クワガタ漬け。
2009/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009/06


2009/05/31(日) 02:01 シカ(ディディエールシカ)
す、すぺきッ??
人間、30代後半ともなると、いろんな事があるんだなぁ・・・と最近シミジミ思う、今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。



さて、本日(あ、日付変わってる)こんなものが着弾しました。

090531-2.jpg

川合技研という会社の製品で、ネオアイスとネオフロストという、2種類の保冷材です。ま、有名ですわね。

画像のとおり、保冷温度帯と持続時間がそれぞれ異なるタイプです。

発売元に「スタイロフォームで囲ってある温室の最上段に、発泡容器に入れて冷気をゆるやかに放出させたいのですが、御社の製品ですとどのように組み合わせるとベストですか?」

・・・とマニアな質問を投げかけたら、営業担当さんでしょうか。丁寧に、上の2つの製品を組み合わせるとベストでは。との返事を貰ったので、2ペア(表現が・・・(w))購入とあいなりました。




ま、今年からミヤマも飼育してますですしね。

空調や温冷庫のような、ベストの選択肢ではありませぬが、何も無いよりいいでしょう!!




さて、今週はお知り合いにいくつか生体を飛ばすのですが、ディディエールシカも羽化個体が多くなってきたので、飛ばすことにしました。

一部♂は、自力脱出してきております

後は♀の成熟待ちですね




で、ほくほくしながら割り出すと

090531-1.jpg

こ、こりは・・・スペキかッ??

ち、ちっさ~

でも、最近羽化した個体は分かりませんが、2~4月に羽化した個体はみんなこんな大きさでした。

うーん、これは受け取った人は喜んでくれるんだろうか??

・・・ま、我家の個体はこんなもんだ!文句あったら自分でブリして大きくしてや~!




すいません、次回はもうちっと大きくします

・・・多分
スポンサーサイト

コメント:19

2009/05/29(金) 12:14 【終】シカ(ニセシカ:オーベルチュールシカ)
おーべるちゅーる
時間が無いので短め更新~

090529-1.jpg

オーベルチュールシカの♂が無事羽化しました

昨年夏?「間もなく蛹化?」というフレーズに魅かれ、3ニョロをポチっとしました。高かった・・・

手元にあった、羽化済みの♀とかけあわようと、2♂1♀の3ニョロゲットだったのですが、結局羽化したのはこの1匹のみでしたね

しかも今頃(汗

でも♂成虫の羽化は初めてなので、うれしす!

ということで嫁さん探さなきゃ~




因みに

090529-2.jpg

久々にブツがとどきました~

中身はまた後日。意外性は無いブツですけどっ

コメント:4

2009/05/27(水) 22:00 ノコギリ(ミラビリス)
♀がいいなぁ~
我家で、僅か4匹だけ採れた、ミラビリスノコギリ

ミラビリス080902

誰が何といおうと、かっちょいい

・・・のですが、1匹落ちて現在は3ニョロしかおりませぬ。

そのうちの1匹が、先日

090527-1.jpg

前蛹になっておりました。800CCビンの半径、ほぼ一杯に蛹室を作ってますので、♂なのかな~?

♂と♀の入手しやすさで言えば、♂の方が断然手に入りやすいですから、出来れば♀がいい!雌雄同体でも・・・よくねーか。

ま、無事羽化してくれりゃ、いっす






さて、何気に産卵セットのゼリー交換していたら

090527-2.jpg

産卵セットして10日しか経ってないのに、ミニスゼッチホソアカの♀が、マットからもう這い上がってきてます。♂、メイトガード中。


通常、この手のキクロは2週間は潜りっぱなしで、産卵行動をしているはずなのに、早すぎねぇ?

090527-3.jpg

一応、側面にこんな↑感じで、材を齧った痕が見えるので、多分産んでいると思うのですがね・・・ミニスゼッチだし

と思って、何気にケースの底を見たらば

090527-4.jpg

おお、卵発見!!

