クワガタ漬け。
2008/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2008/07


2008/06/26(木) 22:50 【終】フタマタ(マンディブラリス・スマトラ)
飼育種紹介その2
我が家の飼育種紹介、二回目です。


メルキオリティスと並んで大好きな、マンディブラリスフタマタ(スマトラ産)【Hexarthrius mandibularis sumatranus】でございます。
マンディ


マンディブラリスとは「大きなアゴ」を意味する言葉らしいので・・・我が家にいる個体は、ある意味マンディブラリスではないですね~

ちっこいのばっかですから


飼育開始は、2年前の06年から。


ギラファノコギリ→アスタコイデスノコギリ、という流れで始まった私の外国産クワガタ飼育でしたが、本当にハマった種はこのマンディブラリスからですね。


直線的で大きなアゴと、体のフォルム、力強さ。


オークション画面で見つけた瞬間、一目ぼれしてしまいました。


最初に産卵痕を見つけた瞬間の感動は、今でも鮮明に覚えています。


今ではお陰様で数も増えて、一年中ブリードしている種ですが、その分手が回らずに小さな個体が羽化してばかりです


赤い個体が好きなので、今後は赤い血統を中心に少し個体数を減らして、少しだけ成虫を大きくする努力をしようかな?と思う今日この頃でした。


ってことで、手始めに、今年から一部の幼虫をオオヒラ菌糸へ投入開始しております!


大きくなるといいなぁ~
スポンサーサイト

コメント:8 トラックバック:0

2008/06/24(火) 20:07 フタマタ(メルキオリティス)
【テスト】飼育種紹介その1
暫く試験的に、我が家の飼育種を紹介していきます。

なんたってFC2ブログ初登場~!

なんで、使い勝手が全くわかりません

不束者ですがどうぞ宜しくお願いいたしまふ。




ということで手探りで始めてみますかいな、と。

まずは、一番大好きなクワガタ~

080624メルキ


メルキオリティスフタマタクワガタ【Hexarthrius melchioritis】です。

ミャンマーサガイン産。06年より飼育開始しました。

同じミャンマーのチン州などで採取される、ミニスゼッチフタマタ【Hexarthrius mniszechi】と形状などが酷似してますね~

亜種が違うだけなのでは?という説もあるようですが、違うのは、まず色。メルキオリティスは全身に赤みがかかっていますが、ミニスゼッチは全身黒。

そしてミニスゼッチは、アゴの根元に下に向かって突起が一つありますが、メルキはなし。

最後に値段。08年6月現在で、おそらくメルキは成虫ペアで1諭吉あればオークション等で充分入手可能です(SHOPでは無理?てか、売っているのを見たことが無い・・・)が、ミニスゼッチなんてその何倍・・・?

因みに私は、今目の前にメルキとムニスゼッチを並べて、「どっちが好き?」といわれたら、迷うことなくメルキと答えます。

だって赤いんですもの~

でも「どっち欲しい?」って言われたらムニスゼッチかな~

だってメルキは、すでに我が家に沢山居ますからね~

ほどよいアゴの湾曲と、全身に赤みがかかる非常に綺麗なクワガタです。国産ノコギリをよりスタイリッシュにした感じ?でしょうか。

同じフタマタ属の、マンディブラリスと並んで、我が家で一番お気に入りのクワガタの紹介でごわした

コメント:8 トラックバック:0