クワガタ漬け。
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/03/02(水) 19:00 ノコギリ(トカラ)
切れてます
最近、子供の食事に合せて早めに夕食を摂ることが多いので、就寝前にいつも空腹になります。食欲との戦いに勝てる事は非常にまれで、本日も

160228-0.jpg

コイツを食いながら更新してみます、ズルズル


さて、タイトルにあるとおりネタが切れました。2/28にサバ産マンディブラリス

160220赤マンディサバ2

の♀(↑コイツとペアリング済)を一匹産卵セットにぶちこみましたので、晴れて手元にブリ可能な個体がゼロになりました

後食中の個体は全てオスのみ・・・と思いきや、♀だけ後食しているのが

081202インペラ♂

赤インペラトール(画像は遥か昔の画像の使い回し)ですが、先週蛹室作った個体とは別に、気の早い一匹が

160228-1.jpg

2月下旬に蛹になっていました。インペラは長生きですので、ブリードは何とかなりそうです、良かったよかった

ということで、我が家の飼育種で羽化している個体のうち、活動中の個体は全てオスのみ、ないし♀のみの今日この頃です。ネタなぞそうそうあろうハズもありません。



そういいつつ、もしかしたら活動開始したっぽいのが

160228トカラ1

また原因不明で画像がタテになってしまった、悪石島トカラノコギリ、CBF1.画像の個体が一番発色がヨイ。

他にも

160228トカラ2

幾つかの個体がカップの中で動き始めている模様です。まだ白フン出してませんし、何より♀がまだお休み中

でもオスだけでも気配が出てきたのは嬉しいことです!マット産み種カモーーーン!!

・・・ま、現在前蛹~蛹になりつつあるキンオニの方がブリード開始は早いでしょうけどね。とにかく材産み以外の種でブリしてえ!!

さて、ということで中身のない記事はそろそろ終わりにしますが、タイトルに絡むのはクワネタだけではありませんでした。

160228-00.jpg

こちらもでしたぁぁぁ
スポンサーサイト


2014/04/13(日) 21:08 ノコギリ(トカラ)
ご無沙汰。
久々の更新…ブログの書き方を忘れるレベルのサボタージュをしてしまいました。

ただ公私とも忙しく、更新のための時間と意欲に欠けているだけですので、飼育はぼちぼちと継続しております。はい。




さて、札幌にもようやく遅めの春がやってきたようでして、我が家の庭でも

140413-1.jpg

うっかり生えてしまった、ふきのとう。

140413-2.jpg

ひっそり自生している、ギョウジャニンニク等を発見できました。まだまだ雪が残っている状況ですけど、確実に暖かくなってきています




さて、最近の羽化個体。

キンオニ140413

キンオニクワガタっす。♂ばかり先に羽化してきてますので、♀のハッチ待ちです。

なんせこのキンオニは、寿命との勝負ですから…羽化ズレ厳禁!!




次に

ディディ140413

ディディエールシカ。画像圧縮するのを忘れたのでデカいですね(汗

累代を重ねる毎に何故か黒化していきます。既にディディの面影無し!(サイズのせい?

思いきりフラッシュを浴びせると

ディディ140413-2

辛うじて黄ハンらしきものが見えますが、何故こうなるんでしょうねぇ。CBしても何しても黒くなるのは、餌や環境のせいなのかなぁ。



さて、今回のお題はトカラノコです。2年前に幼虫で購入し、ほぼ完全に放置していたので、カップの中はドロドロ。

羽化してきたのは5幼虫のうち2匹のみで

トカラ140413-1

黒っぽい中型個体と

トカラ140413-2

なかなか良い色の、少し大きめ個体。いずれも430CCカップで羽化していますので、経済的で良いわ~

でもトカラも、黒いのとそうでないのと結構差があるんですね。色の良い方はフラッシュ浴びせると

トカラ140413-3

こんな感じ。ミラビリスノコギリみたいっすね。以前SHOPで見た時は特に興味を持たなかったのですが、自宅で羽化させると愛着もひとしお(放置していたくせに

で、この2♂しか居ないので、先日♀を久々にポチっとしました。

もう少し暖かくなったら、休眠から目覚めてくれるかな?

