クワガタ漬け。
2008/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008/09


2008/08/31(日) 20:00 フタマタ(フォルスター/キヨタミ)
フォルスタ~産卵

本日は久しぶりの休日出勤でした、うっぷす。あ、来週もだ~



さて、休日出勤があっても、週末の恒例行事はいろいろあります。

まず、さんざんバラまいてもまだ100匹くらいいる、鈴虫の餌交換。面倒なので週一回です

でも皆さん元気なので、問題ないんでしょうね~

密かに入れている昆虫ゼリーをしっかり食べているのに少々驚きましたが・・・水分補給かな?



それ以外には、各種成虫のゼリー交換、蛹化生体チェック、羽化個体チェック。

そしてすっかり年間行事・・・通年でやってる、マンディブラリスの採卵。




そして先週から!!

待望の。

メルキオリティスとフォルスターの採卵も加わりました!!



で、土曜日はまずフォルスターの採卵をば。


一部のケースに、にっくきコバエが湧いていたので、それを駆除しつつ、採卵開始!

080831-1


今年は材が足りないので、微妙なC材ばかりを使用していますが、産卵痕を見つけることができました。


さて、どこが産卵痕でしょう~??


080831-2

これが正解だす~


この面だけで、6つの産卵痕


この等間隔がいい感じですね。でも、等間隔に無精卵っぽいのが混じっていた(本当)ので・・・

080831-3

結局、まともな卵で採卵できたのは5個でした。


無精卵を入れると、一週間で8個。


んん~、産卵ペースとしては可も無く不可もなく、というところですが、この残された5個が有精卵であればとりあえずOKですね。


先週採卵した卵も、膨らんでいるんだかいないんだか、微妙なので。


来週あたりに様子みて、ダメなようなら・・・追いがけですね~

スポンサーサイト

コメント:7

2008/08/30(土) 20:00 ノコギリ(ミラビリス)
ミラビリスのこ
腰の調子がだいぶ良くなりました。


良くなって気分よくなって。調子に乗って欽ちゃん走りしたら、激痛が走りました・・・


・・・それが何か?


てか、「欽ちゃん走り」知らない人~





そりはともかく。


産卵木剥きすぎて、手首いてぇ。と書いたばかりですが。


時間も経って、すっかり具合も良くなったので

080830-0

材、大量入荷しました


えっと、40本以上あるかな?


妻に目で怒られました・・・でも受け取ってくれてアリガトウ




ところで、我が家で産まない種NO・・・?の、ミラビリスノコギリ。


材を変えても環境変えても産まないので、今度また材を変えてみようかと思います。


っても、また植菌カワラ材と自家製V材ですが(たぶん)。




でも自信ないので~

ミラビリス080830-1

2匹目の♀をセットすべく、ペアリング開始!


すると一日も経たずに

ミラビリス080830-2

♂が乗っかります(撮る瞬間、♂が前後入れ替わりヤガッタ


ちなみに♂は07年7月羽化個体、♀は08年1月羽化個体で、無理やり起こした♀です~♪


♂、タネまだあるかな??



最後、セカンドセットしたディディエールシカですが。

080830-3

セットした翌日、もう産んでました


また、マットですが


ギラファノコギリのよーに、メタリフェルのよーに、入れてすぐ産むんですね。知らなかった・・・

コメント:2

2008/08/29(金) 20:00 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
羽化羽化~♪
そうそう。最近腰が痛いと思ったら、まあぎっくり腰なわけなので当たり前なのですが。


先週、今週と手首が痛いデス。


ああ、腱鞘炎になりかかるほど仕事に熱中・・・


するわけねぇデス。


じゃあ何かと言いますと~

080829-0

産卵木の剥き過ぎDEATH!(みっちぇ●さんスイマセン


かれこれ30本以上は剥いたかな~


ま、これでも他の人に比べたらたいした作業量ではないのでしょうが、表皮をこそげ落とすのは結構大変ナリ~







で、産卵木の表皮を剥き過ぎていたら~


我が家の蛹達も一斉に表皮を剥き始めました(無理ヤリ繋げた!)

