クワガタ漬け。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


2012/12/15(土) 20:15 ノコギリ(ファベール)
ノコギリ。ファベール、パリー、アンティローペ
さて、明日は選挙ですか。

雪深い&山の中腹にある我が家近辺には、全く街宣車が回ってこないので静かでいいです

そして寒い冬はなぜかアイスが食べたくなって…皆さん、

sanshoku.jpg


三色トリノってアイス知ってます?

小学校の頃はまっていたんですが、随分前に販売終了していたんですね。安いわ美味しいわ、3つの味が楽しめるわ、当りつきだわで大好きでした

今食べたら美味しいのかな??復刻販売しているこちらも、我が家の近くでは見たことが無い…食べたい食べたい!!



そうそう、申し上げ忘れていましたが、先週からカテゴリー欄に【終】マークを付けました

ええ、お察しのとおり、累代終了した種につけております、はい。

我ながら色々飼育してますが、【終】マークついていない種も結構ありますね

手が回っていないのが実態なので、なんとかしなきゃぁ。と言い続けて何年??





さて、今日は3種に触れますが、全てノコギリです。自然消滅累代終了候補・・・?

まず、ファベール。

ファベールノコ1

虫友のIさん、Hさんからそれぞれ譲っていただいた個体でのブリードです。形状がかわいらしく、色合いも好き、サイズも手頃となかなかに私好み。

今回はIさんの「確か材に産んだ気がする」という情報を唯一の拠り所に(調べろよ)、下記内容でセットしました。

材:ミラビリスノコギリで使用したカワラ材の、中古材
セット内容:中サイズケースの底部数センチを固く詰め、その上にカワラ材1本を転がし、材の4/5程度が隠れるまでマットで埋める。
温度:管理せず放置。多分、15~25度でグチャグチャ。

材産みだろうな、と思いつつ、マットにも産むかも??とかすかな期待をかけての、材産み・マット産み双方対応セットとしてみました

セットしてほどなく、♀が材をあっちゃこっちゃと齧りまくっていたので安心していましたが、セット後2カ月経過してもニョロが出ている様子なし。マットに産んでいる様子も皆無だったので、不安になって11月下旬に割り出してみました。



けっかー



収穫ゼロ!です。わーん

うーん、齧っていたのに産まないとは誤算でした。無精卵でも産んだのか、そもそも齧っただけで産んでないのか、今回は採卵をサボったのでわかりません。

原因が分からないので対策も今一つ立てられないのですが、とりあえず材産み用のセットに切り替えて、再セットです。

内容は、マットを数センチ軽く敷いて、その上に中古カワラ材3本(少し硬め1本、普通1本、グズグズ1本)を転がしただけ。

ペアリングも面倒だったから、そこに♂♀をエイヤっと同居させちゃいました。まあ♂♀とも成熟していそうだし、多分大丈夫。
そして♂より♀の方が強そうな印象なので、万一事故があっても泣くのはきっと♂の方でしょう。うんうん。

今回は出来れば、採卵にもチャレンジしてみたいと思います。んが、きっと卵小さいだろうな…てか、そもそも採れるのかしらん??



次、アンティローペ。

アンティローペ38-1


元々累代終了する気で大半を売りさばき、1ペアだけ残したのですが、そのペアを引き受けてくれるハズだった某国在住のGさんが急遽、NGに!

でも次回帰国時に出来れば…との申し出があったので、累代しようか迷って。暫く放置してたら♀のフセツが1~2本かけてました。

慌ててセットした結果はー

ant1.jpg

あ、いた

♀のコンディションはかなり悪かったと思うのですが、採れすぎても困るので。と、セットは小ケースに、マットは半分くらいしか入れませんでした。

なので、採れすぎても20匹くらいだろう。と高をくくっていましたが

ant2.jpg

これまだ、割出途中です。60匹を越えた時点で中止しました…

うーん、やはりアンティローペ恐るべし!次回はミニケースでセットしよう

ということでGさん!

