クワガタ漬け。
2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/02/20(土) 18:48 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
赤づくし
本日、我が家のサッシを一部改修しました。

私の背丈以上の高さがある、そこそこ大きなサッシなのですが、隙間風が入って鳥部屋と虫部屋の室温を下げてしまうので見てもらいました。

てっきり数年前に実施した大規模リフォームによる後遺症だと思っていたら、業者さん曰く「目的はよくわかりませんが、なんか、細工してありましたよ。戻したら直りました(笑」とのこと。

まあ原因はともあれ、修理のお蔭で室内の温度は安定したように思います。恩恵を受けるのは人間よりも、飼育している鳥と虫ですが


さて、業者さんが作業している間にただ見ているだけっつーのもアレなので、数日前からペアリングしていた

160220赤マンディサバ

サバ産マンディブラリスの産卵セットを追加しました。我が家のサバ産は「黒目系」で4血統、「白目因子系」で3血統も血統数がありますが、今回セットしたのは一番赤みが強い血統(CBF2)です。

160220赤マンディサバ2

アゴの先まで赤いので、かなりのお気に入り。CBF3血統を確保すべく、もう1♀セット予定です。

因みにセットはこんな感じ。中ケースに産卵木3本転がすだけ。

160220-1.jpg

室温が上がらなかったので、今までの産卵ペースはまだ今一つですが、今回のサッシ改修で状況改善に繋がればいいなぁ。


そして他のこたいーーー。たまたまですが、全部赤繋がりです。

160220-2.jpg

♀ばっか羽化してきている赤インペラの♂と思しき個体がようやく前蛹になりました。さっさと蛹化せい!と、2~3匹の幼虫を200CCカップに移し替えたら、いきなり効果が出ました

♀はまだ後食してませんし、インペラは比較的長生きなので間に合うかも

そして、私の失態により3匹しかニョロが採れなかった

160220-3.jpg

ギラファホソアカ(確かこれがCBF3)の1匹が、同じく前蛹になっていました。時期としては良い時期ですね。北海道の遅い春、4月にはブリード出来るでしょう。♂♀が揃えば、の話ですが。野外品の入荷は無いだろうしな~

そして、うっかり今頃羽化・自力ハッチしてきた

160220赤マンディムラトゥス

同じボルネオ産マンディブラリスのうち、産地がサバでなく「ムラトゥス」の血統。この個体、サバ産に負けず劣らず赤いです

でも♀は一匹も残っていません、既に昨年に全て羽化して、昨秋にブリードも終わってます。その時産まれたニョロの羽化を促すしかなさそうですが、これはさすがに間に合わないよなぁ…

ということで、本日は赤尽くしでした。ではまた忘れた頃に
スポンサーサイト


2013/02/16(土) 18:44 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
サバ産マンディその2
北海道ラーメンランキング(クリックすれば飛びます)。

皆さんご存知のお店が、結構意外な順位に入ってませんかね。まあ上位でもあからさまに怪しいものもありますが、本日は春一家というお店に、妻と二人で行ってきました。

頼んだのは、最近流行のエビラーメン780円。

130216-1.jpg

及び、妻は「黒八味噌ラーメン」840円

130216-2.jpg

スープは黒大豆、黒ゴマその他で作成したというオリジナル味噌で

130216-3.jpg

真っ黒です。

麺は両方ともストレートの中太麺。

感想としては…黒味噌はゴマが効いていて美味しいけど、少し脂っぽい。そして、840円出して食べたいとは思わない。

エビラーメンは、有名な一幻の方が好みだったりします。こちらも40歳のオヤジには少し脂がきついですからね。

ということで、なかなか再訪はしないかなぁ。今後、2週に1回くらいのペースで、気になるお店に足を運んでみようと思います。

因みにそんな感じでブツブツ言っている割には、小ライスで最後はおじやにして完食してますけどねでぶまっしぐら!!




さて、虫は相変わらず大したネタも無いんですけど、ミルコさんから譲っていただいた

サバマンディ・ミルコ血統


サバ産マンディブラリス♀が

130216-a.jpg


ぼちぼち孵化を始めました。ここまでの累計で15匹。とりあえず累代分は確保!