080829-1

まず、スペキオスス・・・ホソアカ♂です!シカじゃねーでデス。


♀は既に全て羽化。1匹羽化している♂は羽パカだったので、ありがたやありがたやぁぁぁ


次に、

080829-4

おそらく最後の羽化個体?フォルスターの♀です。


よく考えたら♀を飛ばしすぎて数が少なくなってた


ま、累代には支障なさそうですが・・・たぶん無いですが・・・誰か無いと言ってぇぇぇぇぇぇぇ


そして
080829-3

メルキオリティスです。12月孵化の個体がなぜこんなに早く羽化する~??


そりは温度管理がナッテナイからDEATH!(あ、またやった


そして最後は
080829-2

我が家の初!ボルネオマンディブラリスでっす


ま、♂は当分大人になりそうにないですが~


♀も長く寝るでしょうから、とりあえず焦らず焦らず。ちょっと低温管理しておこうかな~


・・・最近の札幌の気候なら、常温管理が低温管理かな??

コメント:6

2008/08/28(木) 20:00 シカ(ディディエールシカ)
ディディ孵化♪
えー。腰痛持ちのくせに。


帰宅途中、まっすぐ帰るのが嫌で、なぜかブックオフに立ち寄って、漫画を立ち読み。


しかし、いいところで続きが読めなかったので、漫画喫茶に・・・







行かずに、別のブックオフに再度寄り道して、続きを立ち読みました。





おかげで腰がまだまだイタイです。


・・・それが何か?





さて、7月末から8月初旬にかけて、産卵木ではなくマットに産卵を確認できた、ディディエールシカですが。


一向に孵化しねえぞチクショー!


とやきもきしていたら。


ようやく今週になって

080828-1

孵化♪

080828-2

孵化孵化~♪


一つ卵が消失した以外は、見えている卵全てが孵化してくれました


見えていないところにも産んでいるとすると、えっとえっといったい何匹・・・


ま、妄想しているうちが華ですわな・・・


で、実は産んでいた♀は、2週間前にセットから出していました。


だって、軽かったんだもの~


なので、2週間静養させた上で

080828-3

追いがけナリ!


すぐにまぐ●っていたので、一日同居後に、セカンドセットへ投入しまひたぁぁぁぁ


頼む!昨年5ニョロが全て消失した苦い思い出があるので・・・産めるだけ産んでくれぃ!!

コメント:6

2008/08/27(水) 20:00 【終】シカ(スペキオススシカ:カワノイ亜種)
放置カワノイ
この前、クワ棚を整理していたらばぁ

080827-1

こんなものを見つけました。


えっと、2月1日に割り出した産卵木ですね。3月にチェックするように、付箋をつけてありますが。


今は8月末でございます


ま、ほっそい産卵木だし、どうせ何も出てこないだろう、と思って見てみると~

080827-2

3齢幼虫が6匹も出てきました

しかもご丁寧に3♂3♀のバランスなり~

何だかマットで育てている他のニョロより成長が良い気が・・・




まあそれはともかく、このカワノイ君の母親は、4ヶ月くらいに渡ってちょろちょろと産んでくれていたようです。

最初のころに孵化したニョロは、♀はすでに成虫に。

最初の♂(極小)も
080827-3

蛹になっております~

某太郎さんから別血統の♂もいただいたので、どうやら累代出来そうですな

今度は少しは大きいの出さないと駄目だにゃ~。毎回書いてるけどぉ

コメント:4

2008/08/26(火) 20:00 フタマタ(メルキオリティス)
メルキの産卵~
一年ぶりに、メルキオリティスの採卵をしました~!

メルキ080826-1

で、採卵の前に、羽化間近な個体のチェックをしていると・・・

メルキ080826-2

全面にきのこがびっちり生えた、異常なカップ発見!