ということで、久々のUPでした。次回のUPも未定でぇっす

コメント:6

2012/02/19(日) 17:48 ノコギリ(トカラ)
トカラノコギリ
早く来い春ー、はーやーくー!

と叫んでみても、外気温は氷点下は当たり前の銀世界…雪国に住んでいると、本当に春が待ち遠しいです。






さて、最近モチベーションに波があるのですが、それでもクワ飼育は続きます。

で、クワ飼育だろうが仕事だろうがなんだろうが、物事には優先順位ちゅうものがありますわね。

社会人なりたての頃、先輩に良く言われたことがあります。やりやすいもの、好きな仕事から始めちゃいかんゾと。やるべきことからやりなさい、と。

で、我が家のプリンカップには

120219-3.jpg

こんな顔して「早くマット入れ替えろよ!」と叫ぶ幼虫どもがわんさかおります。因みにカップは200です。

気が向いたときにまとめて入れ替えることが多いのですが、気が向いたときって一体??というくらい、気が向きません。

結局やるのはもっぱら、産卵セットの御開帳&採卵ばっかり。

うーん、そりゃ成虫も大きくならない訳です




という言い訳を前置きして、最近羽化が始まっているのが

ギラファ120219-1

ギラファホソアカです。相変わらずのハサミ君ですが、やはり色がいい…!!赤フェチの心をくすぐりまくりです。

ギラファ120219-2

そろそろ活動し始めた個体が出てきたようなので産卵セットも検討したいのですが…まだ寒いんですよね~

そして春先には、オンボロな我が家のリフォームを控えているので、一か月半程度は温度管理がほぼ出来ない状態になります。その時の外気温は、恐らく一桁。リフォーム中の仮住まいに持ち込む手もありますが、さてどうしたものか…?




ま、その時考えよう




あと、細々と産卵を続けている

1218マンディ

マンディブラリス、ボルネオムラトゥス産。現在はCBした血統を2血統管理してまして、2つ目のCB個体が

120219-1.jpg

孵化してきました。4匹いっぺんに孵化したのは久しぶりなんで、意味もなく写真撮っちゃいました。



あ、そうそう、脈略無いのですが、飼育種紹介。そろそろ最後の方になってきました。今回も前回同様、成虫画像がありやせんが

120219-2.jpg

年末に酔った勢いでポチっとした、トカラノコでした。

早くて今春~夏に羽化、ブリードは来年でしょうね。うーん、先の長い話だ…忘れちゃわないよう気を付けなければ。

因みに本日の記事の最初の写真は、何を隠そうこのトカラノコの♂(多分)です。早く入れ替えろ~!!!



最後。

120212-1.jpg

先日、「孵化した!」と喜んでいた、ルリーシュリンプ。順調に成長するかどうかがキモだったのでドキドキだったのですが、

120219-4.jpg

あれ?画像で比較したら余り変わってませんね(笑

でも肉眼では明らかに1周り~2周りくらい大きくなっています。一部個体は色もハッキリしてきてますし、エビらしくなってきました

少なくとも以前よりは、各段に生存率が上がっているようなので、本当に嬉しい

0702b.jpg

そして孵化した直後から、♀がまた抱卵しています。産卵意欲旺盛です。我が家のクワガタも少し見習って欲しいものです(?

ルリーだけ管理水温が少し高めなので、抱卵してくれている模様。他のエビ君も、もちっと温かくなったら抱卵してくれるでしょう。

でも、それまでの間に何とか他の水槽も水質改善しなきゃいけないので、間に合うか?それよりもリフォーム時期を乗り越えられるか??

いっそ、来月から一気に気温2ケタ半ばくらいにならないかなぁ…



ん??最近、クワガタよりも水槽系の方が気になってるんじゃないかって??そ、そんなこと…

コメント:9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。