クワガタ漬け。
2008/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008/11/30(日) 23:00 ノコギリ(ミラビリス)
ショック~!!
ささやかに、里親さん募集してます。詳細はこちら

応募いただく際は、こちらの記事にコメント入れてくださいね。今日の記事へのコメントでは、里親応募にはなりませんので~(さっき決めた)。でないと管理できねっす~






さて、ミラビリスノコギリの割り出しをしてみました。
ミラビリス080902

私のだいっ好きなクワガタの一種です。

で、現在既に★になってしまった♀のCBセット(♀F2×♂WDF1)と、同血統(F2×F2)のセットと2セットあるのですが。


CBセットはセット解除後随分経つので、割り出してみると・・・結果・・・惨敗!しかもどーやら、原因はいらの管理っぽいのです、よよよよ・・・

産卵木には、
081130-1.jpg

こんな

081130-2.jpg

表皮をめくると

081130-3.jpg

埋め戻しがはっきりわかります。

こんな感じで産卵痕がはっきり見えていたし、前回ちょっとだけ様子見たら卵とド初齢が見えてあわてて中止したくらいだったので、「うひょひょ、何匹出てくるかな??かなかな????」と、割り出し前は結構舞い上がっていたのですが・・・

割り出しても割り出しても、ニョロの姿は見えず。

見えるのは
081130-4.jpg

こんなのや

081130-5.jpg

こんな感じの、食痕のみ。

これらの食痕があるってことは、初齢~初2齢までは孵化個体が元気にしていた証拠ですよね。

実際、一匹だけマットから回収して、現在プリンカップで飼育しているニョロは既に2齢になっているし、そこそこの大きさのニョロが出てきてもおかしくないのに、何故??

原因はなんなんでしょうね。

材?・・・材はカワラ材なので、そうじゃないぞ、と。

考えられるのはなんでしょうね。温度?寒い時期は10度後半でしたから、それかなぁ。

もしくは、産卵木+マットをビニールに入れて管理していたから、酸欠に??でも、空気穴空けてたし・・・

いずれにせよ、前回卵とド初齢を回収しておけば良かったと凄い後悔しました。

んん~、残念!

で、完全に諦めてかなり割り出しが荒っぽくなったところへ
081130-6.jpg

一匹だけ、生存者確認!たたた、隊長!いました!せ、生存者ですぅぅぅぅぅぅ~!!!!





ふう。

結局この血統は2ニョロだけになりそーです。

んん~、大事にせねば・・・!

ということで、おそらく管理が原因の大惨敗でございました。またもや反省・・・大好きな種ほど最近うまく行かないのは何故・・・?
スポンサーサイト

コメント:12

2008/11/30(日) 00:17 【終】キクロ(イグジミウスホソアカ)
里親さん募集~
メルキオリティスの
メルキ赤2

ニョロが沢山採れましたので、里親さんを探そうかな、と思います。

大げさにやるつもりはないので、ささやかに・・・。ご興味あればどうぞご応募ください♪概要は下記のとおりです。

【応募要領】
1 応募資格
 ①20歳以上の方
 ②ブログかHPをお持ちの方
 ③転売なぞしないでいただける方
 上記以外は特にありません。大事にしていただければ飼育報告等も不要です。

2 応募期間
  11月30日(日)~12月13日(土)

3 応募方法
 期間中に、私めのブログ記事に
 ①お持ちのHPかブログのURLをリンクし、HNを入れていただいた上で
 ②「応募しまっす」という旨のコメントを入れていただければOKです
 ※送料のみ、ご負担くださいね。着払い発送となります。


【里子に出す個体情報】
1 種類
 メルキオリティスフタマタ(Hexarthrius melcyoritis )

2 産地
 ミャンマーサガイン

3 累代
 CBF1(CBF1×別血統CBF1)

4 孵化
 08年10月末~08年11月中旬

5 状態
 初齢後期~初2齢



上記の内容でご興味ある方は、手を挙げてくださいね~。

赤くて流線型で、かっこいいクワガタですよ!

ニョロは丈夫だし、飼育は容易な方だと思います。知名度の点が難点ですけどね。かっちょいいと思うんですけどね~

ということで、特に宣伝する気も無いので競争率は低いと思います。

とりあえずお一人のみ当選予定ですが、多数の場合は増えるかも?ま、気分でやってますのでその辺はテキトーに・・・。

てか、応募者いなかったりして。ま、その時はその時・・・


さて、一応このブログは飼育記録ということでやってますので、累代終了記録をば。

イグジミウス081023

イグジミウスホソアカです。

手元の新成虫の大半を飛ばし、手元に残ったのが2♂2♀。

で、ペアリング開始しようと思ったら、恐らくこの寒さのせい?♀が激弱りでヘロヘロでした。

それでも11月上旬に産卵セットに1♂2♀同居のまま放り込んだのですが、予想通り。

本日29日にセットを暴いてみたところ、♀二匹とも★になってました。♂は元気なんですけどね~

ということで、ニョロ産ませた後に累代中止する予定が、強制終了となりましたとさ。

しかし寒い時期は特に、この手のキクロ突然死が多くなるな~。プルケルスもメスがバタバタ逝っちゃったし。

種によって管理温度も違うから、気合入らない種は削減しないとダメですね

反省!

コメント:12

2008/11/28(金) 22:30 フタマタ(メルキオリティス)
やったど~!
今年生まれの、メルキオリティスにょろ達が、早いやつでそろそろ孵化後3ヶ月近くになります。

ここまで90CCカップで引っ張ってきたので、様子を見てみると

081125.jpg

皆さん2齢になってますね。ってことで、そろそろ送ればせながら引越しかな?

上の写真みたく、フタマタ特有の坑道食いしていると、「ああ、快適に過ごしてくれてるのかな?」なんて思ってしまいます。

まあ、一番は部屋を作って居食いしているパターンなんですが



で、この日記で紹介している、メルキの超優秀な娘さん。

ついに、信じられませんが、産卵数がとうとう100個を越えました!

