クワガタ漬け。
2011/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2011/03


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/02/27(日) 20:47 【終】ノコギリ(ドルサリス)
ドルサリスの累代。
虫友さんの家で、我家のより小さいカネギエーテルがいる、という話を聞いて悔しくなって。

他のカップも次々割り出してみたら

カネギ0227

殆ど大歯でした。うーん、200CCカップでも大歯出るんですね。

カネギ0227-2

でも元々が小型種なんで、サイズはこんなもんです。このサイズなのにこのフォルムはお得ですね(謎





で、割り出し癖がついちゃったので、回収して半年以上経過した、産卵木も割り出して見ました。

まあいつも通り、若干のとりこぼしニョロを何匹か回収していると

0227-1.jpg

産卵木全体が、菌に包まれて真っ白になっている袋を発見!臭い等からして、おそらくはオオヒラの菌がまわったんでしょうね。

念のため割り出してみましたが、ニョロは無し。

通常ニョロの居ない材は、マット産みの種の産卵木に転用するか、痛みの激しいものは廃棄するのですが、さてこれはどうしよう。

ということで3秒ほど悩んで

0227-2.jpg

ちょうど3齢になりたての、マンディブラリス(サバ産)のニョロがおりましたので、潜ってもらいました。

太い木じゃないので羽化までは出来ないですが、まあ捨てるよりはエサにしてあげた方が産卵木としても満足でしょう(?





そしてまだ割り出せませんが

0227-3.jpg

ドルサリスノコギリの幼虫が湧いてきました。

セット当初は♀がご乱心。無精卵を乱発していらっしゃったようなのですが、いつの間にか有精卵もばらまき始めていたようです。

発酵の浅いマットなので心配していましたが、まあ良かった良かった。

ドルサリス♂

この赤色が好きで累代続けてますが、何とかまだ累代できそうです♪



でも冬の間は産卵セットが少ないな~。産んでも少ないし。

でも来るべき春に備えて

スペキホソアカ0227

スペキオススホソアカの同居も開始しました。

既に1stセットから初齢が見え始めてますが、他にセットする種も無いので・・・。

我家の他のキクロは、次はインペラトール。その次はいよいよモンギローニです。

暖かい春が待ち遠しい!!・・・採れるかどーかは別ですけどね~(爆
スポンサーサイト

コメント:8

2011/02/13(日) 17:41 【終】ノコギリ(カネギエーテル)
おざなりに、カネギ君
おおおおおう。本日外は暴風雪なり

そんな札幌は今、雪まつりの真っ最中。

0213.jpg

メイン会場の大通りの雪像地帯は、中華の皆様を中心とした人混みが凄いので、近寄れません。

せめて雰囲気だけでも、とススキノで夫婦で焼肉食って帰ってきました。

そこそこ美味い炭火焼肉、二人で腹いっぱい食べて3300円。さて高いか安いか?

こちらの写真は、ススキノ会場の氷像群でございます。毎年、氷像の中に入っている魚やカニ(本当に入ってる!)を、溶かして取り出そうとする人が多いとか聞きますが~







で、ネタが無いです。せめて羽化個体なぞ紹介しようかと思ったのですが、羽化してくるのは

0213-2.jpg

相変わらずこんなんばっかです

あ、こりはたけろうさん血統のカネギエーテルノコギリです。本来は

カネギエーテル

こうなるべきところ、本当に申し訳ない

現在、おそらく同じサイズの個体が続々羽化中。かれら、丈夫ですね。殆ど不全がありません。

小型だからいいだろう、と200CCカップで羽化させたのですが・・・次回は同じ200CCカップで大歯を出してやる!

ブリは早くて春先かな?

ということで、ネタが無いからこれで終了~

コメント:14

2011/02/06(日) 14:17 キクロ(モンギローニホソアカ)
もんぎろうに
昨晩は、蝦夷組遅れ馳せながらの新年会でした。

場所は、いつも通りガストです!

ので、上の絵文字は完全に間違い。100%ノンアルコールでした(笑

久々に最後まで残留して、帰宅は2時すぎ。ブログUPする気力も無く寝てしまいました~

虫の飼育熱は結構下がり気味な蝦夷組ですが、それでもオフには集まるというのがいいですね~♪





ところで最近つくづく思いますが。

虫(クワガタ)が本当に好きな人とそうじゃない人って、その違いは歴然としているよーに思います




なにかの拍子でその手の話になると、本当に好きな人(滅多にいない)は凄い勢いで食いついてきます

「え?何飼ってるんですか?外国産??どれくらいの数??」などなど。

そういうノリで来てくれると、こちらも調子にのってしゃべります。かなり(笑






しかし営業に来たお兄さんやらおじさん(俺もか…)とかで「話を合わすだけ」の人は、

「昔、よく採りましたよ~」

「あ、いいなあ。好きですよ、僕」

の、後が続きません(w




妻なんて最近面白がって、中途半端に話を合わすお兄さん相手に


「じゃあ、山盛りのクワガタの幼虫、見ます?」とか言います。そうするとまー、皆さん一様に黙りますね~

私はただ黙ってニヤニヤしているだけで我慢しているのに、ねぇ。

ま、営業さんは仕方無いです。仕事ですから。そろそろ意地悪を止める様に嫁をおさえないとイカンです





さ、それはともかく虫。あ、今までの話も虫か?

0206-1.jpg

昨年もUPしてますが、こちはは「今年収穫した」オオカマキリの卵です。昨年同様、元旦に妻と二人、実家近くの川原で採集。

まさか2年連続で、元旦採集するとは我ながら思いませんでした

20分の採集で20個弱採れました。こんなに採る予定ではなかったのですが、調子に乗るとダメですね・・・





んで、本日。庭の枝に

0206-2.jpg

くくりつけてみました。

一応高さを分けて、画像のようにいずれ雪で埋まるような低い位置から、少し高い位置まで少しずつ差をつけて設置してみました。

よく野鳥が来るような環境なので、一部(大半?)はついばまれてしまうかもしれませんが、まあそれも一興ということで。

この状態で、いくつ孵化してくるか楽しみです





そして最後に、やっとクワガタ。

0206モンギローニ

先週から後食開始した、モンギローニ♀のお婿さんを迎えました。

不思議なもので、♂単品でいいや。と1月頃からビッダで♂単品の入札を試みていたのですが、ことごとく13000YEN以上まで急騰してしまい、入札断念すること数度。



今回落札した個体は、たまたま夜中に酔った勢いで、ペアに10000YENで入札した個体。そして忘れた頃に「落札決定」!

うーん、ラッキーでしょうが、やはり虫の値段はよく分かりませんな。当然ですが、落札価格は10000YEN未満です。

ということで、何故か♂単品よりお得にペアを入手できました。

0206モンギローニ2

出品者さまのご厚意で、発送にも万全を尽くしていただき、無事到着。

ブリードは3月頃を予定してますが、さてはて産んでくれるでしょうか??

初めてのブリードなので、こちらも楽しみです♪

コメント:12



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。