが

サンギ♂

色虫好きの私の目には、この飴色の発色と、亜種中一番と言われるこの金属光沢がたまらなく素敵に映ります。

とりあえず今インラインがF5→F6と来ていますが、このラインを重ねるとともに、CBしてみてもいいかな?と思い始めた今日この頃。

インラインは、グリーンをある程度固定化し、かつペレメタと共に「インラインの限界(≒累代障害の発生時期の確認)」を図ることを目的に。

一方でアウトラインは、グリーン以外の新しい色の発色を期待して、やってみてーなーと思うのでございます。





でもなー。ペレメタと違って、色彩変化に富んでいる訳じゃないですからね。グリーン系以外に何か探究できる色彩が見つかればいいのですが、どうなんじゃろう?

とりあえずこの種。

幼虫丈夫。蛹化~羽化不全も少ない。成虫も思ったより長命。かつ、産卵が容易で多産。ということで、飼育しやすいったら無いです。

この種を飼育して、かれこれ5年以上が経過していると思うのですが

090108サンギ

未だに、羽化した♂を蛹室から割り出した時の感動は色あせていません。

飼育歴が長いだけに、思い入れもある種です。まだまだ頑張って飼育していきたいと思いますです、ハイ。




因みに飼育歴が長いのは、亜種を無視すればマンディブラリス。

でも、こちら飼育当初はスマトラ産亜種でしたが、現在も累代継続しているのは、ボルネオの原名亜種ですから、最古参とは厳密には違うのでございます。




じゃー、最古参は何か?

0807ブラックペレメタう

そりは彼、ペレン産メタリフェルです。

目下、画像のブラックブルー個体のインライン継続中!これはまた別途紹介しま~す

コメント:10



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。