ミルコさん血統は我が家より断然鮮やかな赤を示していましたので、血の入れ替えが出来たことも含めてかなりホっとしました

現在卵3個に1個が無精卵という微妙なペース配分で産卵継続していますが、恐らく最終的には20~30匹くらいで終わりそうな予感がします。

飼育を始めたばかりの頃は、ブリード♀でもWD♀でも50前後はコンスタントに採れたんですけど、最近はサッパリです

恐らく今でもWD♀なら同じくらい採れるように思うのですが、ボルネオ産のWDが入るのは個人ルート以外は難しいでしょうから、現実的には無理。

で、結局ブリード♀のみしか使えない…本来なら産卵数的に有利なはずなんですが、現状は無精卵を除くと20~30、少ない場合は10弱~15匹で納まってしまうパターンが殆ど。やれやれです。

表層的な部分で考える、減った原因は大きく2つ?根っこの部分の原因はわからんちん

1つ目は、以前ほどマメに採卵していないこと。でもこれって逆に、やり過ぎより良いのかもしれないけど…
2つ目は、産卵された卵における、無精卵の率が上がっていること。うーん表層的…

産卵初期に無精卵が混じるのは他の種でもままありますが、今回のように有精卵と無精卵を織り交ぜながら産卵継続するってぇのは、何が原因なんでしょうかね…?

♂の種が無い訳じゃないでしょうし、♀のタンクに溜めてある♂の種が枯渇してきている訳でもないでしょうし…となると、♀側に原因があるんでしょうか。追いがけしても変わらないので、きっとそうなんだろうな。何か有効な対策は無いものでしょうか


他、特段変わったことはありませんが、誤魔化しで最近の蛹化・羽化個体群なぞ。

ディディエール。

130216-0.jpg

エラフスホソアカ。

130216-00.jpg

うっかり200カップ羽化、サンギレンシス。

130216-000.jpg

他は前も書いたかな?ムラトゥス産マンディブラリス、チュウホソアカ、モンギローニ、パリーノコ、パプキン(赤系&青系)、国産キンオニ、ミラビリスノコ、パープル系ペレメタ、タランドゥスホソアカ、インペラトールホソアカ、スペキオススホソアカ、グラキリスノコ、ミニスゼッチホソアカ、アドゥンクスフタマタ、ギラファホソアカ…

うーん、自分で書いててびっくりだ、暖かくなって後食始まったらかかる手間が凄いなこりゃ。

今春からは今までより仕事が多忙になり、時間が取れなくなる予定。なので、いよいよ今まで口先ばかりの減種を実現せねばなりませぬ。

しかし優柔不断な性格なので、減「種」よりは、手元に残す幼虫個体数を減らして、その結果累代が途切れたらそれはそれ…と割り切る形で対応しようかと思っております。そのほーが現実的ですわね、はい

コメント:5

2013/01/12(土) 13:13 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
サバ産マンディ。混血??
先日、ちょっとしたきっかけで以前虫をやりとりしたことのある方と連絡を取りました。

ことのきっかけは、その方が某オクに出品していたペレメタの色合いが今まで見たことのない風合いだったので、Q&Aで質問したことがきっかけです。

「これ、ペレメタっすか?」捉え方によっては非常に失礼な質問なので気を遣いつつ…

そこから話は膨らみ…交雑というか、HBというか。こういうの、実際どこまで進んでいるだろうね?と。

私の個人的な見解としちゃ、「見分ける能力が無いので、個人として出来る努力はするが、純血主義にもならない(なれない)」というところです。

産地や亜種については勿論個人レベルで管理していますが、オークションその他で個体を入手してペアリングするのはザラにある訳で。

その際、その個体が果たして正確なラベルを示しているのか?それを判断するには、相当の鑑識眼と経験が必要になります。少なくともヘッポコな私は持ち合わせていません。

まあこれらの交雑・HBが生み出される背景の大半は、オークション等における価格のつり上げが目的なんでしょう。うっかり混ぜちゃった、ってのもあるかもしれませんが。

そう考えると、「貧乏飼育万歳!1万円以上の個体は家に入れるべからず」が不文律の我が家では殆ど心配ない(笑

でも念のため我が家でHB等の可能性のある種を考えると、恐らくは

・サンギレンシスメタリフェル
サンギ♂

・ボルネオ・サバ産マンディブラリス
サバマンディ・ミルコ血統

・ボルネオ・ムラトゥス産マンディブラリス
ムラトゥス1


の3種かな?サバもムラトゥスも同じ亜種だから、正確には2種か。

モンギローニとかもいるけど、彼らは特徴しっかり出ますからさすがに大丈夫でしょ。



我が家のサンギレンシスは、元々は虫●ドットコムちゅうSHOPから入手した個体ですので、信頼度は高い。ハズ。

でも入手したのはH17年頃。その後、最低3度程は血の入れ替えをしています。

確かオークションで♀単品落としたこともあるので、その時にハルマヘラ産等の、色合いの似た別亜種を掴まされている可能性は否定できません。

サンギレンシスなんて、元々価格自体大したことないんだから、そんなことは無いと信じたいですがどうなんでしょ。

そしてその我が家のサンギレンシスの幼虫を100匹近く引き取っていった、恐らくはSHOPさんと思しき落札者さんもおりましたので、そうなるとそもそもSHOPの個体ですら交雑個体である可能性を否定できません。