このカップ、以前からやべぇと思ってましたが、蛹室の中にもきのこが生えているのを発見したので

メルキ080826-3

あわてて救出しました。

このまま蛹化すると、羽化までの約3週間できっと蛹室全体にきのこが増殖していたことでしょう・・・

それとも、糞で塗り固めているから、本当は大丈夫なのかな?

ま、安全第一っちゅうことで(蛹室の方が安全だったりして





で、気を取り直して採卵~!

メルキ080826-4

相変わらず、ホダ木の切断面にも産んでます

ほかのフタマタでも当然ありうる産卵箇所ですが、メルキ君の頻度は随分高い印象がぁぁ♪

で、結局2♀のセットのうち1♀は坊主で、採卵できた個体の卵も2つもプチュっとしてしまったので
メルキ080826-5

4個の収穫となりました。

どうやら1個は無精卵っぽいのですが、まあ産み始めだから仕方ない!と自分に言い聞かせて。

後は膨らむのを期待して待ちたいと思いま~す

コメント:6

2008/08/25(月) 20:00 クワガタ全般
材の雑虫
おかしいおかしい。


何度トイレに行っても行っても、残尿感どころじゃない騒ぎの、この満タン感。たぷん。


本気で、自分の体がどうかしちゃったんじゃなかろーか。んむ~、どうしてだぁぁぁぁ!!


と、叫んだところで目が覚めました。


残尿感あって良かった・・・





そんな感じで始まった日曜日だったのですが、変な夢の後には、変な出来事が。


ちょっと重いダンボールを持ち上げて、一息ついて。


そこから立ち上がる瞬間に、腰に激痛が・・・


昨年度やっちまった場所で、軽度のぎっくりが再発しちまったようです


ああ、週末の野球と、クワ作業に影響が・・・あ、仕事もか・・・




そんな腰痛を押して、大量に水に漬けていた材の、皮むき作業を延々しておりましたが、こんなもの発見!

材

ありり?君はダレ??


台所に走って、楊枝で掘り出してみると~

材雑虫

ででん。


たぶん、カミキリムシの幼虫ですね~


コメツキの幼虫と違って、クワガタの幼虫を捕食するわけではないのでしょうけど、気持ちいいもんではないですね


今回の産卵木は、少なくとも1年以上は完全に乾燥している状態で放置していました。


で、今回水に漬ける前に、電子レンジでチン!としてから漬けたのですが・・・


この幼虫のみずみずしさから言って、直前まで生きていた感じです。


彼らは結構過酷な環境(=ほぼひからびた状況)でも、随分長い間生きながらえるものなんですね~


一日材を水没させた位じゃ死なない・・・あ、これはクワガタ幼虫もですけど・・・かつ、乾燥状態でも死なない。


そのたくましい生命力が、我が家のクワガタにもあったらにゃ~

コメント:6

2008/08/24(日) 13:57 フタマタ(フォルスター/キヨタミ)
本格すたぁと!
ということで、本日より楽天ブログより完全移行となりますです。

今までお付き合いさせていただいておりました皆様、これからお付き合いいただける皆様、どうぞよろしくお願いいたします




さて、本日はフォルスターフタマタ君です

フォル080824


我が家で一番大きいのが、この写真の70ミリ君(汗

これより大きい♂は、全て羽化不全か蛹化時点で★になってしまいました

マットが合ってなかったのは事実ですが、これだけ落ちるのはきっとなにか他に原因があるんでしょうね~



ということで、彼は今また別の♀とペアリング中ですが・・・

先週セットした、別の♀の産卵セットを暴いてみると

フォルスタ080824-2

リサイクル材に、産卵痕みっけ~♪

でも、結局収穫できたのは、2セットのうち1セットだけで。

しかも収穫量は

フォルスタ080824-3

2つだけ~

一週間以上経過して2つだけ、って・・・

産むならもっと産むんでしょうから、環境が気に食わないんだろうな~

今回はおそらく材だにゃ~

自作のV材入れてもいいんだけど、なんといっても数が少ないので。有精卵であることを確認できるまでは投入しないのだ!

