クワガタ漬け。
2010/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2011/02


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/01/29(土) 17:16 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
マンディブラリスの失敗。
本日は妻が外出。

嬉しいので(内緒)、YouTubeで音楽を聴きながら大声で歌いながら書いてます。

今聴いているのは、昔懐かし、イルカの「なごり雪」。年代がばれますね

外は

000.jpg

ドカ雪ですけど






昨日は、職場の友人と2年ぶりかな?温泉に


0128.jpg

行ってきました。札幌の温泉お膝元、定山渓温泉です。



この恒例の友人達との温泉旅行=麻雀合宿なんで、睡眠時間+入浴時間+食事時間は合計1時間以内と制限されています

でも数年前に比べて、メンバーは皆齢をとりました。今回はみんな妥協して、合計2~3時間になっちゃったかな?食事15分、入浴15分×2、睡眠1時間・・・約2時間か。




徹夜麻雀の丑三つ時に一番強いのは、年配の私及び同年代の友人。

年下の友人が真っ先に意識朦朧となります。今年も例年通り、その朦朧タイムに付け込んで勝ちました

やったぜ母ちゃん、宿泊費(格安、2500円w)が浮いた!!


ということで、温泉に行って疲労をどっさり溜め込んできた今日この頃です。



温泉帰りの、後輩の車のBGMがずっとAKB48だったので、今必死に口直し中

中年男性4人が乗っている車のBGMが、先月CDレンタルした(これまた恥ずかしい・・・)というAKB48・・・あなおそろし。

ただ今はチューリップの「青春の影」を熱唱中、熱唱中・・・嗚呼、やはり年代がばれる…







さ、それはともかく虫。



私の大好きなフタマタ。中でもフォルスタ、メルキオリティス、マンディブラリスは私の中でフタマタの大好き3種なのですが~

考えてみたら、マンディブラリスが一番飼育暦長いくせに、一番採卵数が少ないように思います。多分、採卵数は過去最大で60個~位だと思います。




昔は50個超えると完全に満足していたので、そこから成長してないということでしょうね~



そのマンディブラリス。かつて飼育していたスマトラ産は累代終了し、現在はボルネオ(原名亜種)の、ムラトゥス産とサバ産の2産地のみ飼育しております。

歌舞伎♂2

サバ産はこちら。歌舞●屋さん血統CBF1×CBF1で、昨年秋口からブリード開始しました。確か。

しかし、初のサバ産で興奮して、待ちきれなかったんですね。


0000.jpg

産卵する卵の6~8割が無精卵です。真っ白になっちゃう卵とかは、膨らんでも孵化しまへん。採卵していなければ、多分材のカビ等に巻かれて腐っていたことでしょう。


結局2ペアブリードして、10匹+20匹、2♀で30匹ほどしか採れませんでした。まだほんの少し孵化してきてますが、孵化割合が低すぎる・・・


恐らくは、♀の成熟が甘かったんでしょうね~大失敗の巻きでした。

不幸中の幸いは、累代分は確保できている、ということです。羽化ズレしないよう、小さな♂を出すよう頑張ります(←いつも通り



ムラトゥス1

一方で、ちょっと早いかな?と思いつつ、ムラトゥス産のブリードを始めてしまいました。

こちらの血統は赤いのだ~

でも多分、ブリードにはまだちょっと早いかも。でも我慢できない(笑

うーん、全然学習していない気がします(汗


とりあえず、BON JOVIでも聞いて気合入れますわ~。It's My Life、大音量~♪
スポンサーサイト

コメント:14

2011/01/22(土) 21:00 【終】オウゴン(ババ)
馬場のセット。
皆様、北海道の銘菓六花亭ってご存知でしょうか。

白い恋人を作っている会社とは違いますぜ。ろっ・か・てい。

有名なお菓子は、

122-00.jpg

これとか、

122-0.jpg

これとか。

個人的には結構好きでして、地元などに帰るときのお土産でも好んで選びます。そして昨年末に引っ越して少し近くなったので、最近ちょくちょくお店に行きます(だから太るんだ)

