クワガタ漬け。
2011/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2011/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/09/29(木) 18:26 シカ(中国シカ)
中国シカ
久々に画像にヤラれました。

パンダ

か、かわいい…

育てたい…そしてブリードしたい(爆






さて、札幌は明日から天気が崩れ、気温も一気に下がっていきます。なので、ちょいと職場を午後からお休みして

111.jpg

札幌市で現在開催されている、オータムフェストに行ってきました。

北海道内をはじめ、色々な食材を集めてのお祭りでして

222.jpg

食したのはウニ汁(画像なし)、画像左上にかすかに映るエビタコ餃子、そして画像ど真ん中のホタテ貝柱塩ラーメン。

平日にも関わらず結構な人手でしたが、賑やかな雰囲気がようございました。そして餃子が特に旨かった!!

でも人ごみは苦手なので、1時間ほどで早々に退散しちゃいました。来年は食べるターゲットを絞って、また行こうと思います







さて、それはともかく虫ネタです。

今年の春~夏にかけて産卵セットに使用して…大失敗だったもの。

aaa-1.jpg

ミミズマットです。

あ、そんな商品名称では売ってないですよ、これ。一応、メジャーな商品のハズっす。無添加万歳なので、今までは幼虫管理にも産卵セットにも使っていたのですが。

今回のロットは大外れ~


セットしてすぐにミミズが大量発生。あっという間にマットが「土」化していきました…

それだけが理由じゃないのかもしれませんが、セットした種は軒並みひどい結果で。

トラウマで、その後は注文できずにいます、このマット。まあロットによって差があるんでしょうから、今回が外れだっただけなんでしょうけどね。




でも、例外的に採れたパターンが

aaa-3.jpg

卵、見えます??

aaa-2.jpg

こちらは初齢と卵1個。つまり、産卵木に辛うじて産んでくれたパターン。

産卵木の中にもミミズが入り込んでいたので、こちらも「土」に化けるべく一直線!状態でしたが、産卵木を入れていた種は辛うじて少しだけ採れました。


因みに今回のこの画像は、何の幼虫(卵)かというと

中国シカ100518

中国シカです。特徴はご存じ

中国シカ081006

赤い足



と、後は飼育が容易、ちゅうところでしょうか。

まあマイナーなシカクワガタの中でも、この中国シカはことさら地味なイメージがありますので、過去のブログにおける皆様の反応も微妙です




でも私は、足が赤いから好きなのだ!

初めてブリードした時、いきなり70~80産卵されて驚いた覚えがあります。今回ブリードした幼虫は、記憶ではF4世代になるのですが、最近は小ケースでちんまり産ませるパターンで産卵数を抑えています。

ま、今回はミミズマットのお蔭でかなり数が抑えられましたケド




因みにこの中国シカ、シカクワの入門種だそうです。確かに、ほかのシカクワより容易に産卵しますし、幼虫も丈夫です。

我が家の血統は、一般に出回っている雲南省産ではなく、お茶で有名な福建省・三明産。

市場に出回っているのを見たことがありませんので、この血統は大事にせにゃならんので、今後も当面累代継続予定です。


温度の適応範囲広い。産卵容易。幼虫丈夫。ということで、シカクワ入門種としては余りある種ですので、ご興味あれば是非飼育してみてください。

人気はないですけど(苦笑)、シカクワの特徴をしっかり確認できる、いい種ですよん
スポンサーサイト

コメント:8

2011/09/25(日) 22:59 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
マンディブラリス(原名亜種)
北海道…寒くなってきましたデスよ。ついに先日、ストーブをたいてしまいました

諸般の事情により、我が家の断熱リフォームは延期になりましたので…今年もサム~い冬になりそうです




さ、それはともかく。

最近、ブログの更新意欲が湧きにくくなって久しいです

楽天ブログ時代から通算何年ですかね。2007年スタートですので、5年目ですか。思ったより大したことねーな






んで、ここらでいったん情報整理。

今飼育している種類をつらつらと書いていこうと思います。そうそう、ブログは飼育記録を付ける目的で始めたんですよ、そうそうそう。

増えているのに記録していない種もありやすので、とりあえずそんな感じで。




ん?更新ペース??それは言いっこナシってことで






まずはじめは、

1218マンディ

ボルネオ産マンディブラリスです。こちらの画像はムラトゥス産。こちらは現在、CBF1血統とCBF2血統の2血統あります。いずれも現在幼虫なりね。

♀が今、えっちらほっちらと産卵中ですが、成熟甘い♀をかけてしまったせいもあり、順調なのは1セットだけです。が、まあ数はある程度確保できたのでヨシとしているところです。