うーん、エヴァのシンクロ率のようだ・・・暴走気味だし・・・


ここまでの累計は

(1)9月18日、10個【累計10個】
(2)9月22日、8個【累計18個】
(3)9月26日、9個累計27個】
(4)9月29日、3個【累計30個】
(5)10月1日、7個【累計37個】
(6)10月5日、8個【累計45個】
(7)10月8日、5個【累計50個】
(8)10月11日、9個【累計59個】
(9)10月13日、2個【累計61個】
(10)10月15日、3個【累計64個】
(11)10月18日、6個【累計70個】
(12)10月21日、5個【累計75個】
(13)10月24日、7個【累計82個】(結婚10周年の日にも採卵!!)

です。

うーん。われながらなかなかの採卵頻度だ・・・暇なのか??

で、続きは

(14)10月27日、5個【累計87個】(妻の誕生日にも採卵!!)
(15)10月30日、6個【累計93個】
(16)11月5日、5個【累計98個】
(17)11月10日、3個【累計101個】(帰省したその日に採卵!!)
(18)11月20日、5個【累計106個】
(19)11月23日、2個【累計108個】

あ、随分前に100個越えてた

2ヶ月で100オーバー。一ヶ月50個。んむ~

でも、ここまで来ると、自分の個体管理にちょっと自信がなくなってきました。

本当にこれ、1♀で産んでいるのかなぁ・・・?途中で取り違えたりしてないのでしょうか。多分そんなことは無いと思うのですが・・・ともあれこの産卵数は、本当に信じられなくて。


本当は産卵終了するまでUPしないつもりでしたが、ついついUPしてしまいまひた。


因みに我家の平均は1♀で40前後です。この♀だけ、孤高の頂を極めております。もうどこまでも突っ走って~!!

コメント:5

2008/11/27(木) 20:05 クワガタ全般
お早いご帰宅で。
今日はある虫友さんから虫を譲ってもらうかたわら、プチオフの予定でしたが。

何だかトラブル発生とのことで、虫の受け渡しだけして帰ってきました

残念ですが、お陰で?早い帰宅となりました。あ、TVでロバートが蜂食ってる・・・



で、帰宅途中に、最近行こうと思っていて実は行けていなかった、古本屋?さんへ立ち寄りました。

入り口には「2F 昆虫 植物・・・」と案内表示のある、なかなか素敵なお店です。

で、2Fに足を運んだら
081127_1902~01

というフダがかかっているので1Fに戻ったら

「すいませんね~、実は中に人いるはずですので、勝手に入ってみてください」

な、なんじゃそれは・・・






中に入ると、確かにうずもれた山の中に、一人だけ店員さんがいました。

当然のごとく虫のコーナーへ行きましたが、足の踏み場もないほど本がうず高く積みあがっているので、どこに何があるかさっぱり分からない・・・

私「ひょっとして、たな卸し中ですか?」

店員「いや、別に。これでも整理しているんですけど、次から次へと在庫が増えちゃうんでね、追いつかないんですよ・・・」




数年前来たときは片付いてたんだけどな~。すっかり様変わりしてました

で、閉店まで30分も無かったし、全く選べる状態ではなかったので、何も買わずに・・・

081127.jpg

これ以外は何も買わずに帰ってきました

発行年月日はええっと、2000年、2002年、2006年っと。しかも全部古本じゃないから定価だぞっと。

古かろうがなんだろうが、ちょっとだけ立ち読みしたら面白かったのでつい買っちゃいました。


次はもっと時間かけて見に行こうっと・・


あ、虫ネタ無いっすね。でも、ま、いっか~


この書店、札幌駅から十分徒歩圏内ですので、皆様機会あればゼヒ。

コメント:9

2008/11/26(水) 22:30 キクロ(ペレン産メタリフェル)
ペレメタ

職場でこんなもの貰ってしまいました
081125-0.jpg

定時後の職場に変な声が聞こえると思ったら、この電卓でした。

笑えるのが注意書き。

081125-00.jpg

「24と押す場合は、3の倍数ですが2と4の音声が鳴るだけで、あほな声の音声は鳴りません」

そりゃそうですわな~











はて。そりはともかく、めたりふぇるでございまふ。




同じメタリフェルなのに、我家ではペレン産は特別望んでいないのに、爆産。

サンギレンシスは沢山産んで欲しいのに、いつも20前後のしょぼい数しか採れません。何故?

081020サンギ2


キクロの爆産記録は、サンギレンシスの90個前後(詳細忘れた)なんですけどね~。

あれは昨年の春か?それ以来、爆産はないなぁ・・・。





で、一方のペレン産。

期待のパープル血統の子孫が

ペレメタ080913-5

アウトライン2♀、インライン3♀でつけたところ、都合300匹?以上採れたような気がします。まだ割り出してないケースもあるし、何だか結構とんでもないです。


小ケースで、割り出し→再セットを繰り返して、この数になったわけですが、マットは古いし材ももう無いし、環境劣悪なのにまあよく産んでくれました。



で、集大成。



♀の産みもSTOPしたっぽいので、余生を送らせよう。と、♀3匹を、生き残っているチビ♂と2週間、なんと300CCプリンカップに同居させておいたところ・・・

♂が大ハッスル。

♂も♀も符節飛んでいるのに、交尾しまくっていたので。

081124.jpg

最後だぞ。

とつぶやきつつ、何度目になるかもう分からない、小プラケでのセットを組んであげました。

さあ、まだ搾り取れるかな~?1♀に限っては、符節一本しか残ってないんですけどね・・・。



そして別血統、ツヤ消しブラック。
ペレメタ080913-2

こやつのインラインとアウトラインもいたりする、どこにでもあるようなニョロだらけの我家なのでひた


コメント:5

2008/11/25(火) 22:30 【終】フタマタ(マンディブラリス・スマトラ)
菌糸の効果は・・・?
週末、放置しすぎていたマンディブラリスの菌糸ビン、マットビンの交換をば、しまひた。