膨らんでもいるようなので、これで次世代はOKですね

2♂3♀でのブリード予定でしたが、もう大丈夫っぽいので、こりゃ縮小ですな~

コメント:10

2009/05/26(火) 22:00 【終】メンガタ(グラディア)
グラディア、産卵セット
先日、カビないゼリーを探しています。と記事をUPしたところ、黒糖ゼリーが良い。という情報があり、思い出しました。

090525-0.jpg

一時期これ使ってましたね、わたくし。

メタリフェルが黒糖ゼリーを好んで食べている気がして使っていたのですが、ゼリーを何種類も使い分けるのが面倒で中止してました。今回、久々の復活です。

そのかわし。奈良オオのゼリーを使用中止しました。

よって、我家の主力は乳酸パワーゼリーとバリバリゼリーの2種類に、長期間使用のための100円SHOPゼリーの3種となります。おおそうだ、これも試食せねば・・・ん?中国製。んん~





さ、最近産卵セットシリーズが続いてますが。

クワガタ太郎さん印の、グラディア。

090525-1.jpg

同居期間、約10日間。画像のような、がっぷし四つの光景を3回ほど肉眼で確認!

よってさすがにもうOKだろうと

090525-2.jpg

♀単独で、産卵セットへ投入です!

セット内容は、マット底数センチを方詰め。その上にやや柔らかめの材を転がし、マットで埋めました。まあ、キクロのセットと同じですね。最近作るセットはこんなんばっかです



因みに、インペラトール。

インペラトール090428

セットから2ヶ月が経ち、ようやく4つのセットのうち、3つからニョロが見え始めました。

他のキクロに比べて、孵化まで時間がかかるんですかね。

これで、安心して虫友さんにもお裾分けが出来ます♪

春はやっぱり、産卵の季節ですね~。

あ、ボルネオマンディブラリスが、まだ寝てる・・・起きろッ!

コメント:5

2009/05/25(月) 22:00 【終】キクロ(オオズ系:カウピホソアカ)
200カップシリーズ
我家では、うっかり。もしくは、意図的に。


200CCプリンカップが大活躍。結構何でも羽化させてます。現在チャレンジしているのは、フォルスターフタマタの♀。一匹だけ実験中~♪でもなんだかいけそうな気がする~♪







で、いけなかった、意図的でない人たちシリーズ。

その1.

090524-2.jpg

ペレメタです。先週末羽化


その2.

090524-4.jpg

サンギレンシスのメタリ。先週初め羽化

その3.(まだあるのかッ)

090524-3.jpg

ディディエールシカです。先週末羽化


全部、早い時期に雌雄判別して、まちがいたパターンですね。あほたれ~






ということで、先週はミニサイズ個体の羽化ラッシュでした。やれやれ、こんなに同時期に羽化するとはな~





で、景気悪いので、同じ200カップ羽化でも、意図的羽化の

090524-1.jpg

カウピ君を産卵セットへ投入しました!

ま、♂は譲っていただいた個体ですので、200カップ羽化かどうか分かりません(多分違う)。



因みに、最後に200カップ個体仲間で

090524-0.jpg

どなたか、モンタネルス♀持ってませんか~(涙

既に累代には成功しているのですが、もう一回くらいブリしてみたいんですよね・・・ニョロ飛ばしすぎて、♂しか手元におらんもんで。しかも寿命が微妙に近い気が・・・。

そして最後に、我家で一番のディープインパクトミニサイズ(昨年羽化)

0901カワノイMAXチビ

スペキのカワノイ君でした~。どうだ、参ったかぁ~(号泣

コメント:12

2009/05/23(土) 20:10 【終】ホソクワ(ティビアリス)
ティビアリスのぺありんぐ
ここ数週間で、我家にとってとんでもないことが立て続けに・・・

本気で厄払いした方がいいかなぁ。しばらく落ち着かなさそうな今日この頃です





さて、最近色々な虫が羽化孵化してきてますが

090523-1.jpg


ホソアカ系が一番多いかな?


で、このカップの個体、既に羽化して自力脱出していたので、開けてみると


090523-2.jpg

あり?インペラ?

うーん、昔小学生の頃AVを見た要領で見ればそう見えなくもない・・・











バインだよ!









先週は「サバゲ♀」と書いてあったカップから、ミニスゼッチ♂が出てきたし、なんだかなぁ




そして、こやつらのペアリング開始です。

090523ティビアリス

こりは♀ですね。なんだか全体にスモークかかってる感じに見えます。ちょいと乾燥すると、こうなるみたいですね。


予定よりちょい早めのペアリングですが、まあ大丈夫でしょう!

090523-3.jpg

850カップで同居開始です。産卵セットも作らなくっちゃ!