こちらムラトゥス産は赤色が素敵なのでお気に入り

血の入れ替えをした後も、♂は一貫して赤く。♀は赤♀と黒♀が混ざっている感じです。





んで、原名亜種はもう1血統。

歌舞伎♂2

こちらは、某SHOPから取り寄せた、ボルネオはサバ産のマンディブラリスです。SHOP様の情報では、赤と黒が半々で出てきているとのこと。

今回取り寄せた個体(2ペア)はいずれも黒味が強いCBF1個体でしたが、そのSHOPでF4?くらいまでインラインしていた個体は…赤くて赤くて、とても素敵でした。

その血が半分入った血統ですので、幼虫どもがどのような色で出てくるか楽しみ♪

この血統の幼虫(CBF2)は、春先に生まれてきた子なので、♀がぼちぼち羽化、♂はまだ幼虫~早い個体で蛹化、という感じです。

そう、♀ばかりが羽化…










0925.jpg

ん?








…マタヤッチマッタ

サイズは約40ミリ。とてもマンディブラリスには見えません…

色はぼちぼち赤いですが、いかんせん小さすぎますね~。

サイズが小さいだけあって、なんとなく後食開始しそうな予感です。サイズに比例して寿命も短いでしょうから、まあ早熟の♀用の保険です。多分種親には使わないな~((+_+))




ということで、順調だか何だかわかりませんが、一応ボルネオの2つの産地を育てています。



スマトラ産は既に数年前に撤退。スマトラ産、ほんのりとしか赤くなりませんでしたからね~。

数代にわたって飼育していましたが、マンディブラリスはサイクル長いですから。結局、安定して素敵に赤い、ボルネオ産に絞ることにしました。





因みに全然関係ありませんが、マンディブラリスが誤解されているなー、と思うことは…

「凶暴である」…個人的な印象では、凶暴っちゅうより臆病、って感じです。よく言われる♀殺しは、過去5年間のブリードでは経験ありません。ある程度成熟している個体であれば、仲よくメイトガードしますので、まず事故はないですね。

はさむ力が強く体も大きいので、凶暴と言われるんでしょうが…ほかの種と比べて特段好戦的とも思えません。

次に「産卵数が少ない」

少ないの定義によるでしょうが、適切な環境でしっかり産ませれば、3ケタは十分採れると思っています。採ったことないけど(w

我が家のMAXは多分80個くらいですかね??

我が家のフタマタ記録、メルキオリティスの129個には及びませんが、産卵能力は多分遜色ないでしょう。寿命長い分、もしかしたらもっと多いかもしれません。

まあ我が家も最近は大して採れてませんが、産卵数が少ないわけでも、難しい訳でもないと勝手におもっております。はい。



余計なことを書いてしまいましたが、フタマタの中では一番好きな種で、飼育歴も一番長いので、じっくりこってり、今後も飼育してまいる所存でございます




続いてちょいとだけ、菜園&水槽。







続きをどうぞ


コメント:14

2011/09/16(金) 22:36 ノコギリ(ポルトン)
産まない鮨と山盛りポルトン
週末、鮨を食いにちょいと足を延ばしました。あ、すいません、また虫ネタ以外から入ります