081123-1.jpg

菌糸は我慢して、詰めてから一ヶ月ちょい経ってますし、こんな感じで回っているように見えるので、もうよかろうと。

こやつらを引越しさせたわけです。
081123-3.jpg

で、結果は、というとですね。


平均、25グラム。


ええそうですよ、大きくないですよ。


菌糸に入れていた個体の大半が、こんな感じで
081123-2.jpg

上半分、ひどいやつは上の1/3くらいだけ食っているだけで。

み~んなフタの下に鎮座しておわしました。あー、いくらフタマタによくあるとは言え、菌糸の中で居食いして欲しかったなぁ。


で、最大の個体は、というと
081123-4.jpg

マット飼育していた個体、27グラム


んん~、菌糸の個体はすでに黄色くなり始めているのに、このマット個体はまだまだ伸びそう。


手間をかけた個体が大きくなる訳じゃないのは確かですが、なんだかな~


ところで、入れ替えを終えて、主の居なくなった菌糸ビンの中身は

081123-5.jpg

こんな感じで、中心部はまだまだ食えそうです。ごくっ


他の種の幼虫に与えたり、使いまわし出来ないかな~。出来るはずだよな~。

コメント:6

2008/11/24(月) 22:59 クワガタ全般
生体の輸送、その後

こんな記事を見て、ときめいてしまった私・・・な、何の?って。








それはさておき、本題。ええ、まず結論から。

おかげさまで、生体は無事でした。とりあえず、えがった!




前回の記録からその後。

「荷物は、月曜日午前中に着くようです」の連絡。

そしてそれが「やはり、午後のようです」「夕方になるようです」と延び延びになったので、すっかり諦めていました。やはり陸送はアテにならないのう・・・

で、家で連絡を待っているのが阿呆らしくなり、買い物へ。

そして帰り際に受け取ったのですが、なんと3匹の生体全てが無事でした。何故?到着→受け取りまで、2時間少々かかったので、仮死状態から復活したんでしょうか?

原因はさっぱり分かりませんが、まあ結果オーライっちゅうことですにゃ









その後、今までやりとりしていた、郵便局の課長代理さんと連絡を取りました。

確認できたのは、前回情報の修正も含め、下記のとおり。Q:わたし、A:郵便局





Q:全部無事でした。不思議です。陸送の場合、トラックは温度管理しているのですか?

A:していないはずです。でも無事で何より(かなりホっとしていた)。

Q:興味本位で聞くんですが、昆虫生体という表記で、以前航空便でトラブルとなったというのは、どういうことだったんでしょう?

A:航空会社が引き受けてくれないんです、あいまいな表記だと。「旅客に、悪影響を及ぼすおそれがあるから」ということで。
で、昨日お話した内容がちょっと違ってて訂正なんですけど、「昆虫生体」はまずいけど、ちゃんと「●●クワガタ」「●●カブト」「鈴虫」とか書いてくれれば、その恐れナシということで、航空便OKになるようです。

Q:え?本当ですか?でも、今回の荷物は、「昆虫生体」の横に「●●クワガタ」って書いてありますけど

A:ええ、それがですね、お恥ずかしい話。大阪の仕分けで何の事か分からなかったそうなんです(要はマニアックだったのね・・・)。
だから念のため、ということで陸送になったみたいで・・・送り主の※※さんからも、お叱りを受けました。「調べろよ!」って。確かにそうですよね、ハイ。でも、通常なら大丈夫みたいですから。




てなやり取りがありました。

うーん、伝票。ますますちゃんと書くべきかどうか迷う情報ですね。

伝票に、見慣れない名前の生体書いてあって、ちゃんと調べる局員ってどれくらいいるんだろう?多分余り居ないだろーなー。と思うのですよ。

凄く有名なカブクワならちゃんと書けば届きそうですけど・・・って、興味無い人が仕分けしてたらそれだけでOUTだな~。その確率は凄く高いし。

ま、今回は生体が無事だっただけヨシとしますか。いい勉強?になったし。

ということで、報告完了です!

おお、2回連続画像無しだ。めずらすい。ではでは~

コメント:5

2008/11/24(月) 01:33 クワガタ全般
生体の輸送。
先日のオフにて。


「最近、ゆうパックに品名を『昆虫』とか『生体』と書くと、陸送されるらしいよ」


とのお話がありました。


分かりやすい伏線ですが・・・


今回、我家もその口にハマってしまいました。





久々にある生体を送ってもらい、夕方(17時~19時)着とのことだったので、外出を切り上げて待っていたのですが。


嫌な予感がして18時頃に輸送状況を見てみると「13:50 仙台通過」と表示されております。


この瞬間、オフのときのコトバが頭をよぎりました。


13:50に仙台じゃ、当日中に札幌に着くわけないですね~


で、その後郵政のフリーダイヤルに、状況確認と原因について問い合わせ。(郵政)「調べてみますね。分かり次第、お電話します」で一旦終了。


並行して、送り主さんに伝票記載内容を聞いてみると、案の定「昆虫生体」と記載していたそうです。


その後、荷物引き受けをした郵便局の課長代理さんを名乗る方から電話報告があり、下記の報告がありました。


●通常であれば、翌日に到着する荷物である。
●しかしどうやら、大阪で仕分けしている時に、「生体は航空便にのせるべからず」という通知に従い、陸送に切り替えたと思われる。それしか考えられない。


この後のQ&A。Q=わたし、A=郵便局課長代理さん。

Q:事情は分かった。2つ教えてほしい。一つは、いつ札幌到着予定か。もう一つは、今回の事態で荷物の中身に事故があった場合、補償の対象となるのか。

A:明日午前中には着くと思う。補償については、生体の輸送についてはそういうリスクがあることを承知してもらっているはずなので、応じられない。
今回の対応は、以前生体を空輸して事故が発生したことで、「生体は陸送するように」という通知が出ているから行ったものである。理解してほしい。

Q:送り主は、そのような説明は受けていないと言っている。また以前、今回同様に「昆虫生体」と記載して北海道に荷物を送った際は、ちゃんと空輸されて翌日着できている。つまり、その対応は統一的ではなく、バラバラなんですよね?
統一的なら、我々もそれに応じた対応をとるのに、バラバラに対応されてそれに対して説明も無い。それでも補償の対象にならないのは何故??