多分この記事は読んでないと思いますけど、多分累代継続ですよ。これでF9世代ですか。あと1つで二桁ですな。




さいご。

パリーノコ110505

パリーノコギリです。こちらもアンティローペに負けず劣らず、爆産系です。

飼育も産卵セットも、かなり大雑把でも丈夫に育つし、産みます

色が赤くて好きなので累代してますけど、黒かったら多分飼ってませんね~。Iさんから飛ばしてもらいました。

今回、某オクで幼虫を落札したboriさんから「温度、10℃くらいでも大丈夫?」と質問があって、思い出した。

そういえば、室温10℃を切る部屋に

p1.jpg

パリーノコの割出後のマット&破砕された材を保管していたのを。

まあかなり丈夫な種なのですが、温度域は20~25℃くらいと勝手に思っていたので、画像にあるとおり「材に幼虫アリ」でも多分★になっていると思いきや。

p3.jpg

マットおよび材の両方から、計13匹も出てきました

弱っている様子もないので、非常に驚きました。すげぇなこいつら…

ちなみに

p2.jpg

孵化間もない感じもする、初齢も出てきました。9月に幼虫を割り出してから放置してましたので、孵化後殆ど成長していないんでしょうね。

まあ低温だから仕方ない。生きていただけ、めっけもんです。

ということでboriさん、10℃でもいけそうです(笑

でも明らかに成長速度は落ちるので、おススメは出来ません。はい。



因みに10℃前後の過酷な環境にあった、これら割出カス。パリーノコ以外はどうだったかというと

・フォルスターフォルスターフタマタ…元気に生存!まあフタマタはOKなのは知ってましたが。
・チュウホソアカ…元気に生存!さすが低温種。
・ギラファホソアカ…★個体発見。高温域で元気な種ですから、やむなし。
・エラフスホソアカ…元気に生存!これも低温種。

って感じでした。

因みに低温種のチュウ、エラフスの両キクロは、きちんと成長もしていましたさすがですね~。

以上、本日は長文で失礼しました。書きすぎたからしばらくサボろうかな~
スポンサーサイト

コメント:12

2012/08/18(土) 18:46 ノコギリ(ファベール)
ファベールノコ
お盆ちゅうこともあって、先週末は珍しく草野球がございませんでした。

ので、妻と二人で近所の山へ。

120818-0.jpg

登り始めてわずか5分で老婆と化した妻を先行させ、上ること1時間。



120818-000.jpg

どうにか山頂に

120818-00.jpg

着きました

因みにこちら、観光名所になっているのですが昨年に数億円をかけて全面改修。

120818-00000.jpg

立派なコンクリ建造物が頂上に鎮座しており、その建物2階には

120818-000000.jpg

場所ににつかわしくない、登山客には入りにくいレストランが…

値段を見ると

120818-0000000.jpg

ランチで2000円前後が相場です。

登山客の服装では入りにくいお店。ロープウェイで来るお客さんが大半ですが、ふもとからの往復料金は1700円。これは市民のための施設じゃないですね…

観光客でも、この値段設定はどうなのかなぁ??改修前はラーメン屋とか入っていたんですけど。

貧乏我が家は、観光客として浮かれて到着しても、ここには入らないだろうと思います。地元食材の美味いものが全面に出ていれば、多少贅沢してもいいんでしょうけどね。

ということで、観光客でもない、地元登山民の我が夫婦は横目でにらみつつ、下山開始。

120818-0000.jpg

このような光景をながめつつ、下山していると

120818-2.jpg

途中でこんなん見つけちゃいました。採集したのは初めて

ということで、先週末は普段と違う箇所が筋肉痛になってました



さて、筋肉痛の中、クワ作業です。まあ最近はぼちぼち真面目に飼育しているのでネタは尽きませんが、ブログ更新意欲が全く追いつきません

今回は

ファベールノコ1

ファベールノコです。IさんとHさんからそれぞれ個体を飛ばしていただいて。先週、1つだけ産卵セットを組みました。

セット内容は、柔らか目のカワラ材を無添加マットでほぼ全部埋めたセット。

材産みなのかマット産みなのか?まあIさんHさんに事前に聞けば良かったのかもしれませんが、まずはお試しでセットです。

すると

120818-1.jpg

材の表面を一生懸命齧っているようで、マット等には潜っている気配がありません。

後からIさんと電話する機会があったので尋ねてみると、やはり材をかじることが多いとか。ってことは、マット入れすぎたかな??