ので、

ざい


こんな感じで材を大量に準備中です~。ああ、風呂場を占拠してしまった・・・妻に怒られる…

コメント:6

2008/08/14(木) 20:00 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
飼育種紹介その24.
飼育種紹介、ようやくラストです。それは、マンディブラリス・・・はもう紹介してますが、こちらはボルネオの原亜種の方でございます。

現在、我家に3血統のニョロがおり、先日ようやく3匹ほど蛹化しました。

・・・♀だけ(爆

一応、きちんと大きいのを羽化させれば

ぼるねおまんでぃ

こんな感じの♂が出てくるはずなんですけど・・・。多分小さいのが出てきます

だからきっと、特徴である内歯の位置も、スマトラ亜種と区別できないんだろうな~

でもまあ、羽化ズレの弊害を最小限に抑えるための手段なんだい!

と、自分を納得させる今日この頃。

ま、正直なところ贅沢は言わないっす。無事に羽化してくれればいいのれす。


しかし、同じボルネオ産でも、産地によって微妙に内歯の位置が違う気がするのは気のせいでしょうか・・・色は個体差あるからなんとも言えませんけどね^_^;

ということで、次世代に期待!の、ボルネオマンディブラリスでございました

コメント:0

2008/08/13(水) 20:00 ノコギリ(ミラビリス)
飼育種紹介その23
飼育種紹介その23。

ミラビリスノコギリです。

みらびりす

我家にいるノコギリ(っても、3種くらいしかおらんのですけど)の中では、一番のお気に入りです。

だって、綺麗なんですよ、コイツ!

アフリカノコでは、ウムハンギがワイルドで精悍な印象ですが、一方で双璧をなす(?)ミラビリス君は、エレガントで上品な印象なんでございます。

後食までの期間が半年以上必要な辺りは、やはりノコギリだなぁ。と思いますが、一応今、ペアリング済みの♀を産卵セットに投入して、かれこれ2ヶ月が経つワケですが・・・

多分、産んでない・・・

3本入れている材・・・最初はフタマタのリサイクル材2本+植菌カワラ材2本でしたが、リサイクル材は見向きもされなかったので、今は植菌カワラ材3本・・・のうち、一本だけ齧っているようなんですけど、産卵床ってほどではないんですよね。

一箇所だけほじくってみましたが、何も出てこなかったし~

2回ほど環境かえてTryしてみましたが、依然としてノーリアクションです。

寝ていた♀を無理やり起こしたのがまずかったのかな?

大好きな種なんで、1桁でもいいから・・・採りたいな~

現在、3回目の環境変化、試験中試験中・・・

コメント:0

2008/08/12(火) 20:00 【終】ノコギリ(サバゲ)
飼育種紹介その22
飼育種紹介その22、さばげーノコギリです。

飼育種紹介もいよいよカウントダウンになってきました。今日も入れて、あと3種かな?

ってことで、本格移行間近ですな・・・



サバゲノコギリは、明日紹介する予定の、別のアフリカノコギリを入手したことを契機に、興味を持ちました。

で、丁度興味持った頃にお手ごろ価格の累代ものがオクに出ていたので、気軽にGET。

この手のアフリカノコは、WDだとなかなか産まないと評判でしたので、累代ものが欲しかったんですよね。

さばげ

実際に手にとってみたら、サイズはちっこいものの、思ったより綺麗な種で満足しました

産卵セットはテキトーに。

そこそこ柔らかい材を2本、まるまるマットに埋め込んで、はいおしまい。

一応、6月?だったかな?に、♀のみ産卵セットへ投入。

そして先週、一応2匹のニョロがマットから出てきましたので、種はついているようです。

材もかなり齧っているようなので、もうちょっと幼虫が採れそうな予感。

累代分だけでいいので、もちっと増やしたいなぁ。

ってことで、次世代につなげたい、サバゲー君でございました

コメント:0

2008/08/11(月) 20:00 ノコギリ(グラキリス)
飼育種紹介その21
飼育種紹介その21.