A:確かに対応は違うかもしれないが、生体の安全を考えての対策なので・・・

Q:今回は、延着することで事故のリスクがあがるんです。24時間以内なら、保温対策の範囲内なので問題ないが、それ以上だと恐らく事故になります。今回は多分もうだめです(若干フカシ)。生体の安全のとり方は色々ですので、勝手にされると困ります。これでも補償対象になりませんか?

A:分かりました。補償対象として取り扱うようにします。


こんな感じでやりとりしました。


最後に、荷物は私の自宅宛でなく、郵便局留めに変えること(輸送リスクを軽減するため)。及び、郵便局に届いたらすぐ連絡くれるように頼んで、一応やりとりは終了しました。



ということで、冬季に輸送にはゆうパックが便利なのは間違いないですが、このようなデメリットもあるのですね。空路利用の遠距離輸送の場合は・・・。


品名に正直に「昆虫生体」と書くと、陸送による延着のリスクが上昇する一方、補償の対象にはなります。

逆に、私が発送するときのように「ガラス細工」「精密機械」などで記載している場合は、延着のリスクが軽減される一方、補償の対象外になります。

どっちがいいんですかね~

ま、事前に郵便局に、送り先住所への輸送方法を確認の上、ラベル標記を書き分けるのが一番なのかな。めんどっちいけど。



今回はこのような状況なので、生体が無事かどうかはかなり危ういです。本州から札幌まで一貫して陸送ってことは、その間ずっと外気温とあまり変わらない状況に置かれているってことですからね。


ってことは、多分だめだろうな~


ということで、本日のネタは余りめでたい話でもないのですが、一応皆様への情報提供も込めて詳細に記載してみました。


皆様もお気をつけくださいませ・・・!おいらの休日を半分返せ~

コメント:8

2008/11/22(土) 12:18 キクロ(タランドゥスホソアカ)
たらんドス。
部屋を少し片付けていたら。

妻の友達が、少し前にとお土産にくれたという

081122.jpg

目黒のデートスポット、目黒寄生虫館の寄生虫立体シールが出てきました。

素敵ですね~ナイスセンスですね~

因みに、我家には、同じく目黒寄生虫館で購入した「立体・サナダムシTシャツ」があります。

購入後既に10年ちかく経過してますが。

もったいなくてまだ着てません・・・だから今どこにしまったかワカラナイ






さて、ちょっと待ちきれなくて、タラはタラでもタランドゥス。

タランドゥスはタランドゥスでも、タランドゥスホソアカ!の♂が羽化したっぽいので、暴いてみました。

すーるーとー
タランドゥス081122

出てきました!良かった、完品です。

しかも、羽化ズレせんように!と、430カップ(底面積広め)で飼育していたのに、こぶりながらも大歯型です。

♀は200カップで羽化させたし、経済的♪んん、いい子ですね~

タランドゥス081122-2

フォルムは、ミニスゼッチホソアカを少しスリムにして、アゴが細く長くなったような感じです。

色合いも近いかな?ミニスより少し光沢感があるようですが、後翅の色とかは同じようなクリーム色だすな。最近この色も結構好き。

ちなみにこちらは↓これはミニスゼッチ。
ミニスゼッチ

これでどうにか、唯一の♂を確保できました。

後は♀ばっかなんで、大事にしないといけないですね~

しかし、真冬のブリードか・・・やや自信無しですが、がむばりまふか!

あとは、我家のキクロでそこそこ発生する突然★だけ、起こらないように祈りつつ・・・後食を待ちまっす!!

コメント:4

2008/11/21(金) 00:12 フタマタ(フォルスター/キヨタミ)
新記録?
すっかり札幌は冬景色です。

昨晩は飲み会だったのですが、帰るときはもう寒い寒い

小島よしおだったら10秒で凍死するような気温でしたね~

そして今朝起きたら一面雪景色・・・

このお方でも見習って頑張って冬を過ごしますかね。




ということで、冬です。

我家の、寒さ未対策の虫部屋も

081120.jpg

厳冬です

やばいですね。フタマタはともかく、キクロ幼虫は★になる温度です。

早急に対策を立てなければ~




で、寒さに伴って、好きな採卵も微妙にテンション下がっています。

従来は、週に2~3回。10個くらいあるフタマタ産卵セットを全て採卵していたのですが、今では週に1回、多くて2回です。




んん~、少ない・・・?




で、新記録というのはですね。

まったく産んでいなかった、フォルスターの

フォル080824

♀のセットを、電気温水器の仮温室に移動させたら。

2つのセットで、それぞれ10個前後の産卵痕発見!

うっひゃ~、よしよしよしッ!!



と思って採卵しましたが。



結果。



1つ目のセット。全て空掘り。




2つ目のセット。多分、全部無精卵



さ、寒すぎる・・・


一応孝行娘が2匹ほどいるので、自己累代分は確保できたとはいえ・・・


やっぱこいつら、わかんね。

喜んだ反動で、すっかりテンション下降したので、産卵痕の画像なんてものは一切無いのだ!

コメント:2

2008/11/17(月) 22:22 【終】シカ(ニセシカ:オーベルチュールシカ)
非常に微妙。
昨日は、Iyouさんが利尻から出張してきたので、久々の大人数オフでした。

面白かった~

因みにIyouさん、お土産は

081117-0.jpg

好評でしたよ~。有難うございました






さて、そのオフの最中。

T様より「そういえば、オーベルチュールはどうですか?」といわれて、割り出してないことを思い出し。

帰宅後に割り出してみました~




ええっと、結果。微妙。






まず、マットから一匹。微妙。

そして材を割ってみると、期待していなかった、フタマタのリサイクル材から
081117-1.jpg

二匹。これまたびみょ~

で、期待していた、齧りまくっていたバクテリア材からは・・・ゼロ!




