クワガタ漬け。
2011/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2011/06


2011/05/06(金) 22:41 ノコギリ(パリー)
増種祭り、パリー君(フタマタに非ず)編
前回の記事で、北海道も暖かくなってきた。と書きましたが。


うそぴょん。


GW中、札幌市郊外の峠で雪が降ったそうな…。その日は我家も寒くて泣きそうになりました。

もう必要なかろう、と先日うかつにも家の暖房ボイラーを切ってしまったので、虫部屋の温度が急激に下がってしまいアブナカッタ




そんな中、家庭菜園用の土を耕し、先週買ってきた野菜の種の植え付けをしました。

買った種は、ミニトマト。春菊。小松菜。にんじん。葉ねぎ。モロヘイヤ。葉だいこん。しそ。きゅうり。枝豆。アスパラ。ビタミン菜。水菜。オクラ。みょうが。ほうれん草。

無いのは節操。こんなに買ってどうする…

一応全て種まきしました。ミニトマトは苗まで買いました。全てちゃんと育ったら、菜園のスペースに収まるのかどうか?

行者にんにく0505

菜園の横には、行者にんにくが自生しています。数はそんなに多くないので、数年かけて繁殖させてやろうと思います。

噂では、向かいの家の爺ちゃんが勝手に収穫していく…と聞いているので、気をつけねば

0505こまつな

そして植えつけた種。小松菜、ミニトマト、春菊は3日後には芽が出てきました。早いですね





さて、こんな感じで寒くても春は春。虫友さんから虫が色々飛んできました。

まずは関西方面から…

パリーノコ110505

赤好きという私の嗜好に合わせて送っていただいた、パリーノコギリです。なかなか渋くていい赤ですね~♪

2ペア送っていただいたうち、1ペアが既にゼリーを食べているような雰囲気だったので

パリーノコペアリング

早速同居です。でも、どうやら餌食ってるのはメスだけかもしれないな~??

他にもエラフスミヤマ、エロンガトゥス♂、食材等を送っていただきました。Iさん、有難うございます



他にも、我家の個体も成熟個体が出てきたようなので

0505-0.jpg

あー、画像ひどいな(笑

ボルネオ・ムラトゥス産マンディブラリスのブリード開始です。

血の入れ替えをしたのでちょっと心配だったのですが、ムラトゥス産の♂は赤色を維持できています。次世代にも期待です

他にもフォルスターキヨタミ、フォルフォル、メルキ、エロンガトゥスなどに羽化・成熟の兆しです。フタマタの季節ですね~

飼育熱が落ちているとはいえ、そろそろ気合を入れないといけないかもしれません

続きをどうぞ

スポンサーサイト

コメント:11

2011/05/01(日) 21:58 キクロ(オオズ系:スペキオススホソアカ)
爛漫
いやー、さすがに北海道も暖かくなってきました。

0501-00.jpg

庭に生えてきた、ふきのとうです。

我家は山のふもとに斜めにへばりついていますので、ふきのとうも市街地に比べ、少しだけ開く時期が遅れています。

あと少しで、庭にセットしてあるカマキリが孵化するかな~??

部屋にある卵がまだ孵化しないからまだかな。部屋の卵、容器にフタしてないので、孵化したらすぐ分かります(本当





そして暖かくなってきたせいか、家の中にも虫がわらわらと頻出してまして。

特に虫部屋には、ゼリー等の餌のにおいをかぎつけるのか、他の部屋には出ない虫もでます。代表例は、これ。
0501-0.jpg

ナニムシでしたっけね、これ。2週連続で現れているんですけど

乾燥して何も入って無いプリンカップに放置しても、1週間くらい平気で生きてました

この勢いで、床下からモンギローニとかボーリンとか出て来ないかな~




ということで、そろそろブリード向きの季節になってきました。

セットしている中で、インペラトールとモンギローニは、残念ながら未だニョロの姿が見えませんが

スペキホソアカ0227

スペキオススホソアカの方は、早々にニョロが出てきました。

2つセットしておりまして、

0501-1.jpg

1つはご覧のように1♂2♀、中ケースの万全セット。もう1つは余っていた小ケースと余っていたマットで1♀だけセットした気合無しセット。

結果は・・・

1♀セットの圧勝

中ケースの方はマットの発酵が進みすぎていたのかな?まあえてしてこんなもんです。





他の種も私の気合の無さを反映して、余り好調ではなく…
馬場君


馬場黄金。

産卵木には穿孔したものの、その後に試しで入れた菌床には全く見向きもせず…1ヶ月余りも底辺を徘徊していて、まるで最近のおいらのよう…


ま、累代する気無いからいいもんね!(負け惜しみ


そして最近、

0501-2.jpg

2年かけて羽化した、オーベルチュールが蛹室を脱出してきました。

52ミリほどあるので、大きさ的にはなかなかなのですが、左中足のツメがありやせん。奇形です。

そして不自然に頭が小さいような…うーん、種親に使うには少々ためらう個体ですね。

むむ~、やはりオーベルチュールはよく分からない…

続きをどうぞ


コメント:3