我家の絶滅危惧種NO1,グラキリスノコギリです。

グラキリス

昨年6月の羽化個体で、確か昨年11月に「即ブリ」の触れ込みでオークションに出ていたので、購入してしまいました。

元々余りノコギリには関心が高くなかったのですが、単純に「フタマタに似たフォルム」と「全身に赤みを帯びる」という図鑑情報に踊らされ、アルコールの力もあってついつい衝動買いしたものです。



実際到着すると、確かにうっすら全身が赤く、ノコのような小型のフタマタのような、独特な形状で。

まぁまぁ気に入った!というのが正直な感想。

でも、結局後から分かったのですが、昨年は即ブリどころか後食すらしていなかったように思います。

で、それに気付かず、テッキトーにペアリング後、産卵セットを暖かい環境においておいたのに、♀は完全に睡眠モードで、全く産む気配ナシ。


で、一冬あけて今春、改めてペアリング後、産卵セットに放り込みましたが、♀が活性度低いんですよね・・・

で、♂はすぐに★になってしまい。

現在、万が一のかかっている可能性に期待して、セット継続しています。

材産みでなく、マット産みならここまで苦労しなかったかもしれませんが、かかってる・かかってない以前に、セットにも問題があるのかもしれませんね(-_-;)


今は殆ど流通していないようなので、累代はしてみたかったのですが、どうやら失敗に終わりそうな予感プンプンの、グラキリスノコギリでした(*^_^*)

コメント:0

2008/08/10(日) 20:00 【終】シカ(ニセシカ:オーベルチュールシカ)
飼育種紹介その20
飼育種紹介その20.オーベルチュールシカです!

実はオーベルチュールって、半年前まで、飼育しながらもどんな成虫なのか知らずにおりました(汗

で、先日成虫♂を初めてGETしまして。その画像がコチラ

オーベル

ワインレッドに、かつ光沢強く輝く綺麗な種ですね~

昨年、虫友さんと幼虫交換していたものが今春羽化したのですが、全て♀だったので♂を入手した次第です。

これから(?)産卵セットですが、セット後に寝て平気で一年近く活動しなかったりするらしいので、癖がありそうですね

ま、でもスイッチ入ったら爆産?しそうな種ですので、気長に待ちますか!

んむ~、出来ればすぐに産んでほしいにゃ~

コメント:0

2008/08/09(土) 20:00 シカ(ディディエールシカ)
飼育種紹介その19
飼育種紹介その19、ディディエールシカです。

飼育種紹介、そろそろ息切れ・・・でもあとちっと!

でぃでぃ

昨年、この綺麗な色に惹かれて、成虫ペアを購入。

2♀で勝負しようとしたのですが、1♀はすぐ★に。

もう1♀も、かかってなかったのかどうか?色々環境変えて頑張ったのですが、材をかじるだけで産卵は全くしませんでした



そして♂だけ生き延びていたところへ、今年の春先、虫友さんから♀をGET!

♂はペアリング後まもなく★になったので、かかってるかどうか心配でしたが、先日ニョロが湧いてましたので、どうやらブリード成功です!

現在もケース横から卵が見えていますので、順調に産んでいる模様・・・

あともう1♀いるので、画像の♂・・・これも虫友さんのご厚意・・・をかけてセットする予定です。

いや~、採れなかった虫が採れるとウレシイですね。

次は完全自己累代が目標っす!

コメント:4

2008/08/09(土) 10:00 【終】キクロ(クプレオニテンスホソアカ)
飼育種紹介その18
キクロを一種類、紹介し忘れていました

画像ナシ、クプレオニテンスホソアカです。

チュウホソアカなどと同様、色彩変化を楽しめる色虫ですが、飼育難易度は高め?