産卵セットは、そのうちUPしますが・・・産まなかったら参考にならんですなー


反面教師にならないようがむばりまふ!

コメント:4

2009/05/21(木) 22:33 シカ(中国シカ)
しかしか。
日本全国、あちこちでインフルが話題ですね。皆様のお住まいでは、マスクマンは出現しているんでしょうか・・・

おいらは今まで世間でどんなにインフルが流行っていても、マスクしたことがありません。罹ったことはありますけどね~。あんな面倒臭いもん絶対にゴメンじゃ!






さて、最近体調不良でテンションが上がりません(ハッマスクが必要か??)。

なので(?)ネタもコレと言って無いのですが、とりあえず

090521-1.jpg

ペアリングから丁度一週間経った、中国シカが、いつまでもどこまでも仲睦まじいので

090521-2.jpg

嫉妬心にかられながら(?)無理やり別居させました

うーん、いぢわるぢゃ・・・



しかし想像以上に仲いいですね。ほぼ毎日チェックしてましたが、四六時中、メイトガードしっぱなしでした。

産卵セットは、一週間前に作って環境を慣らしておいた、普通のシカセットです。

マットの中に、柔らかめ産卵材を2本?3本?どっちだったか・・・を埋め込んでおしまいっす。

さあ、産んでくれ!頼むから産んでくれ!なんだったら代わりに産みたい・・・




そして

ディディ

次はディディかな~♪

♀がぼちぼち後食開始です。後は♂の成熟待ちですね。ちっこい♂だから、成熟は早いはずだぁぁぁ



しかし、ディディより半年以上前に羽化している

カワノイ090224

カワノイ軍団は一向にメシを食わない・・・いい加減に、起きろ!もう春だそ~

コメント:4

2009/05/19(火) 23:21 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
マンディブラリス、不調。
我家の主力であるハズのフタマタ。

その中でも一番思いいれのある、マンディブラリスですが、いまひとつ不調です。

まず、スマトラは未だ♂の後食が見られず、ブリすら出来ません。

んで、ボルネオは

090518-2.jpg

まだニョロしているのもおりますし、

090518-3.jpg

蛹になってるのもおりまふ。因みに不全でまくりで、羽パカになったり、羽化前に★になったり。上の蛹も実はアゴが片方ひんまがってます




ということで不調~



おいらがマンディブラリスに対して少しテンション落ちてるのがバレたのかなぁ??



そして、一方で先日TAR坊さんから♂をお借りしてセットした

ボルネオマンディ081016

成虫♀ですが(あ、画像は♂しかナイ)、こやつは産卵セットの中で寝てしまってます。

かくなる上は・・・

セット数を増やすか!下手な鉄砲、数うちゃ・・・●●●!!

コメント:8

2009/05/17(日) 20:59 キクロ(ペレン産メタリフェル)
2週連続。
最近暖かくなってきたので、冬季完全放置で生存が危ぶまれていた

090517-1.jpg

鈴虫が孵化してきました

あー、際限なく増えていくなぁ・・・




で、先週も日曜日にUPした、メタリフェル。

2週連続になっちゃいますが、同じ血統から

090517ペレメタ黒&紫

パープル以外が初めて出ました。一目見て「あ、色が違う」と思ったのですが、比較すると一目瞭然ですね。

左側が良く出る色の、パープル。右側が土曜日に掘り起こした、おそらくは羽化間もない、黒に緑がかかっている個体です。そして気のせいか

090517ペレメタ黒緑

他の個体より、光沢が強いです。

通常、サンギレンシス産と異なり、ペレン産は頭部までは光沢が及ばないのですが、こいつ、光沢がありやす

そして、光の加減次第なので、画像では現しにくいのですが

090517ペレメタ黒緑2

光沢の中に緑がかかって見えます。

ただ、この緑光沢。先日、サンギレンシスのこの記事で「グリーン!」と紹介したのですが、羽化から時間が経過するにつれ、その特徴が薄らいでしまい、今は余りワカリマセン

まあ多分、頭部の光沢も含めて、羽化直後によく見られる現象なんでしょうね。一ヵ月後どうなってるかな~?そのままだったらええな♪

しかし、この血統。お気に入り~♪

よし、去年以上に。増やすぞ!