うーん、前回割り出しの1匹と併せて計4匹です。

今回割り出し途中に

081117-2.jpg

卵をいくつか見つけたので、どうやら無精卵が多かったのでしょうか。既にセット解除してから2ヶ月以上経ってますからね・・・多分ダメなんだろうな~


でも一縷の望みを託して、全部は割り出さずに材は2/3ほど残してセットに戻しておきました。


セカンドセットでどれくらい産んでいるか分かりませんが、せめて二桁は欲しいところですね・・・・


まあ既にオクで別血統の幼虫を2血統入手しているので、累代はなんとかなりそうですが~

コメント:7

2008/11/16(日) 00:53 クワガタ全般
こんなのはアリですか。
いや~、ここ最近寒いですねホント。今日はタイヤをスタッドレスに換えてきました。まだちっと早いかな、とは思いましたが、冬支度開始です。


最近のこの寒さのせいで、フタマタ卵の孵化にも時間がかかるようになってきました。

メルキやフォルは、秋口くらいなら採卵から3週間~一ヶ月で孵化するのですが

081024.jpg

この寒さだと、一ヶ月を越えないと孵化しないですね~

各種の前蛹&蛹たちも、なかなか大人になってくれないし・・・

早く春が来ないかな~ おっ、まだ冬も来てない??




で、最近は溜まりにたまっていた、マット交換作業をしています。まだ目標の2/3しか出来ていませんが。


で、ご紹介したいマットが。

080914-4

このマット、某大手メーカーのマットでして。

ゼリーを大量購入したついでに、ものは試しと追加購入したものです。

で、到着しばらくはすっごい発酵臭。すっぺ~

で、このマットで産卵セットを組んだらば。

確か6つほど、各種のキクロのセットを組んだのですが、一ヶ月もしないうちに採れたのは♀の亡骸のみ。

念のため保管していたマットからは、インペラの幼虫がわずかに2匹だけ出てきました。



で、産卵セットには使いにくいと思ったので、じゃあフタマタの幼虫の餌にでもすっぺぇ。と思って先日マットを見てみると

081115.jpg

あああああああああああああああ。


あーおーかーびー


AH!OH!CAR!BEE!!!!!!!!!




マットの表面にアオカビ生やしたのは、はるか彼方昔に、使い古しのマットをレンジでチン!として使いまわして以来です。

いや~、懐かしいなぁ。ほのぼの







・・・なワケないだろっ

まあ通気があまりよくない状態だったのは確かなんですけどね。

使い方や保管方法で結果も変わってくるんでしょうが。

でももう買わない、コレ・・・

コメント:19

2008/11/12(水) 22:22 【終】シカ(スペキオススシカ:カワノイ亜種)
だっはぁぁぁ!
や、やられた~!!!


タイミング良過ぎて思わず笑ってしましました。

昨日UPした、スペキオススシカ、カワノイ亜種のチビギネス~

081112-1.jpg

更新!!





・・・はぁ

♀だと思って200カップにいれてて、さあマット交換と思ったら結構日数のたった蛹が出てきましたとさ。




そろそろこの手のネタから卒業したい




さて、北海道はすっかり冬の様相を呈してきたので、

081112-2.jpg

我家の簡易温室、電気温水器スペースに、一部産卵セットを中心に引越ししました。


電気温水器って、深夜の待機電力で湯を沸かすので、夜中に温度が上がるはず。


で、日中下がって・・・というサイクルを繰り返すはずなんですが、いままでは何度か温度計を目視でチェックするだけで、最高と最低が何度なのかさっぱり分かりませんでした。


で、早速デジタル温度計をセットしたらば
081112-3.jpg

1日セットして。

スペースの中段の最高温度が25度ちょい、下段が22度ということでした。最低温度はそこから-3度くらいですね。


ということで、十分温室としては使えそうです。


ああ、しかし何買いても・・・チビギネス・・・ああ・・・1日で更新・・・嗚呼・・・AHHHHHHH!!

コメント:3

2008/11/11(火) 22:22 【終】シカ(スペキオススシカ:カワノイ亜種)
チビ
実家から帰ってきました~

結局食ってばっかりの帰省でしたが、帰る前に駅で
081111-0.jpg

大好きなシウマイ弁当をば。帰省するとほぼ必ず買います。地元でプロ野球観戦していた時は、この弁当か吉野家の弁当でしたので、ヒッジョーに懐かしい。

前回帰省のときは、2個いっぺんに食って具合悪くなったな~。

ちょっと安っぽい(?)けどウマいっす!!




で、帰ってきて、お土産に貰った
081111-1.jpg

ジャンボ駄菓子を食す、っと。東出残留記念(あ、分からない方はスルーしてください)なのでいくら食ってもOK~


そう、こんな生活はきっと、間もなく出るであろう人間ドックの結果が来襲してくる日で終わる・・・きっと・・・




さて、家に着いたら
081111-2.jpg

こんなものが届いていました。最低最高温度記録機能(漢字ばっかだ
つき、デジタル温度計です。

これで、我家のクワ部屋・・・北海道なのに常温管理・・・ほか、飼育状況を確認してみようかなぁと。



で、最後に、羽化個体割り出しにて。
081111-3.jpg

チビギネス?