まあそう考えたらきりがないですね…

マンディブラリスにしても、サバ産は内歯が基部寄りだとか言われていますが、正直我が家のミニサイズでは全然分かりません(笑

そして併せて赤が特徴、とまことしやかに言われていますが、我が家では累代終了したスマトラ産だって赤いの居ましたし、正直混ぜたらどうなるのか?

我が家のサバ産は、歌舞●屋さんというSHOPの個体、インラインのみ。

ムラトゥス産は岡●商会さんというSHOPの個体と、ビッダ落札(個人)個体のCB。

いずれも私なりに信頼できる筋から集めた個体なので、まあ大丈夫だと思いますが、ぶっちゃけムラトゥス産なんて色以外に識別対象となる特徴ってあるんでしょうか。やっぱり混ぜたらわかんねーだろうな、と思ったりします。

と諸々考えると、冒頭の

「見分ける能力が無いので、個人として出来る努力はするが、純血主義にもならない」

につながる訳です。個人で考え始めてもキリがないし、そもそも楽しくない。

結局私は標本家じゃないので、ラベルが好きなわけじゃなく、かっこいいクワガタの飼育が好きなわけですからね。

以上はあくまで個人の意見なんで、異論・反論はコメントいただいても多分わたくし反論しません。100%の正解がある訳じゃないと思うので、ノーリアクションに徹します。けなされたら削除します、炎上したらブログ閉鎖します(w

ということで前置き?が長くなりましたが、今回はサバ産の記事なんでございます。

現在、サバ産で初めてのCBに挑戦中。♀は虫友のミルコさんの個体を使用してのブリードです。

130112-0.jpg


そこそこいいペースで産んでいまして、1週間で5~6個。飼育室の温度が20度を切る環境の中で、頑張ってくれています。

ただ、気になるのが無精卵。

130112-1.jpg

既に一部が線虫に食い潰されていますので、もしかしたら有精卵が無い(もしくは少ない)可能性ありです。

となると、♀の成熟時期を見誤ったことになるなぁ。やはりマンディブラリスの成熟は難しい…♂はフセツの取れたボロボロの個体(我が家ではこういう個体が一番種がつく気がする!)でしたが、彼に原因があるかも?とも思ったので、別の同血統ボロボロ♂(在庫豊富w)ともかけています。

彼らは、インラインした際はきちんと種をつけてくれた(無精卵も混ざりましたが)ので、少しは有精卵あると願いたいところです。

ということで今回もネタが無いのでHB等をメインに書いてみました。

しかし不思議ですよね。某虫友さんは最近水槽系(=魚)をメインに切り替えたのですが、その世界ではHB上等で、バンバン混ぜて特殊な色やら特徴やらを出しているそうです。

虫の世界的にはありえない話ですが、同じ生き物の飼育の中で、こういうパターンもある。

こうなると標本的な価値だとか、DNA情報だとかはむちゃくちゃになりますが、観賞魚としては当然なのでしょう。金魚なんてある意味、交雑の嵐ですもんね。

虫では放虫に相当するであろう、金魚の放流なんて日本全国で当たり前のようにされてます。

いつか虫にもそういう状況が発生するかも…??無いか。

と、一応テンプレートを変更してから初めての更新、第1回目でした。

今回長文書いたし、もうネタが無いから、次回更新は未定!!炎上したら閉鎖!(w

コメント:12

2012/09/29(土) 14:48 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
岩石とサバマンディとオータムフェスト
昨年も行った、札幌中心部で開かれている食のお祭り

fest.jpg


「オータムフェスト」に行ってきました。

週末は殺人的な混雑具合と聞いているので、平日午後にちょいとお休みを貰って顔を出しました。平日でもご覧の混雑ぶりです。


妻と一緒に二人で食べたものは

3shumori.jpg

450円の海鮮3種盛り(ちっさ!)

curry.jpg

600円のスープカレー(量は少ないけど値段相応かな。味はうまし!)

burg.jpg

600円のハンバーガー(んん~)

二人にしては少ないでしょ。他にも食べたいと思ったものはありましたが、「30分並びます」とか言われて食欲が失せました。ので、食べたのはこれだけ。さてこれら、高いか安いか?