情報を全く集めていないので、何が何だかサッパリ分かりませんが、高価な虫ではなさそうな。

ちなみにこの虫は、虫友さんと別の虫を交換するときに、「ついでに」とくっついてきたものです

累代するかどーかは、無事羽化できたら考えますが・・・

飼育種多すぎるな~。

自粛自粛・・・

コメント:0

2008/08/08(金) 20:00 【終】シカ(スペキオススシカ:カワノイ亜種)
飼育種紹介その17
飼育種紹介その17!スペキオススシカ、カワノイ亜種です~

かわのい

今飼育しているシカの中では、一番のお気に入りです

サイズは大きくても50ミリ台らしいのですが、かわいらしい印象のクワガタですので、大きくなくても魅力充分です。

スペキでよく流通しているのは、北ベトナムのカワノイ亜種、南ベトナムのSSP(まだ名前ついてないのか!)、タイ産のスペキ。

タイ産は飼育に結構クセがあるようですが、色は一番綺麗ですね。

私がカワノイ亜種を選んだのは、羽化後から後食開始までの期間が比較的短い・・・早ければ2ヶ月くらい?ということが一番の理由でした。タイ産は長いらしいですからね・・・

実際、昨年ブリした個体も、羽化後4ヶ月でブリできましたので、立ち上がりはやはり比較的早いのでしょう。

ただ、私の場合では無精卵も沢山混じってしまいましたので、やはり成熟には時間かけた方が無難な気がします。

シカはそれほど人気のある種ではないですけど、このスペキは独特のアゴの形と、愛嬌あるフォルム、綺麗な色と、でなかなかお勧めです!

今年は沢山採って、シカ飼育者を増やしたいな~

コメント:0

2008/08/07(木) 20:00 キクロ(タランドゥスホソアカ)
飼育種紹介その16
飼育種NO16~

タランドゥスホソアカです。

まだニョロしかおりませんので、画像は無し!

キクロ熱が最高潮の時に、あれもこれもと落札してしまった個体群の一つです。

まー、これを落としたときは酔っていたし、銀球資金も潤沢にあった時だったので、まあ仕方ないですな。

最近新産地?が発見されたかなんかで、以前よりは流通するようになったようですが。

依然として希少な部類に入るのではないカト。思う今日この頃ですが、よく考えれば、この手のキクロを飼育したがっている人って、そんなに多くはないんでしょうね~

ま、大きいオスを見てみたいという欲求を抑えて、羽化ズレ防止に全力を尽くし、とりあえずの累代を行う所存であります!

成虫出てくるのは秋口かな?

楽しみ~♪

コメント:0

2008/08/06(水) 20:00 キクロ(ペレン産メタリフェル)
飼育種紹介その15
飼育種紹介も15ですか・・・

やめ、ややややめ、やめて・・・おけば良かったなんて思って無いぞ!!

さて、15番目は馴染み深い、ペレンメタリフェルです。

ぺれめた1

価格は安いわ、飼育は容易だわ、かっこいいわ綺麗だわ、で言う事ないですね~

強いて欠点?を言えば、どんな環境でも産卵行動をとって産んでしまう、というところでしょうか。

ミニプラケでもバシバシ産みますからね・・・すさまじい繁殖力です



因みにこのペレメタ君。

我が家ではなかなかノーマル色以外は出ていなかったのですが、今年はようやく

ぺれめた2

紫が出ました♪

一昨年?WDを確か6匹ほど入手してブリードして・・・

色の違う個体同士をかけていて、ようやく出た色です。

他の♂兄弟も同じように紫がかっている色ですし、メスも紫~黒の個体ばかりでしたので、いい感じで固定できるかもしれません。

ということで、ペレメタで初のF2、インラインも、今年は行ってみる予定です。

飼育が容易とはいえ、新成虫掘り出す時の感動はなかなかのものですので、多分しばらく飼育はやめられないでしょうね~

コメント:0

2008/08/05(火) 19:00 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
飼育種紹介その14
飼育種NO14!

みーにーすーぜっちホソアカ!です。

ミニスゼッチ

どうです?なかなかかっちょええですよね?ね??