コメント:8

2009/05/16(土) 10:31 シカ(中国シカ)
後手後手?
我家で飼育している種は、結構寝る種が多いっす。いや、とゆーか、殆どの種は皆休眠期間あるわけやね。

で、最近困っているのがゼリー。

一応、目覚めた時用に、怪しいな?そろそろかな?と思った個体にはゼリーを入れてあげるわけですが、まあ読み間違えることも多いわけで。

そうすっと、市販の高タンパクゼリーは、すぐカビるやら変色するやら、で駄目になっちゃいます

090516-1.jpg

我家で使用しているゼリーはこの3種。奈良オオのエッグゼリー、バリバリゼリー、乳酸パワーゼリー。

因みに、この記事で紹介していますが、全部試食済み!




どなたか、腐りにくい、いいゼリー知りませんか?




奈良オオゼリーは、多分防腐剤でも入ってんのか、日持ちしていいんですけど、まあ食いが悪いわけですよ、この3つの中では圧倒的に。おいらが食っても味はイマイチだったしぃ。

高タンパクじゃないゼリーってなかなか無いですしね。安くて安全で日持ちするいいゼリー、無いっすかね?味はこの際後回しですな・・・




さて、何故こんなこと書いたか、ちゅうと。

090516-2中国シカ

最近ずっと、「♀が後食しねぇ~!」と書いていた、中国シカ@クワガタ太郎さん印。

ゼリーは減らないけど、♀がどうも活発に活動しているように見えたので、ゼリーの種類を乳酸→バリバリ、に変更してみたのですね。

すると♀、食うわ食うわ。

♂は乳酸でも文句言わずに食ってたんですけど・・・クワガタにも好みっちゅうもんがあるんですかね?





なもんで、当然、すーぐーにー

090516-3.jpg

同居開始!おそらく、♂も♀も成熟ばっちし・・・な、はず。

前回のグラディアと同様、この1ペアしかおりまへんし、ましてやこちらはなかなか市場に出回りにくい種でやんすので、グルーガンでアゴを固定しております。

すると、同居初日から

090516-4.jpg

我家の人間界ではすっかり見られなくなった、メイトガード行為発生!!

同居後1日経った金曜夜も、同じ状態でおりました。

いい歳した男女が、一つ屋根の下、メイトガードしてて、ハ●てないワケないですよね。

ってことで、急いで産卵セット作らなきゃ~

因みに経験則上、こんな感じで後手後手で対応すると、ウマいこと行かないことが多いっす(涙

せ、せめて累代分だけでも!!

コメント:10

2009/05/14(木) 22:30 【終】メンガタ(グラディア)
グラディアぁ
くわがた太郎さん(最近、ブンブン太郎さんと改名?)から譲っていただいた

グラディア090514

グラディア君。

♀は既に後食から2ヶ月、♂が1ヶ月ほど経ちましたので、もうよかろう!とペアリングを開始しました。

で、ペアリング前に

090514-1.jpg

ででん。ひっさしブリに、ぐるぅがん!の登場です。最近は一切使ってなかったからな~

今回は失敗した時のダメージが計り知れないので、念には念を入れての登場です。

090514-2.jpg

この手のアゴの力の強い種には、中途半端な固定だとすぐ取れてしまいますので、3重くらいにグルグル巻きです。

ま、取れたら取れたで仕方ないですけど、取りあえずは気休め程度に・・・




既に産卵セットは、日曜日に用意しちゃいました。気が早い??

中プラケースに、やや柔らかめのフタマタリサイクル材を3本入れて、マットで完全埋めておきました。

まあ累代分確保出来ればOKですが、とにもかくにも初めての種は緊張しますね~



♀は元気すぎて、先週脱走しちゃったくらいですので、♂さえ成熟していれば

090514-3.jpg

すぐにあんなことやこんなことを・・・はじめて栗!

コメント:2

2009/05/13(水) 22:27 【終】キクロ(オオズ系:カウピホソアカ)
材の掘り出し。
ここ数日、ちょいとしたアクシデントでわったわたとしておりました。

うーん世の中、物事が重なるときは重なるんですねぇ・・・ちょっとしばらくバタバタしそうです




さて、そんな慌しい中、そろそろセットする虫も多くなりそうだったので

090513-1.jpg

漬け込んでいた材を掘り起こしてみました。

20本ほど漬け込んでいましたが、1本を除いていい感じに柔らかくなってます

2/3がフタマタ材、1/3がシカ材ってとこですね。これで少しはセットに使えそうです。

090513-2.jpg

とりあえずすぐには使わないので、1~2本ずつビニールに入れ、空気穴を開けた後、20度後半の温度になっている電気温水器スペースに放り込んでおきました




で、一方で先週土曜日のオフにて。

090513カウピ

Gさんより、カウピ♂を譲っていただきました!ありがとうございまする

我家と完全同血統の♂ですが、我家では出たことの無い色合いで、お気に入りです。

とりあえず今回羽化した個体は全て♀でしたので、これでどーにかこーにかペアリングまでこぎつけられました。いや~、Gさんありがとう!