まあ、産んでいてくれればいいか!産んでいないかもしれないケド




ほか、最近の羽化個体。

120818.jpg

F15世代突入の、ブラックブルーペレメタ。頭まで蒼くならないかな??まだならねーなぁ。

そしてこちらが

ギラファ白目2

ギラファホソアカ、ホワイトアイ。

でも遅い!!!!こいつと同血統の♀は全て羽化済、飛ばし済。つまり交尾相手がおりまへん。

ギラファ白目1

この血統は20匹ほど羽化させましたが、白目で出たのは最後にうっかり出てきてしまった、彼だけです。うーん、どうしたものか…別血統の幼虫が羽化・成熟するまでもつかな??

ホソアカは寿命短いから難しいかもしれませんね~

コメント:2

2012/07/15(日) 20:45 ノコギリ(ファベール)
ファベールノコと飼育種減

暖かくなってきましたね~って悠長なことを言っているのは北海道だからでしょうか。本州はもう暑いのかな。

何やら日本列島の気候が無茶苦茶になってきている気がします。特に九州方面の方々は大丈夫でしょうか?心配です。こちら北海道は、同じ日本とは思えないほどいつも通りなんですけどね…



さて、少し肌寒ささえ感じる北海道の我が家。本日は庭作業等しましたので、一部生体のマットも処理しちゃいました。

その中で。我が家で唯一のカブトムシ、

kabu.jpg

国産カブがようやく羽化してきました。

まだハッチしていなかったのですが、もういいべぇ、と適当に割り出したら1匹羽化不全ぽい蛹を★にしてしまった以外は、全て羽化しておりましたです。



元々わたくし、余りカブトは好きではありません。

臭いが苦手だし、餌あげたらかぶりついているだけだし、餌なくなったらブンブカうるさいし、その時一番臭うし。

ので好きで飼い始めたというよりはクワガタ幼虫の食いカスの処理係、および家庭菜園用肥料作成係として飼育開始したので、せめて楽しむためにと

akakabuto.jpg

色は当然赤です

akakabuto2.jpg

あっかでーす

今まで気にしたことなかったのですが、♀にも赤っぽいのがいるんですね。

akakabumesu.jpg

やたらと動くのでうまく撮影出来ませんが、足部や腹の部分が赤い個体がおります。

まあカブトに限っては産卵フェチの本能を封印していますので、余りペアリングするつもりもありませんが、最低限は確保せんといかん。

ので、今年は赤♂と赤♀だけでブリしてみようと思います




さて、毎年言っている気がしますが、ぼちぼち減種しないと手が回りません。

何を減らそうかな?ということで、現在の飼育種を考えてみると…うーん、考えたくない(笑

せめてノコギリだけで考えてみますか!

現在飼っているノコギリは

・ミラビリス
・ジェンキンス
・グラキリス
・パリー
・トカラ
・ポルトン
・アンティローペ
・ドルサリス
・カネギエーテル

ってところですか。全部で9種。ノコギリ好きでもないのになぜこんなに増えた…

ということで、どんどん減種せんといかんですね。候補は

・ジェンキンス…今回ブリードで終了予定
・トカラ…まだ幼虫、一度もブリしてませんけど多分終了予定(w
・アンティローペ…累代はF8だっけか。もういいよね。
・ドルサリス…赤くて好きなんですけどね。もっと好きなのに集中するために涙を飲んで。
・カネギエーテル…200カップで大歯が出る優等生ですが、こちらももういいや~。

ということで、大量減です。9種いるうち5種減ですか。グラキリスも微妙だし、結構減りますね。



でも減らすだけだとさびしい。寂しい?

だから、という訳ではありませんが、昨年Iさんから送ってもらった某ノコギリの幼虫が羽化して。それがきちんとペアになっている自信がない(まだ掘り起こしていない)ので、欲張って。

ファベールノコ

送ってもらいましたよ、ファベールノコギリ。うーん、アフリカノコが多いなぁ、我が家。

他にもポルトン、血統入れ替え用のサンギレンシスメタリ、ミラビリス♀、お菓子等を頂戴してしまいました。Hさんアリガトー!




そして最後。

妻の姉が我が家にお土産を持ってきてくれました。

0715aaa.jpg

これも増種に入るんですかね~

コメント:10