今日も嫁と二人して出かけて、店舗の2Fにある喫茶室にてしばらくまったり。

料金は二人分で

122.jpg

こんだけ(笑

資本ケーキ(誤変換)なんて1個120円ですよ

因みに一番下にある「お菓子」って、喫茶店のメニューに無い、店舗販売の肉まんを無理言って温めてもらったものです

安上がりに気分転換しつつある今日この頃~






さ、それはともかく虫です虫。

交尾させてから既に数ヶ月経過していた

馬場君

馬場君。あ、これ♂ですよ多分。

羽化は勿論のこと、交尾からも時間経ち過ぎたせいでしょう。

122-11.jpg


♀の右後足が妙な方向に跳ね上がっています

これは、穿孔するのは難しいかな~??と思っていたら

122-2.jpg

1日も経たずに穿孔しました

使用しているのはカワラ材ですので、穿孔しない場合があるようですが、ラッキーでしたね。

産んでいてもいなくても、恐らく累代終了となる予定ですが、やっぱり採りたいですね~

コメント:20

2011/01/15(土) 21:43 ノコギリ(ミラビリス)
お参り。
雪国の冬は、基本曇りの日が続きます。

そんな中、

0115c.jpg

本日は珍しく晴れてくれたので、遅れ馳せながら

0115a.jpg

地元の神社に初詣に行ってきました。

先週まではもの凄い人手だったのですが、何故か本日はガラガラ。天気いいのに、何故?


0115d.jpg

道のりは当たり前ですが全て雪道。なので、こんな感じでストック持参の方も居たりします(^_^)

そして笑ったのが

0115b.jpg

こちら。氷が張ってます(笑)手を洗ったら冷たかった~

続きをどうぞ


コメント:12

2011/01/09(日) 23:52 【終】シカ(ニセシカ:オーベルチュールシカ)
オーベルチュールは・・・
新年、明けてからはや10日。皆様いかがお過ごしでしょうか。

こちら札幌は連日、最高気温が零下で。おまけに

0109-1.jpg

先月まで少なかった降雪量が、ここ数日で爆発的に増えました。この積雪量は、先日1日・・・というより半日で降った量です。

連日の雪かきで、私のガラスの腰がぁぁぁ

いやしかし、寒いし雪まみれだし、最近は本当にすごいです…降る降らない、がどうも極端なりね。






さ、そんな極寒の地で、ひっそりと虫ネタです。

年末に作った、突貫簡易温室の中で続々と

0109-0.jpg

羽化個体が出てくるようになりました。画像はミラビリスノコ。マット飼育と見紛うがごとく、カワラが劣化しまくりなのはご愛嬌(*^_^*)

低温環境にあった今までは全く羽化してこなかったのですが、温度上げると掌をかえしたように続々と羽化してきます。今まで過酷な環境だったんですなぁ、きっと…スンマセン



他に現在羽化してきているのは、インペラトールホソアカ、モンギローニホソアカ(♂がおらん!!羽化ズレ~)、スペキホソアカ、マンディブラリス♀などなど。そして

0109-00.jpg

オーベルチュールニセシカ君。

この個体はビンに入れ替えて半年以上、食痕が見えなかったので捨てるつもりで中のマットを出したら。

ポロリと蛹が出てきてびっくりした覚えがあります

なので、マットを押し固めて人工の仮蛹室を作っておいたのです。





しかしこのオーベルチュール、我家で一番てこずっている種かもしれません。

昨年9月にセットした産卵セットですが

0109-2.jpg

こんな感じで、非常に良い形で材を齧っております。そしてなんと、♀はまだ健在だったりします。

しかし、材を割ってみると

0109-3.jpg

なーんも出てきません



このオーベルチュール。

WDの♀だと、50くらいは軽く、パカパカと産みます。非常に簡単。





でもブリード個体は、成熟を合わせるのが難しく、どうも旬の時期の見極めが難しい。

んで、苦労して産ませても、幼虫・蛹化・羽化、それぞれのステージで満遍なく不全が出たりして侮れません。

恐らくは飼育環境があっていないのでしょうけど、原因は未だつかめていません。




ということで、個人的には産卵・飼育ともに課題ありまくりの種なのであります。

まあ何となく、ブリード個体でも春先に成熟が合わさって、産卵セットできればそれなりに産んでくれる事が多いのですが、秋口以降はどうも駄目ですね~



今年はどうやら1~2ペアくらいでのブリードとなりそうですが、WD入ったら保険で買っちゃうかもな~

オーベル0404

シカの中では一番のお気に入りなんで、頑張りたい今日この頃です。




因みに余談。

0109-000.jpg

皆様もきっとご存知、ペロリアンゼリー、VN。

従来品の左側(黄色)は液ダレが多くて、すぐベトベトになっちゃうので、結構扱いづらくて。

試食してもマズかったし(本当)、個人的には安さと保存性の良さ(≒防腐剤のお陰?)だけが魅力のゼリーだったのですが。



右側の白色は、乳酸ゼリーやバリバリゼリー同様に、殆ど液ダレしません。真っ二つに割ってもゼリーはこぼれ出て来ないし、非常に扱いやすくていいですね。


ということで、近日中にまた味見をしてみます

バリバリゼリー並みに美味しいゼリーでありますように!!