でもこの手のオオズ系キクロ、産卵木無くても多分産むんだろうから・・・今回の産卵木は勿体無いから使わないでおこうっと

コメント:6

2009/05/10(日) 19:59 キクロ(ペレン産メタリフェル)
画像多め。
本日は草野球の開幕戦でした。今年は冬に少しですがジムに通ったので、少しは体が動くかと思いましたが、どうやら加齢の衰えの方が大きいようですね~、疲労困憊です





さて、今日は余りクワ作業したくないので、割り出しのみ。

最近ペレンもサンギレンシスも、メタリフェル♀の羽化が始まったので、♂はどうかな?と見てみると

090510-1.jpg

蛹化が始まってます

メタリやインペラのような、「本体より長いアゴ」の蛹は見てて嬉しくなりますね

因みに蛹。ビン飼育のときはみんな側面に蛹室作ってくれたのですが、今回のように850プリンカップで育てると

090510-2.jpg

大体、底面(側面)近く。でも、少し底面(側面)から距離を置いて蛹室を作るので、羽化してるかどうかが微妙に判別しにくいっす。

割り出して蛹はまだいいんですけど、前蛹は困るんだよな~(-_-;)

ま、それでもとりあえず目に付いたカップから、ペレメタ♂3匹、サンギレンシス♂3匹が羽化しておりました。全て完品!えがったえがった



で、折角同時期に羽化したので

090510-3.jpg

並べてみました。左が、今回もやっぱりパープルで出てきた、ペレメタ。右がサンギレンシスです。

090510-4.jpg

もういっちょ!やっぱり、サンギレンシスの方が全体的な光沢が強いですね。でも、どっちもキレイなのだ~

今回は画像多目に、アップ!

090510-5ペレメタ

ペレメタ君で~す。色はサンギレンシスより好きでっす♪特にこの色になってから、益々好きに・・・

で、こっちが

090510-6サンギ

サンギレンシスです。色は飴色、光沢が強い!うーん、これはこれで好き♪

ブリード簡単だし、幼虫も丈夫だし、多産だしかっちょいいし、言う事無いですね。インペラと並んで、キクロでは自分の中では大好きな部類です。

どうすか?皆さん、巷での人気はいまひとつですが・・・是非キクロをやってみてください!!

コメント:14

2009/05/09(土) 22:00 フタマタ(メルキオリティス)
減らない?
夜眠れない日は、よく居間や虫部屋のクワガタを覗きに行きます。

昼間は大人しくしている連中も、いつも死んだフリばかりで見ててちっとも楽しくない連中も、夜は活発に動き回ってますので、見てて楽しいですよね♪


しかし最近、昼だろうが夜だろうが、活発に音を出しているのが、ニョロ連中です。

まあそれなりの数を飼育しているせいもあって、カップのフタをリズミカルに齧る音があっちゃこっちゃから聞こえてきて、まあうるさいウルサイ。




で、今一番うるさいのが
メルキ赤2

メルキのにょろです。2齢後期~3齢初期の個体が増えてきて、まあうるさいっす。てか、いい加減カップから引越しさせろ、ちゅう話ですわねん。


で、状況を目視で軽く確認しました!

ええっとえっと、まだ軽く100匹以上手元に残っております、隊長!







・・・一時は300を越える数がおりました。もっと居たかもしらんです・・・




確か6匹くらいのメスを使ってブリードして、平均1♀から40位は採れましたし・・・最高は1♀から120個弱採卵しましたんで、そりゃ300も超えるわね。



採り過ぎですな。



採卵(産卵)フェチとはいえ、やりすぎたのでしょうか。やりすぎたんだろうな。でもきっとまたやるな。




で、近所の虫友さんには配りまくり(押し付けまくり)、あっちゃこっちゃの虫友さんにも、頼まれてなくてもおまけしたり、妻に頼んでオクでさばいてもらったり・・・



してんのにまだこんなに居る!