32ミリのスペキオススシカ、カワノイ君が出ました~

最後に使ったマットが本当に合わなかったんだな・・・

コメント:6

2008/11/10(月) 22:00 キクロ(ギラファホソアカ)
累代終了種ラスト(?)
累代終了種、多分ラストは、ギラファホソアカです。

ぎらふぁ1

スペキオススホソアカ同様、かなりお気に入りだったのですが・・・

彼らも何故か、ペアリング前後で次々と★になってしまっていました。原因不明~

スペキオススもそうですが、個体数が比較的多いのに、何故か産卵セットまでなかなか辿り着けません。セットしてもすぐ★になってたし・・・




こちらもなかなか出回る種じゃないですけど、まあ機会あればリベンジしたいですね

一応、虫友さんと交換した♂のみ、我が家でひっそり生きていますが、そろそろ寿命だろうし。ぶぶぅ




因みに、今まで紹介したグラキリスノコギリ、スペキオススホソアカ、ギラファホソアカは全て能力不足で累代終了したのですが、このほかにも来年早いうちに、自発的に終了させる種を幾つか出すつもりです。

キクロを中心に、ちょいと種類と数が多いので、やむなしですね~

コメント:2

2008/11/09(日) 22:01 キクロ(オオズ系:スペキオススホソアカ)
累代終了種その2
発見。実家神奈川、東京でも雪虫を発見しました!

子供時代にも見ていたはずなのに、何で思い出せなかったんでしょうね。普通に飛んでいて驚きました。




因みに楽しみにしていた草野球は、雨天中止・・・飲み会のみに化けました








さて、本日も累代終了種の紹介でごわす。

NO2は、お気に入りだったのに~

スペキオススホソアカです。
スペキオススホソアカ081008

オオズの中でも立派なフォルムに惚れて、「これはいいぞ!」と思っていたのですが。

手元の幼虫、確か6匹?5匹?は全て成虫に羽化したにも関わらず。

羽化してまもなく、及び後食まもなく。そして一番痛かった、ペアリングしてまもなく、全ての個体がバタバタと★になっていきました。

そして先週、最後に残っていた1♀も仲間のもとへ・・・




何故に、オオズ系はこの手の突然死が多いのでしょう?それとも我が家だけなのかな~??

いや違うな、プルケルスは比較的丈夫だな、輸送さえしなければ・・・

でもどれもこれも輸送には弱いしな・・・スペキオススは輸送すらしてないのに何故、ブツブツ・・・




次回飼育の機会はいつになるか分かりませんが、出来れば幼虫で入手して、またリベンジしたいと思います!必ず!!

スペキオススホソアカ090717

でもなかなか流通しないのですよ・・・知らなかったけど結構高価みたいですし。えーん

コメント:3

2008/11/08(土) 22:00 ノコギリ(グラキリス)
累代終了種
いや~、神奈川の実家に帰省中ですが、暖かいですねこちら・・・

既に実家で過ごして来た時間と、北海道で過ごして来た時間が拮抗してきたので、すっかり身体が北海道に馴染んでしまっているようです。

こっち、暑いっす・・・



さて、ということで実家にいるので、当然我が家の虫の様子は分かる術もない。

本当は札幌滞在中に時限投稿を連発する予定でしたが、業務多忙で全く出来なかったので、いい機会?だから、実家より累代終了種を紹介します。



ま、一応飼育記録が目的なはずのブログですしね。




で、一発目(何回あるの?)は、グラキリスノコギリです。
グラキリス

フタマタっぽく、かつ赤みを帯びるそのフォルムに「なんとなく」惚れて手に入れた種です。


即ブリいうことで入手した成虫ですが、どうにも後食の様子も芳しくないまま。ペアリングも確認出来ないまま。そしてとうとう、産卵も確認できないまま成虫が★になってしまいました。


材産みの種と聞いていましたが、♀は寝床を削る以外は材を削ることもなく・・・悲しい。


機会があればもう一回くらい飼育してみたいとも思いますが、累代終了というより飼育終了ですよねコレ。


結局後食が旺盛にならないまま★になってしまったので、ブリ失敗の原因がどこにあるのか分からないのが一番悔しいですね。多分、そんなに難しくない種のように思うのですが。


と、いうことで。残念ながらこのシリーズは明日も続くのだ・・・

コメント:2

2008/11/07(金) 22:00 シカ(中国シカ)
ゼリーがッ
さて、本日から実家に3泊4日で帰省です。

ということで、我家の飼育個体のゼリー、全交換を行った結果・・・

081107.jpg

ゴミ箱が満杯になりました

ああ、ありえない・・・

国産ノコ幼虫、ギラファノコ幼虫とアスタコイデスノコギリ&インターメディアツヤの成虫ペアで満足していた私はどこへ??

あ、これらの種、今は全部いないや






今、成虫だけで何匹居るんだろう?幼虫に至っては・・・嗚呼・・・





まあこういう時は思考停止、停止っと




出発前の準備をこれから(現在深夜1時20分)するので、クワいじりをこれ以上している暇がありません。本当は出発前に採卵し尽して行く予定だったのですが、さすがに体力がナイ?



で、ゼリー交換中に思ったこと。

081006-1.jpg

今、手持ちの個体の中で一番ブリしたい種、中国シカです。

♂は8月2日、♀は8月20日羽化のWDF1(昨年もWD入っていたんですね~)なんですが、♀ばかりがモリモリと後食しており、♂のゼリーは乾燥するかカビるかで。まったく後食の気配がありません

まあ寿命が極端に短い訳でもないでしょうから、そんなに焦る必要は無いかもしれませんが。

てか、本当に寿命ってどれくらいなんだろう。スペキのカワノイと同じような感じだと勝手に思っているんですけどね・・・

好きなシカで、かつ初飼育なんで、是非累代させたいのですが、♂の目覚めを待つばかりです。

はーやーくー、起きろッ




さ、採卵して寝るか・・・(何か忘れている)

以上、バレバレの時限投稿でした

コメント:2

2008/11/06(木) 22:22 【終】キクロ(アラガールホソアカ)
成虫羽化♪
実は、明日金曜日から週末にかけて、地元神奈川県は横浜市へ帰省です~

用件は、季節はずれの墓参りと、地元友人との草野球でっす。

暇があればSHOPも行きたいけど・・・無理だろーなー





さて、本日も昨日に引き続き羽化ネタです。

そして昨日に引き続き、地味~?です。そいつは

アラガール

超短歯型!!