コメント:18

2011/01/03(月) 22:46 【終】ミヤマ(マザマ)
明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます!

新年、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

当方は年末の仕事納め当日から風邪をひき、ひいたまま横浜の実家へ帰省。

帰省当日に友人との忘年会に参加するはずが、症状悪化により急遽キャンセル。風邪が癒えぬまま、元旦には私の実家から北海道に舞い戻り、今度は深夜車で妻の実家へ・・・

先刻、ようやく自宅に到着しましたがまだ風邪が治りません

風邪の治りの遅さに、年齢を感じる今日この頃。明日からまた仕事か~

皆様もご自愛くださいませ!





さて、年末に引っ越した新居ですが、これがまた寒い。

ボイラーを切ると室温≒外気温になりますので、年末年始の帰省、4泊5日でクワガタどもが冷凍されてしまう恐れがアリアリです。

ので、放置していた産卵セット等を次々と暴いて片付けました。放置していただけあって、成果は散々…

まずは
ファブノコ0715♀

ファブリースノコギリ・タカクワイ。

SUKANKさんから譲っていただき羽化した♀と、スグルパパさんから譲っていただいた♂をペアリングして。

11月には多量の卵と幼虫を確認して安心していたのですが…



幼虫も卵も全滅してました

考えてみれば、温度は10~15度前後で推移するような環境に置きっぱなしでしたので、それが原因なんでしょう。

まあ♀がまだ元気だったので、暖かい環境に変えて再チャレンジです

もしかしたら全滅した原因の一因は、♀が捕食していたからかも?であれば、産めるはずだ!!産め産め~!!!!(完全に責任転嫁)





そして、Iさん血統の♀と、ビッダでお世話になった方から譲っていただいた♂を掛け合わせた

マザマミヤマ

アメリカ産の可愛いミヤマ、マザマミヤマです。

2♀セットしたのですが、1セットは撃沈。コバエのみが大量にブリードされておりました




そしてもう1セットからは、辛うじて

マザマ0103-2

9匹ばかしの幼虫が出てきました。うーん、累代ギリギリですね…


しかし、産卵セットは8月下旬だったにも関わらず、得られた9幼虫全てが

マザマ0103

初齢です。

孵化が遅いのか、成長が遅いのか、両方なのか何なのか~。さっぱりわからんちん。

念のため、産卵セットのマット(コバエつき♪)は保管しておりますが、まさか卵がまだあるなんてことは・・・ねーな。

貴重な9匹は大事に育てます








さ、そんなこんなで終了&放置していた産卵セットどもを次々と片付けて、最後に保温対策=年越し準備です。

0103-1.jpg

5段スチールラックを、上面・側面・背面すべて、スタイロフォームで囲んで。

0103-2.jpg

その上から更に、アルミマットでフタをします。そしてスチールラックの最下段に

0103-3.jpg

安ーい、なんちゃってサーモ付きのパネルヒーターを置いておきました。

一応実験では、一番寒いところで10度以上、暖かいところで25度以下になるように調整したのですが、何せ簡易実験ですし、回数も少なかったので半分はぶっつけ本番。

風邪をひきながらの作業は辛かった…



本当はね。

スチールラック2つありますので、それにあてがうスタイロやらパネルヒーターやらアルミシートやらの購入費用を考えると、実はボイラーつけっぱなしで帰省したほうが全然安いんですよ、旦那。

で、将来的にはエアコンを入れたい(特殊事情により、簡単には実現できないことが先日判明)ので、それが実現すれば不要になる、この簡易なんちゃって温室。

嫁さんをちゃんと説得できれば作る必要も無かったのですが、そんなことが出来るはずもなく~

血と汗と鼻水の結晶が出来上がってしまいましたとさ




という、いわくつきの温室。今回きちんと機能したのかどうか?





・・・怖いのと具合悪いのと面倒くさいのと、でまだ見てません(笑



明日、初出勤した後にでも確認してみますわ…ズビズビ

では皆様、本当に風邪には気をつけてくださいね~

横浜は暖かかったな・・・

コメント:25



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。