かと言って、誰彼構わず飛ばすわけにもいかず、さて、どうしたもんか・・・ま、何とでもなるんですけどね。

でも今年は、少なくとももうご近所さんは引き取ってくれないだろうし、さてどうすっぺか?

既に、合わないマットに投入してしまった一部ニョロが、前蛹になっている気がするのです。超小型の♂と♀が出てくる予感・・・早ければ夏にはブリ出来るかも?



でも、産みたい♀には、産めるだけ産んでもらう!これが私の座右の銘です(嘘


090509.jpg

で、先代の最後の生き残り。しぶとくまだゼリーをくらい続けるこの夫婦。430カップの狭い空間で同居させてますが、いや~、仲がよろしいですな。

そろそろ羽化後10ヶ月になろうとしてますが、まだまだ元気です。

やはりメルキオリティスは、産卵セットしている(していた)夫婦同居の方が長生きしている気がするのは、私だけかなぁ?

コメント:6

2009/05/08(金) 22:30 【終】シカ(スペキオススシカ:カワノイ亜種)
寝てます
我家にいるシカは、どれもこれも結構お気に入りですが、どいつもこいつもブリできません。

オーベルは全部ニョロだし。3齢幼虫でポチっとして、羽化間近と思われた個体は次々に蛹化不全するし。結局今でも全部ニョロ。

オーベル081213-1


ディディはそこそこの数が羽化してきてますが、♂♀ともにまだ寝てます。即ブリ個体ゼロ。
ディディ


そして中国シカも
中国シカ

秋口は♀だけ起きてたのに、今♀はまだお休み中。秋口寝ていた♂は、現在元気に後食中・・・

ん~、うまくいかんのぅ。





そして、ひっそりと2月に、無理やりペアリングさせてセットした

カワノイ090224

スペキオススシカ、カワノイ君。

セットを覗くと案の定、夫婦で爆睡中です

セットにゃ早い、と分かってはいたのですが、あの時セットできる種も少なかったし、カワノイは数もいたからな~



今回セットした夫婦(爆睡中)以外にも、確かもう1~2Prくらいはいたように思いますが、どいつもこいつも羽化後9ヶ月は経ってるのに、5月に入った今でも、全部寝てます

♀だけ、昨年の末に後食開始した個体が居たはずですが、寒さと同時にこいつらも寝たまんまですね。

うーん、もう春なのにな~


カワノイも、中国シカも、一度後食した個体でも寒くなると寝るんですね。これは果たして、ブリードの上では吉と出るのか、凶と出るのか?


どっちでもいいや!!そしてどのシカでもいいや!早くセットしたいなり!!!(ヤケ)

コメント:6

2009/05/07(木) 22:30 【終】キンイロ(アウラタ)
キンイロ病
先月割り出しを行った、ローゼンの産卵セット。

1つだけ卵を取り出して、保管しておいたのですが

090506-1.jpg

見事にホクロのよーな色になりました

日の丸弁当のように、マットの真ん中に鎮座している黒点が、かつて私があがめていた卵のなれの果てでございますです

まあ、坑道を崩している最中に、うっかり1個だけ出てきた卵でしたし、色もいまひとつだったんで、期待はしてなかった・・・いや、少しだけしてた・・・んですけどね。案の定、残念な結果となりました。

元々数を産まないことが多い、といわれるカワラ材でセットしてましたので、果たして少ないであろう卵の中に、有精卵が何個あるのか?

・・・

・・・

・・・えい!思考停止!




違うネタを記録しておきます~

090506-2.jpg

アウラタキンイロが、ぼちぼち羽化してきました。上の写真は、♂でごわすね。おそらくはノーマルな、でもパプキンより鮮やかな、グリーンの個体です。

そして羽化ズレすることなく、同じ日に♀も羽化第一号。

090506-3.jpg

これもノーマルなのかなぁ。♀は全身ブルーっぽいです。



年末から年明けにかけて、一瞬だけかかってしまったキンイロ病。

12月末に、ペアで700円という安さでつい買ってしまったパプキン。

年明け早々に、キンイロならぬオウゴンを買い、そしてその勢いのままに、1月末にアウラタをポチっとしてしまいました。

既に飽きやすい私は、パプ君からは撤退をほぼ決意しておりますですが・・・

アウラタ君はどうかな?