飼育は珍しく今年ではなく、昨年からです。

プレ企画で、あーるずさんの品に当選させていただき。

そこで初めてカウピ幼虫を貰ったのですが、おまけについていたのがこちら。

台湾産F4個体、ミニスゼッチホソアカでした。

そしてたらこ唇さんから、CBF1個体の幼虫もいただいて。

結局3Prが羽化しました。

この種のいいところは、まず場所をとらない!色が非常に綺麗!そしてなにより?小さな容器で飼育しても、画像のような大歯型が出てくる、ってところですね~

ただ、同じ容器で飼育していても、稀に小歯型が出てきます。

不思議と、中歯という中間タイプが出ない種のようですね~

先月初めて♂の新成虫を見たとき、感動してしまったので・・・

現在、次世代を養成中!デス

コメント:3

2008/08/04(月) 19:00 【終】キクロ(モンタネルスホソアカ)
飼育種紹介その13
飼育種紹介その・・・えっと・・・確か13.

今日もキクロ、モンタネルスホソアカです。

他のキクロ同様、こやつも今年になってから増種したのですが~

飼育した♂は全て(っても2匹)
もんた

ハサミ君ですね・・・

ブリード下では大きくするのが難しい種ですが。

温度管理できない我が家では、大型個体はまず無理ですね~。

せめて中歯くらいは出さないと、色彩変化を楽しめる面積も少なくなってしまう!

因みに我が家には、F2幼虫、WDF1幼虫、CBF1幼虫の3血統おります。

暖かくなってからセットした、F3成虫はすぐ★になってしまって、おまけにセットも坊主だったので、1血統絶えてしまってます。

飼育開始してから半年しか経ってないのに、もう1血統途絶えてしまった

しかし、恐らく我が家の飼育キクロ個体の中で、おそらく一番人気の無い種っぽいですね。残念!

まー自分が好きなら、巷の人気はどうでもよかですが・・・

大きい個体を出せない分、色彩変化を楽しめればいいなぁ。と思う今日この頃でアリマス。

コメント:0

2008/08/03(日) 20:00 【終】キクロ(オオズ系:プルケルスホソアカ)
飼育種紹介その12
飼育種紹介その12です。

一気に更新してますが、そろそろ息切れ?

時限投稿機能が無ければ出来ないですね~



さて、我家には、「酔ったゆえの過ち?種」が沢山おりまして。

えっとつまり、冷静なら手を出さなかったであろう種、でも少し童心に戻りすぎたら手を出してしまう種、そして出してしまった種、つうことです。


よくわかんね。


ま、勢いで買っちゃった種ですね。沢山います。てか、我家の半分くらいそんな感じで増えてます♪

前置き長いっすけど、そのうちの典型的な種のひとつが、このプルケ留守ホソアカです(変換間違い放置)。

ぷるけるす


既に入手していた、バインライヒやカウピとそう大差ねーだろー、程度にしか思ってなかったのですが。

意外なお安さで入手出来てしまって、そのままブリして・・・

案の定増えてます

でもこの手のオオズ系の中で、プルケ留守は余り人気ないのかな?幼虫飛ばせんかった~

でも、実際飼ってみると、愛嬌あって活動的で可愛いんですよね~

ちょっと飼育数が限界超えているので、いつまで累代できるかは分かりませんが~

可愛い種であることは確かです!是非飼育してみて下さい~

コメント:0

2008/08/03(日) 12:00 【終】キクロ(イグジミウスホソアカ)
飼育種紹介その11
飼育種紹介その11でごわす。数、合ってる??

そいつは、イグジミウスホソアカです。

まだ成虫飼育したことがないので、当然ながら画像ナシ、と。



大好きなインペラトールとフォルムがそっくりなので、お試しで飼育してみたくなったんです。

08年春(つい先月)、幼虫で11匹譲っていただきました。

現在、♀が前蛹~蛹化していますが・・・♂は気配が無いですね~

羽化ズレが致命的にならなければいいんですけど。



インペラの寸詰まり、といわれるそのフォルムがどんな感じか楽しんで・・・

ブリも楽しんで・・・

と、まだ羽化すらしていないのに妄想が膨らみますが。

すべて印象がインペラと同じだったらど~しよ~

コメント:0

2008/08/02(土) 20:00 キクロ(オオズ系:スペキオススホソアカ)
飼育種紹介その11
本日2回目更新~

でも画像ナシ!

