クワガタ漬け。
2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/09/08(土) 23:36 ザリガニ
久々にフロブル
本日のメインは久しぶりにザリガニです。虫はおまけね。

1209フロブル


1.5年位たちましたかね?稚ザリで購入した我が家のフロブルも順調に成長し、現在はそれなりに子孫(=画像個体)を残してくれています。ただ、今年春先のリフォーム前後では、色々な意味で良いとは言えない環境(=餌を与える以外に手を入れられない状況)にあったために

水草


このような水草が大繁殖

水質は最近計っていないので詳細不明ですが、フィルターの目詰まり感、水質の汚れ具合等も結構なものだったため、富栄養化していたのでしょう。

リフォーム完了直後に改善しようと一瞬思いましたが、当時はチビザリがかなり小さかったためとりあえず放置。そしてこのたび、大半の個体が2センチ前後に成長したので、度環境改善&仮置き場からの引っ越しをしました。

水草は徹底的に除去!除去!除去!

この水草も少しある分には見栄えもいいし好きなんですが、まあ繁殖速度が速いですからね彼らは…油断するとすぐ、光を遮るぐらい繁茂する。ということで撤去するなら完全撤去です。

まあ、目に見えるのを除去したところで、いずれまた繁茂してくるでしょうが

引っ越しついでに、本来ザリの餌用に水槽にいれていたドジョウも強制退去してもらいました。50匹入れていた個体のうち2匹だけがしぶとく生き残っています。

ドジョー

さんざんザリに追い回されて、現在では存分に反応が良くなっているので、放っておいたら恐らくもうザリに捕食されることはないでしょう。逆に多分、そこそこの数の稚ザリが彼らに捕食されていたものと推察されます。よってもはや彼らの存在は残飯処理以外に益が無いので、この機会に退去してもらいました。このドジョウ、現在はミニプラケに2センチ水はっただけの環境に閉じ込めていますが、今後はどうしよう(汗

ということで晴れて引っ越し完了!水質も改善され、すっきりしました。

でも、60センチ水槽の中は

1209フロブル2


ご覧のように過密状態です…

本来フロブルは共食い等も少ない…少なくとも我が家では積極的な共食いや攻撃等は見たことが無い…ので喧嘩も余り見ないのですが、過密状態はそれを誘発します。

それゆえでしょうか、ここ数カ月で、適齢期の♀が全滅しました。子育て実績もあるお母さんが2匹居たのですが、1♀は6月頃、脱皮直後にハサミを2本ともとられてしまい、それが原因か否か不明ながら1か月後に★に。残り1♀は9/4に脱皮不全にて★になりました

彼女の娘の一人がそろそろ適齢期、というより繁殖可能サイズになるころあいなのですが、彼女もまた先日脱皮した際にハサミを2本ともとられてしまいました。これじゃ交尾できねっす。それ以前に、水槽という限られたスペースにおける生存競争に負けてしまう。

この過密状態を解消するには、水槽を増やすか個体数を減らすか、のいずれかです。

前者はスペースの問題で難しく、後者はオークションとかにかければさばけるのでしょうが、ザリを発送した経験がないため二の足を踏んでしまう感じ。専用の熱帯魚用ビニールやら何やらを手配するのも面倒だし、どうすりゃいいんですかね。ということで、フロブル君に関しては八方ふさがりな今日この頃です。



さて、最後にちょいとだけ虫。

なんとなんと、

akakabuto.jpg


国産カブトムシの累代失敗しそうです。あれだけ旺盛に交尾しまくっていたのに、どうしたこったい。一度卵は回収したのですが、全て無精卵である模様。インラインが続いている(累代不明)ためか、個体の生殖器などに問題があるのか。

よく分からないので改めて交尾させて…というより面倒なので産卵セットにペアで放り込んで放置していますが、放置後3週間経ってもニョロ見えず。ってことは多分ダメだな。

カブは別に好きでもなんでもない…むしろクワガタなら1/2カットサイズで1~2週間程度ももつゼリーが1個が1日なくなるし、無くなったらブンブカ飛び回るし五月蠅い!ということで居なくてむしろウェルカム?だったりもします。が、残飯処理&家庭菜園の肥料作成担当として、幼虫だけ欲しいんだよ、と。

そのためだけに、わざわざ改めて購入するのも面倒だし、来年になったら天然ものを久しぶりに採集でもしようかしらん。それとも、カブに手が伸びない私が心くすぐられる外産種を見つけようか…迷うところです。


んんん~、色々探しましたが、やはり外国産カブトで手が伸びるのは無さそうだぁぁ
スポンサーサイト

コメント:6

2011/03/26(土) 21:27 ザリガニ
少し、復活。
ご無沙汰しております。

震災後、かなりの期間気が滅入っていましたが、最近ようやく復活してきました。

私は東北地方に昔なじみの知人等は殆ど居ないのですが、以前勤めていた茨城県の会社の人間が原発に入っていたり、昔働いていた工場も打撃を受け再開のめどが立たなかったり、と自分と関わりのあった人達にも影響が出いる状況です。


復興のために私ごときが出来ること等は限られているのですが、それでも自分の出来る事を地道にやっていこうかと思います。

今だけではなく、出来るだけ長い間気持ちを向けたいと思っています。

震災に遭われた地方の皆様方の、一刻も早い復興を願っております。








ということで震災の復興を祈りつつ、本ブログをぼちぼち再開しようと思います。しょげてても仕方無いので、いつもの調子で行きますわ。





じゃん

0326-2.jpg

最近、ミニスゼッチホソアカの羽化ラッシュです。200カップで飼育していても、ご覧のような大歯で羽化してくれる、とても素敵なクワガタです。

しかしこのミニスゼッチ。

累代を「インラインで」重ねるほど、白目の出る確率が上がる・・・という話を聞いていて、この前の世代

0211-3.jpg

CBF3世代で、メスだけでしたが、ピンクアイ個体が続出しました。この画像は太陽光の下で撮影。ね、ピンクでしょ。



ということで、今回のCBF4世代には期待していたのですが、今の所羽化してきた個体、7匹は全て黒目です

まだ羽化していない個体も居るには居ますが、これは期待薄かな??

全部黒目だったら、累代継続を考えてしまいますね~。




一方で

0326ダビソン

Iさんから譲っていただいた、ダビソンフタマタの♀も羽化してきました。

試しに1匹掘り起こしてみたのですが、こちら

0326ダビソン白目

ホワイトアイです

この個体、いつ羽化したのかは不明なので、もしかしたら時間の経過と共に黒目になるかもしれませんが・・・♂の様子も近々見てみようと思います。多分幼虫だと思うけんど



ま、春ということで羽化個体が最近多くなってきました~。北海道はまだまだ寒いですけどね。




で、虫以外の話題。

震災後、ずっとTVを見ていましたが、どの局も辛い情報ばかりで頭痛が止まらなくなりました。ので

0326-1.jpg

ついつい、こんなものをレンタルしてしまいました

小学生の頃、この画像を何度も描いたな~。ロボットではありえない足の開き方が好きでした

ストレスが溜まって、子供心が急に戻ってきたような感じです。

そしてそのストレスが・・・

続きをどうぞ


コメント:12



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。