場所は旧・厚田村。今は石狩市でごわすが、その厚田にある

d.jpg

かねとも寿司。

知る人ぞ知る…というにはすでに有名になりすぎているお店です。

この寿司を食うために、わざわざ年休を取得!11時に開店して、ネタが無くなり次第終了、通常は2時くらいで終わってしまうという気まぐれなお店。

g.jpg

11時の開店直後はえらい混むと聞いたので、ランチのピークを外して12時50分頃に店に入ると、「はーい、今日は終了♪」

最初は「ここまで来て無駄足か?」と泣きそうになりましたが、どうやら我々がラスト、とのことで一安心。

んで、名物の「最特上寿司」なる、名前がゴージャスな寿司を注文して、待つことしばし。

出てきたのは

h.jpg

ででん!と16貫~♪

おお、こりゃ豪勢な!とがっついていると

i.jpg

さらに追加、おまけつき。卵、巻物2つ、+4貫。右端は白子、その隣はカジカの子だとか。んまかったっす。

j.jpg

こちら生姜の乗っているのは、生まれて初めて寿司で食ったぞクジラ君。クジラ君は昔懐かし、給食での大和煮(世代が伺えますなぁ)と居酒屋でしか食った記憶がありません。

初めて生で食った印象としては…思ったより全然くせがない、という感じ。これも美味しかったですね。

おやじさんの気まぐれで、更にアワビだなんだとおまけがつくこともあるそうで、メニューも店の雰囲気も営業時間も、か~なり適当な感じです。

んで、気になるお値段は

e.jpg

一番高くて2000円です

今回頼んだのは一番高いヤツでしたが、逆にもっと安いコースを頼んだ時にどうなるのか興味津々。

このお店、73歳になった親父さんが一人で握っています。引退しようと思って既に10年以上経過。いつまでやってくれるんスかね~。

ということで、久々に寿司で腹いっぱいの週末でございました。げぷっ皆さんも近くにお立ち寄りの際はぜひどうぞ。





さて、つらつらと虫ネタです。

まず、大半が羽化しつくしたミラビリスノコギリ。

そういや、材飼育(というより、採卵の取りこぼしがそのまま材で成長した)の個体はどうなったかな?と、恐る恐る割ってみると…

羽化…

していたのですが…



0916-1.jpg

ん?

0916-2.jpg

んんんんんんんんんんんん~



ざ、材飼育?????????



・・・




さ、次々。同じく(結果的に)材飼育となっていた

0916メルキ1

メルキオリティスが、材から出てきていました。こちらのサイズは約60ミリと、可もなく不可もなく。

でもまあ材から自力ハッチしてきた個体ですので、即ブリですわな。

既に♀は数匹ハッチしてきていますので、即同居。

0916-3.jpg

昨年使っていた材をリサイクルして、産卵セットに投入します。我が家のメルキは基本、CBF1かCBF2ですが、そろそろ血が濃くなってきた…CBF1といいつつ、3/4が同じ血統、なんてのもザラなので、ぼちぼち血の入れ替えも検討したいところです。

でも、沢山いる種をわざわざ購入する気にもなれず…どうすっぺかなー





つぎ。

0916ギラファ

ボルネオはサバ産、CBF2のギラファホソアカです。温度管理に失敗して手元の個体が全滅したので、再度成虫ペアを取り寄せました。

同居させてすっかり忘れて、気が付いた時には既に♀がヘロヘロ。

産卵セットに投入した時は既にフセツも2本切れていたので、正直期待していなかったのですが、辛うじてCBF3世代が10匹少々採れました。間に合ってよかった…今回は頑張って落ちないように育てたいと思います。




そして最後。

0612ポルトン

ポルトンノコギリ。

♀は6月から後食開始、のち食欲旺盛。♂が8月に後食旺盛になったのを見計らって、即ペアリング→産卵セットしました。ノコギリのブリード経験は少ないのですが、通常の感覚で言えば、成熟もペアリングのタイミングもまあOKかと思って「ました」(フクセン)



しかし…



この手のノコギリは、通常セットしたら即・産卵しますよね。

でも、セット後2週間たっても、全く側面に卵は見えず。2♀セットしましたが、正直全く手ごたえがありません。

もう暫く様子を見て、いったん暴いてみようと思いますが、まあほぼ間違いなく産んでいないと思います。



思い起こすのは、グラキリスノコギリ。画像データはPCぶっ壊れたせいで残ってねーや。

こちら、今回と同じように「成熟した!」と産卵セットしてからというもの、♀は産卵セットの材をかじって、その中でずっとおとなしくしたまま…半年間ゼリーも食べないまま眠り続け、最後に★になりました。

後、アスタコイデスでも同じようなことがあったように記憶しています。

フタマタのよーに、材産みであれば産んだかどうか、活動しているかどうか、かつ有精卵かどうかすぐ確認できるから楽なんですけどねー

マット産みで、突然活動を停止することのあるノコギリはどうにも苦手だなー。

成熟の見極めさえ誤らなければ、簡単な種だと思うのですけど、今回はまた失敗の予感です。

誰か、寝ている♀を起こす方法知っていたら教えて…って、寝ている♀起こしてもロクなことないですからね。

もし寝ているようなら掘り起こして、また起きるまで待ちますか。

ということで、最後は失敗の予感!の巻でした

コメント:6

2011/09/04(日) 21:19 キクロ(インペラトールホソアカ)
ホソアカが不調
お晩でございます。台風が元気に暴れ回っておりますが、皆様のお住まいの場所は大丈夫でしょうか?