なぜなら、まだニョロなんですよ、スペキオススホソアカ。

スペキといってもシカクワではございません。オオズ系で、結構大きくなるとうわさのキクロです。

今となっては、無理に入手する必要なかったじゃんか!と思わずにいられないのですけど・・・

まあ、当時欲しかったので仕方ないですね

ということで、8月現在、8匹のニョロ(あり?もっといたかな??)全部が3齢になっているようなので、秋には羽化してくれそうです。

ま、サイズは全く期待できそうにないですけどね~

同じオオズ系でも、バインとカウピでは印象が随分違いましたので、スペキがどんな感じで活動するのか、今から楽しみです。

でも、産卵に関してはバイン、カウピ、そしてもう一つのオオズ、プルケルスと同じく爆産種の予感が・・・って、調べればすぐ分かるんでしょうけど、調べる習慣がゼロなもんで(汗

コメント:0

2008/08/02(土) 08:00 【終】キクロ(オオズ系:カウピホソアカ)
飼育種紹介その10
とうとう8月。そろそろ本格移行したいけど、一通り紹介してから、と決めているしな~

で、カウピホソアカ。
かうぴ


オオズ系で入手したのは、彼が2種目ですね。

全く生命感を覚えないバインライヒと異なり、我家に到着した瞬間からぶんぶか飛び回っていたので、そのフォルムと共にすぐに好きになりました。

でも不思議なことに、我家に到着した個体は、凄い勢いでパタパタと★になってしまい・・・

何故なんだろ?

勝手な推測では、恐らく低温にさらされると駄目な種なのではないか?と。

入手時期(輸送時期)は全て冬季間でしたので・・・

宅急便の個体は、ほぼ全滅。

温度管理できているはずのゆうパックも、郵便局出てからの時間でやられたのか、大半があまり時間を置かずに★に・・・

まあそれでも、2週間の生存期間で40個ほど産んでくれた不思議な♀がいてくれたお陰で、累代危機を逃れ、あともう一つの血統も累代出来て現在に至っております。

目下、2つの血統で大量の♀が羽化し、少量の♂がまだニョロしてますが

オオズにならない小さな頭で羽化させた3匹の♂で、何とか累代出来そうです♪

普通に産ませれば50はくだらない産卵数になりそうなので、逆に注意しなきゃいけないですね~

コメント:0

2008/08/01(金) 20:00 【終】キクロ(オオズ系:バインライヒホソアカ)
飼育種紹介その・・・
飼育種紹介その・・・

回数数えるのやめました

あえて言えば「沢山」ってことで・・・2桁以上になると数えられません~



あ、まだ2桁行ってない?


そりはともかく、暫くキクロが続くワケですが・・・

我が家で初めて飼育した、オオズ系キクロがバインライヒホソアカです。

バイン1

オオズ系は、最初全くマッタク興味がなかったのですが。

サンギレンシスの個体を購入した際、おまけにペアでニョロを頂きまして、惰性で飼育。

羽化してみて、あまりのアンバランスでユニークなフォルムについ笑ってしまい、累代することになってしまいました。

結局、F4から始まった飼育が、今禁断のF7幼虫が生まれてきております

一応、血の入れ替え用に
バイン2

もう一つの血統を用意しているので、そろそろ血の入れ替えをしたいところです。

さすがに累代進みすぎると、産卵障害とか出てきそうですよね・・・

ま、どこまで行けるか試してみるのもアリですけど

因みに我が家だけかもしれませんが、このバインライヒ、飼育してても余り動きません。昼行性のクセに~!

他のオオズ系は結構動き回るんですけどね。なんでだろ?

いずれにせよ、実際に手にしてみると、イメージよりずっと魅力的な種ですので・・・

もっと人気が出てくれればいいな~
(無理だと思うけど)

コメント:0