アラガールホソアカです。

うーーん。

小さい個体を出すことに慣れているとはいえ、この短かさは特筆モノですね。

普通の?短歯型でもここまで小さくないです、ハイ。

あ、まさか♀の大歯型か??それならおもしろひ

♀も蛹状態ですので、まあブリブリには問題ないかな?あるとすれば意欲だな・・・キクロ多すぎ~




で、同じくキクロ、インペラ君。

081106-2.jpg

噂の?蛹の繊毛がはっきり見えたので、写真撮ってみました。

あったーまーの てっぺんに?毛が三本!!・・・四本!・・・五本・・・Zzzz・・・

コメント:6

2008/11/05(水) 23:50 【終】キクロ(クプレオニテンスホソアカ)
同性愛。
うーん、ひょっとしてフォルスターにも有効なんじゃないでしょうか、これ

試してみる価値はあるかも~?








・・・ねーよ。


で、羽化しました。成虫では我家初登場~
クプレオニテンス081105-2

クプレオニテンスホソアカです。


さん、ハイッ。



クプレオニテンスホソアカクプレオニテンスホソアカクプレオニテンスホソアカクプレオニテンスホソアカ、ハァハァ



うーん、名前が長い。

そして・・・結構毛だらけ。細かな繊毛がちりばめられていて、角度によって色が変わります。

んん~、綺麗

クプレオニテンス081105

羽化したてなんで、まだ腹が収まってませんね。そしてトテモチイサイ。ま、サイズはいつもどおりってことで・・・

♀はこんな感じ。
クプレオニテンス♀081105-2

♀にもうっすら繊毛があるようです。いかにもキクロの♀ってフォルムですが、前胸にうっすら模様も入っているようで、識別は可能かな?


しかしどうやらこやつら、ブリードが難しいそうな。モンタ君同様、数を産まないのかな?情報が余り無いだすよ~(汗


まああまり累代する気もあるような無いような・・・能力的に累代不能に陥る可能性が大ですけどね~


ま、いつものキクロセットで、低温でやりますか。どーせ冬だし。いっそ初の氷点下ブリードなぞ・・・

コメント:3

2008/11/04(火) 22:30 シカ(ディディエールシカ)
アスタコイデス?
最近、アスタコイデスノコギリが気になって仕方ありません。

アスタコイデス

あ、昔の写真だから画像でけ。

楽天から引っ越して、FC2ではカテゴリすら設けていませんが、そもそもフォルムといい、色といい、完全な好みです♪

外国産クワガタ成虫で、初めて購入した種でもあるので、なんだか懐かしいな~

でも減種しているので、絶対手は出さないのだ。でも、アスタコのエラフスはかっちょええなぁ・・・




さて、本日はあろうことか、朝から雪がちらほらと・・・街中では一部吹雪いてました。

あー、冬だなぁ・・・






さて。気を取り直して。

日曜に具合悪い中、ディディエールシカのセカンドセットの割り出しを行いました。

1Stセットからは、17ニョロを回収しましたが、さてはて。

081103-3.jpg

え?卵??

既にセット終了してから、一ヶ月半以上経つんですけど・・・多分無精卵だな、こりゃ。

でも、セットから初齢も出てきたので、一応とっておくぞ、っと。

で、後は初齢、2齢を中心に、13ニョロ回収しました。

結局30ニョロ回収ですね。すっくね~(ああ、快感・・・言ってみたくてみたくて




ま、昨年度坊主だったのでこれでも十分です!!



で、最初に回収したニョロがなんと

081103-4.jpg

もう蛹になりました

ははは、はやッ

でもこれならもしかして、年明けちょっとしてから

でぃでぃ

今手持ちの♂とかけれるかも~

ああ、気が早すぎですね・・・ぶふぅ~

コメント:14

2008/11/04(火) 00:06 【終】フタマタ(マンディブラリス・スマトラ)
むむ。具合が・・・
むーん。

具合が良くないですのぅ。お休みの日に具合悪くなるのは不本意・・・いや、いつだって不本意ですが・・・ですな。






でも、クワ作業はします。妻に色々な意味で白い目で見られながら、今日も居間でクワ作業してまひた。げほげほ。具合悪いんだから、白い目で見ないで~




で、キクロの産卵セットを作ろうと思って。

3ヶ月くらい前の、マンディブラリスにセットしていた中古材を使うべく、念のため生体チェックをすると

081103-11.jpg

にょろろん。

出てきました、なんと3齢初期幼虫。

どうやら、一本の材を食いつくし、隣の材に引っ越したようです

た、たくましいなぁ・・・

因みに3本の材から2匹の収穫でした。んん~、マンディの産卵痕を2つも見逃しているわたし・・・




そして、かれらマンディブラリスを入れるべく、一週間前に詰めた菌糸ビンが
081103-10.jpg

一週間でこんなん出ました。

あり?菌が回っているように見えますね~

気温低いのに何でだろ??菌が強いから?粗めだから?ギチギチ詰めしてないから?

まあ全部なんでしょうね。しかし、何だか今すぐ使えそうな気がしてきました。

既にかなり悲惨な状況の200CCプリンカップがありますので、彼らだけでも来週にでも引越しさせようかな??

でないと、いつか脱出されそうな勢いです・・・あえて写真は控えます・・・

コメント:4

2008/11/03(月) 03:09 フタマタ(メルキオリティス)
メルキおりてぃす
あああああああ

体調悪ぃ~

デモナゼカショクヨクオチナイ。



なので2日は小樽まで足を伸ばして、お気に入りのラーメンをすすってきました。あいかわらずんまい!!

でもやっぱり胃腸の調子わるくって。

消化良くないラーメンなんて食った後に、スナック菓子一袋空けちゃった(子供か・・・)もんだから?