多分、成熟の見極めが肝なんだろうな~。ま、どの種でも言えることですけど・・・。

しかしこのアウラタ君。羽化個体を実際にこの目で見るのは初めてなので、非常に楽しみです♪

コメント:2

2009/05/06(水) 22:00 【終】キクロ(オオズ系:バインライヒホソアカ)
同じオオズですが。

久しぶりに、虫屋を2軒ほど回ってきました。やはり非常に危険ですね、虫屋に足を向けるのは・・・

あやうく、アスタコイデスノコギリWD・・・すっごい褐色でかっちょよい!!・・・を買いそうになりました。買わなかったのはかなり奇跡的です

別の店でも、台湾シカのニョロ、及びクプレオニテンスホソアカWDを購入しそうになり、本当に本当に危ない、虫屋は危ない・・・

でも血の涙を流しながら、BE-KUWAだけ買って我慢しておきました。我ながらとても偉いと思うのであります






で、我に返って我家のクワガタ

オオズ系キクロの一種、バインライヒホソアカが成熟してきました。

今回は全て、自力脱出まで放置してますし、指にがっちりしがみついてきますんで、まず成熟とみなしてOKでしょう

因みに、少し意外だったのが、同じくオオズ系のカウピとの差ですね。

カウピ081028

あ、これ、カウピ君です。昨年(一昨年?)撮影。

2月~3月にかけて、カウピ(♀しかおらん・・・)とバインライヒはほぼ同時期に羽化してきているのに、カウピは羽化後3ヶ月経った今でも、自力脱出する個体がおりまへん。

一方で、バインライヒは続々と自力脱出してきます。同じオオズなのに、この差は何なのか?

もしかしたら、生息している地域の温度差とかで、成熟期間に差が出てくるのでしょうか。にしても、今まで累代している中で、カウピにこんなに成熟期間がかかった覚えは無いんですけどね~。





で、並べてみました、バインライヒの男性陣。陣っても、2匹しか並べんかったけど(汗

090505-1.jpg

彼らは、いわゆる昼行性といわれているくせに、明るいところ・・・人前では殆ど動かない。

撮影のために掘り起こしてボードに載せて、つい忘れてトイレに行って、5分くらいかけて出産(!)して帰ってきても、何も無かったように元の姿勢でそこに鎮座しているヤツラです。

ので、撮影は楽です♪そしてその分、行動観察とか全く出来ないので、その点では飼育意欲が掻き立てられないとゆー、困った一面もありやんすが・・・


で、かれらは兄弟なんですが、赤系と黒系。オオズ系キクロにありがちな、赤黒色違いです。たまにレアカラー出たりするのかなぁ?

で、このうち早めに成熟した赤♂と

090505-2.jpg

これまた一番早く成熟した♀(同血統)をペアリング開始です。

かれらのメイトガードは、かつて見たことがありませんが、今回は見れるかな?無理だろうな~

我家のバインは2血統で、累代がF7まで進んだ血統とCB血統。

今回は両方とも羽化してますが、F7血統は残念ながら♀のみしか羽化せず、インラインが終わってしまいました。

うーんこやつら、目の前では動かないし、インライン継続も絶たれてしまったし・・・どうしよう、累代継続のモチベーションがぁぁぁぁ!

・・・ま、とりあえず産ませるか♪それだけが唯一のモチベーションだなぁ

コメント:6

2009/05/05(火) 20:59 【終】ミヤマ(カプレオルス)
小豆色。
妻の実家から無事生還!

食ってばかりの滞在で、きっときっと、今ならお得に増量中!メタボになってます・・・

そんな帰省の帰りしなに

090504-0.jpg

こんなん買いました。

イカメシ食べるなんて何年ぶりだろう・・・いや、もしかして食ったことないかも?考えてみたら、目にしたことは数多あれど、食べた記憶が皆無に近い。居酒屋で少し食ったくらいかな??