はるか北海道でも影響があり、土日で暴風雨。

なのになぜか、本日日曜日の草野球は決行。予定していたグランドには水鳥が泳いでいて(本当、でもカメラ無く撮影できんかった)、当然中止かと思いきや…

「水はけの良い、別のグランドに行くぞ!(By監督)」と20キロ離れた別グランドに移動。

いくら水はけが良くても、土日で溜まった雨が水たまりになっており…ようやく中止かと思いましたが、そこから2時間かけてスポンジで水を吸い出す作業を繰り返し、ようやく1試合をこなしました。

多分、野球している時間より、スポンジ絞っている時間の方が長かったです。おまけに、かがんで2時間作業していたので、変なところが筋肉痛になりそうな予感バンバンです

野球は面白かったですが、充実感は別の所で得たような(笑






さて、全く関係ありませんが、週末に飲み食いしたもの。

CA3G01350001.jpg

仮面サイダーとゴレンジャー。

味は至ってフツーでしたネタにならん

そして

CA3G01360001.jpg

ネーミングが気に入って購入した、忍者めし。

味がヤバそうな、梅かつを味を購入したところ…キツめのかつをだしの味がしました。1粒である意味満足するので、確かに「忍者めし」かも??

他の人にも積極的に食べさせたところ、賛否両論になりませんでした。これ以上は書きません(w


そして土曜日の昼飯は、友人のお土産の

つけめん

木久蔵ラーメン

新?バージョンのつけめんタイプです。これは思ったより…というよりフツーに旨かった

ある意味ネタにはなりませんな(笑


本日の記事は以上!











…ってなったら、ただでさえ更新頻度落ちてグズグズなのに、歯止めがかからなくなりますね(w

ということで、変な筋肉痛を引きずりつつ、虫ネタに愚図愚図と移ります



最近採れたものは

1218マンディ

ボルネオはムラトゥス産のマンディブラリスです。

既にこの種親も、フセツ4本が切れてヘロヘロですが

0903-1.jpg

ようやく成熟した♀とペアリングできました。

♂の寿命が微妙だったので、春先から少し早いかな?と思いつつ、成熟の甘い♀とかけていました。

♀の成熟が甘いと、産卵数減少・無精卵・♀の早死に等の事象につながる訳で…

ご多分に漏れず、ここまで採卵数はかなり少なかったです。

でも何だかんだと♂が生きてましたので、少し我慢して成熟させた♀とようやくペアリング。

2週間で写真の採卵数となりました。1日1個くらいのペースですかね?無精卵じゃなきゃいいんですけど…



つぎー

0903-2.jpg

タランドゥスホソアカのF1幼虫です。

今年はホソアカが不調でして、モンギローニが坊主(号泣

タランドゥスに至っては、温度管理に問題があったためか、ストックしていた幼虫のうち無事成虫になったのは3匹のみ。

結局雌雄の成熟が合わず、ブリード出来ませんでした。

でも、好きな虫だったので、勢いでWD個体を購入、ブリードした訳でございます。

今回はペアリングもせず、ただセットにぶちこんだだけ。

でも3週間後にはニョロが続々と…WD個体は楽でいいわ~♪WDは寿命の問題さえクリアすれば、問題無く産んでくれますからね

因みにセット内容は、発酵浅めのマットに、柔らか目の産卵木を3本ほど埋め込んだ、普通のキクロセットです。タラちゃんはこれできちんと産んでくれました。


そしてタランドゥスと全く同じセットを作ったのに産まなかったのはモンギローニ。そして産ませるのに苦労したのが

赤インペラ0903

インペラトールです。自前の個体ではブリード失敗したので、♂♀ともビッダで個別に入手。♂は久々に赤色を取り寄せました♪

赤の子を採りたかったので、かつ¥がかかってしまったので、にわかに気合注入!!

インペラは3♀めの挑戦でしたが、おかげでようやくニョロをGET。っても20匹程度ですけどね~。♀の産卵能力を考えれば全然ダメです

以前かインペラは上手くブリできず、爆産させた経験がありません。次回は少し湿度やマットの質を変えてみようと思います、ハイ。



続きは、菜園&水槽。

続きをどうぞ


コメント:4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。