その後、げっ●とオ●ラが同時に出て、妻に笑われました。心配はシテクレナイノネ・・・(T_T)




まあ具合悪くてもクワ作業してるので(ため息つきながらやったりします)、同情されるワケもないんですけどね。



で、秋を感じたのが
081103.jpg

こやつ。

僅か一週間でこんなに成長すんなよ・・・産卵セットで巨大化しておりまひたぁ




で、本日のネタはメルキオリティスです。

あるお方より飼育方法を教えろやこりゃ、と言われたので、ネタもないことだしほれっと。

081103-1.jpg

紹介する前に、産卵数80オーバーの♀に、鬼の心持で追いがけしちゃいました。

もう結構ヘロヘロなんですけどね。さすがに無精卵っぽいのが半々くらいで混じってきたので、最後のひと絞りの為に!

因みに追いがけ前の週末時点では、産卵ペース落ちないままに90個にリーチです!がむばれ!!!








で、飼育方法。ま、幼虫飼育ですよね。紹介すんのは。

一応、昨年度の飼育方法を紹介しますと。

マットはここのを使用しました。

メルキ飼育し始めたころ、幼虫購入したSHOPのおやじさんが推薦してたので、盲信して使用してましたね。

一番やっすいマットです。EMMTとか言ったかな?もう使ってませんけど。

このマットを使って、昨年は

90CCカップ→初2齢で850ビン→終齢で雌雄判別して、♀はそのまま850、♂も・・・850カップ(底面積広いタイプ)で羽化まで持って行きました。

途中、北海道の冬の室温(我家では平気でヒトケタになります)でそのまま管理しましたが、殆ど落ちることなく無事成虫になりました。

幼虫、強いでっせ~

で、完全ズボラ飼育の割りに、平均羽化サイズは65ミリ、最大が73ミリでした。

♂は羽化まで早くて9ヶ月、平均おおよそ1年前後ですかね。♀も余り期間変わらなかったので、羽化ズレはありませんでした。

ま、夏に孵化した幼虫も冬に孵化した幼虫も、ぜ~んぶ夏から秋にかけて羽化しちゃいました。

一部まだ幼虫やってるのもいますけど。

ちゃんと温度管理して、マットも更に工夫すればまだまだいけそうな感じです。ってか、幼虫を交換した虫友さんは70後半出してるし。


ということで、とりとめないですが、結論から言っちゃいますと、幼虫は余り気を遣わずに羽化までは持っていけるし、産卵は容易だし、フタマタ入門種なんじゃないですかね。

なので、●●さん!

余り神経質になる必要は無いので、てっけと~に飼育しちゃってください。温度管理出来るに越したことはないですけど、私みたいに無茶苦茶な温度飼育でも、羽化も産卵も問題ありませんでしたので!

もちろん、大型を狙うなら20度ちょいの温度をずっと引っ張ったりするのがいいんでしょうね。



因みに個人的には。

来年に向けての幼虫数は十分確保できたので、後は赤い血統を選り好みして次世代につなげたいと思っています。

今年は昨年より一工夫して、温度管理できないなりに、少しサイズUPをしたいと思う今日この頃でした
メルキ赤2

コメント:6

2008/11/02(日) 02:19 フタマタ(フォルスター/キヨタミ)
ふぉるすたぁ
本日は久々のオフでした。

開始時間が、今までより3時間くらい早くなったので、終わるのも早くなるかと思いきや・・・

気がつけばいつもと変わらない時間でした

普段の仕事もこれくらい楽しく、 あっ! っていう間に時が過ぎればいいんですけどね~





さて、特にネタもないので、二日続けてフォルスター。
フォル080824


なかなかクセがあって難渋してますが、その難渋ぶりをば。

あ、先に言っておきますが、結論としては・・・根本的には何も解決できてないです、ハイ。



昨年は、それなりに順調だったフォルスター。

今年は
(1)産まない。
(2)産んでも無精卵ばかり
(3)産んだと思ったら空ぼりばかり

のいずれかが多かった!

結局6♀セットして、40以上(無精卵込み)産んだのは1♀のみ。

何とか孵化して血統確保できたのは、この♀以外に2匹いて、結局計3血統です。



色々対策をしたので、そちらを簡単に紹介しまふ。あ、くどいようですが、余り解決は図れておりまへんのであしからず・・・誰かアドバイスいただけるならほーしーいー

【産まない。の対策】
(1)温度帯に変化をつけた
(2)材を変えた
(3)追いがけをした
(4)暗い場所、明るい場所などの変化をつけた

などでしょうか。

この中で、なんとなく効果あり?と思ったのは(3)>(2)>(1)ってとこですかね。

でも、結果(多少の改善)があったとしても、これらが複合的に絡んでいるのでどれが要因かはワカラナイ・・・

つぎに

【産んでも無精卵ばかり】
については、対策は
(1)追いがけをする
(2)諦めずに産ませ続ける

だけかぁ。

(1)は常套手段ですが、(2)もやる価値はあるかと。

昨年も今年も、産み始めは無精卵連発!の個体が、途中から孵化率の問題はあるにせよ、有精卵を産み始めたことはありました。

今年は産卵ストップもこれに絡んできているので、タチが悪いのですけどね~



さいご。

【産んだと思ったら空ぼりばかり】

一番タチ悪いのはこれかな~

一応、追いがけとかはするにしても、対策になっていない気がします・・・

埋め戻しを見つけて喜んではガックリ。の繰り返しなんで、本当にタチが悪い




まあ後食からそれなりに時間経って、活性度があがっていてからペアリングしているのですが、どうも問題は♂の種無しではなく、♀の方に原因がある気がしてなりません。


そう思って、未交尾のまま♀を4ヶ月くらい引っ張って、成熟させたつもりでセットしても、今回は最悪の【期待させておいて、実は空ぼり!】パターンになってしまった(おまけにすぐ落ちた)ので、なんだかな~




で、色々やってはみるものの、これといった有効な対策をうてないままシーズンが終わろうとしています。


ので、現時点での一番有効な対策は・・・


沢山の幼虫を確保しておく!それこそ当たり♀にたどりつけるまで・・・


ですかね。情けないけーどー


まあ今年は自己累代分だけ確保できただけでヨシとします

コメント:3



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。