ということで、近日中に食ってみます♪







さて、帰省直前に、しばらく放置していたミヤマ三兄弟の様子を見てみました。

プラネットミヤマは、3月に底面積広めの850カップに移し変えたところですが、3齢中期くらいになっている様子。

そしてマザマミヤマ。アメリカの小型ミヤマ君ですが、こちらはまだ2齢って感じです。

最後に

カプレオルス-7

カプレオルス。同じくアメリカの小型ミヤマで、こちらは色が私好み!アズキ色です

因みに画像は、譲っていただいたIさんから拝借したもので、現在はまだ

090504-1.jpg

3齢になったばかりのようです。

ミヤマのブリードなんて、WDの国産ミヤマを放置セットで産ませた以外はやったことない・・・てか、実質的には皆無ですな。WDセットしただけですから・・・ので、非常に楽しみです。

そうは言いつつ、我家はなかなか温度管理をするには難しい環境なので、これからの季節はいい形で処遇してあげないとイカンですね。


どうしても難しそうな時は、誰かの家に間借りさせてもらおうかな??むむ~ん

コメント:12

2009/05/02(土) 18:48 【終】ホソクワ(ティビアリス)
GW
いや~、GW始まりましたね。

私は社会人になって14年目(?だったか??)ですが、GWをちゃんと休めるのは、実は今年が初めてです。

ここ数年、休める日が多くなってきたので、今年こそ!と思ってましたが実現しそうです。ウレシー!5連休~

昔は一日も休めず、深夜残業ばっかだったなぁ・・・しみじみ。






で、連休初日の本日は、溜まっていた色々な片付けなどを一生懸命しておりましたです。

クワ関連では、最近暖かくなってきたので、生体やら何やらを、適切と思われる場所へ引越しさせて、

090502-1.jpg

簡易温室に入れていた、パネルヒーターも撤去しました。久しぶりに虫部屋に掃除機もかけたし、少しだけサッパリです




で、引越ししつつ生体チェックしていると
090502-2ティビアリス

ティビアリスホソクワの♂が、活動開始しているようです

今一番ブリードを楽しみにしている種ですので、♀の活動開始が待ち遠しいですね。

この個体を譲って頂いたIさんによると、3月羽化っぽいとのことですので、成熟期間はおおよそ2~3ヶ月ってところでしょうか。

寿命が長そうには見えないので、♀の活動開始後、一ヶ月前後を見計らってブリしてみようと思います

このクワは、アゴが左右非対称、

090502-3ティビアリス

足が途中から赤くて、上翅がキレイな茶色の素敵なクワガタです♪



しかし、我家には本当に色虫しかいないな~

このティビアリスも、黒かったら多分飼ってないし、マンディブラリスとかも赤い方が好きだしやはり好みの傾向は変わりませんね~


さて、明日は妻の実家に行くので、いい加減に夏タイヤに履き替えなきゃ(汗

これから、タイヤ交換に行ってきま~す

コメント:8

2009/05/01(金) 00:49 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
誤算だ!
体は疲れているのに、何故か寝付けない~






ので、予定外に深夜にひっそりと更新です。


最近、色々なマットを用途別に取り寄せています。先日届いたのは、産卵用にと発注したマットなんですが

090501-2.jpg

開けてびっくり。完全乾燥、未発酵です

微粒子粉砕マットなので、多少の水分を含んでいれば一次発酵してるだろーとたかをくくっていましたが、完全に乾燥してますね

ということで、このままだと使いにくいっすね~。手間かけるの面倒くさいな・・・たいした手間じゃないんですけどね。これが誤算その1.





で、水曜日がお休みだったので、普段チェックしてないニョロのカップをチェックしてみたらば

090501-3.jpg

愕然!

テーブルからまいたけが生えて・・・た訳じゃなく、なんとパプキン、孵化後3ヶ月で既に蛹化・前蛹です。

しかもこれ、仮保管用に60CCカップですがな~

は、早すぎ!!(交換タイミングが遅すぎる、とも言う)

うーん、これ、無事羽化するんだろうか・・・。でもまぁ、試しにこのまま放置してみっか。数も豊富だし(飼育者として良くない発想です




で、誤算続きで気分的に余りよろしくなかったので、

090501-4ミニスゼッチ

せめて少しは前向きに。

ということで、ミニスゼッチホソアカのペアリング開始です。

さるお方の情報では、インラインを重ねるとホワイトアイが結構な確率で出現するとのことですので、とりあえずそれを実証したいがために!今回も累代継続です


といいつつ、まだニョロも採れてないしぃ。

採れたとしても、まだCBF3なんで、まだまだ累代数は足りないしぃ

しかし、とりあえず次世代に向かって、ホワイトアイ(実は好きじゃない)に向かって、実験開始ナリ!!

コメント:18