唯一失敗と思ったのはハンバーガー。単品で600円と少々お高いのは100歩譲っていいとして、これ別にこの場で食べなくて良かったんすよ。

このバーガー出している店舗、私の一昨年までの通勤路の途上にあった店です。後から思いだした。しかも、その店通常はガラガラ。かつ今回は、店の販売価格より1割以上も高い!どうやら道産肉にこだわっている風でもないしぃ。

ということで、店で買えば安く並ばずに買えるのに、今回は混雑している状況下、わざわざ高いものを買ってしまった、ということです。雰囲気に騙されてしまいました…まあお祭りだからいいんですけどッ




さて、そんな日々を過ごしている中、今週は虫友さんから2件の着弾がありました。

1件目はこちら。

120929-1.jpg

勿論メインは虫。パープル系ペレメタの♀を送っていただきました(画像的には特徴ないので割愛)。我が家のパープルと混ぜたらどんな色になるんだろう??

ちなみに「おまけです」といれていただいたのがこちら。

120929-2.jpg

水晶系の石と

120929-3.jpg

方解石、その他色つきの石、石です。存在感、抜群!

水槽用に、と頂戴したのですが、こんな立派なものをいただけるとは思いませんでした石が好きな妻が「ザリガニにあげる位なら私にチョウダイ!勿体ない!」と鼻息荒く、フガフガと息巻いて1個かすめ取って行きました。

まあ確かにザリガニには勿体ないくらい綺麗ですね…有難うございます!!

で、どうすか?パリーノコ追加で要りませんか?ご入り用なら連絡くださいね~





2件目はこちら。

mirco1.jpg


先日の記事で、「サバ産マンディブラリス、そろそろ血の入れ替えを検討したい」と書いたら、ミルコさんか田中さんかどっちか分かりませんが、とにかく関東在住の虫友さんから

サバマンディ・ミルコ血統

譲ってもらいました。

メールには「うかれサイズじゃないのを飛ばします」と意味不明なことが書いてありましたが、届いた個体はなかなか立派な個体でうれしゅうございます。

累代はこちらもCBF3のようで、我が家の個体よりも赤みが強いですね。これは嬉しい

♀はすぐにでも使えそうな雰囲気なので、近々我が家のうかれサイズ♂とペアリングしてみようと思います。ん?うかれサイズ??

因みに我が家の血統は、現在順調にCBF3世代ニョロが孵化してきています。一部はうかれサイズになる前に、田中ミルコさん(仮名)に飛ばす予定ナリ。

ということで、今週は虫友さんに感謝感謝の日々でした

コメント:6

2012/08/25(土) 08:48 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
うに丼とサバ産マンディブラリス
今年は全く夏休みを取らなかったので、水曜日にお休みをもらって

120822.jpg

北海道は積丹半島に

120822-1.jpg

ドライブがてら、出かけてきました。天気が良かったので、海の色も綺麗でした

この日はこの夏一番の?暑さで、凄いセミの声でしたが、そろそろ短い北海道の夏も終わりの予感…秋の虫も鳴きはじめています。

そして走ること2.5時間。本日の目的は

うに丼

うに丼!

考えてみたら人生初かも?今までは3色丼とか、味に飽きると思って単一のうにだけ、ってのは無かったような。

ウニを食べられない体質の妻は

いくら丼

イクラ丼です。二人で少しだけ贅沢してきました。たまにはいいもんですね~

結局この日は朝飯・うに丼・スープカレー・家で晩飯、と1日4食くいました。ダイエットはどこへ??



さ、それはともかく虫、虫。

我が家では例年よりやや遅ればせながら、フォルフォル、フォルキヨ、メルキ等のフタマタどもが次々と自力ハッチしてきました。

そして同じくフタマタ、

0612ボルネオマンディ(ムラトゥス)

マンディブラリスフタマタです。画像はズボラして昔の画像、しかもムラトゥス産ですが、今回ハッチしてきたのは待望のサバ産です。

ムラトゥス産と違って、内歯の位置が下よりになるとのうわさですが…個体が小さすぎるので違いがワカラナイ(自爆


こちらは某SHOPで真っ赤に染まっていた個体の血統ですが、累代がF5?くらいまで進んだために一度血の入れ替えをしてCBF1にしたそうで。結果、成虫は赤と黒が半々くらいになったそうです。別血統も出来れば赤系でブリしてほしかったな…

我が家が昨年(一昨年?)入手した個体は、予算の関係で「黒」でした。だって、赤は黒の1.5倍くらいするんですもの。でも赤の血も1/2は受け継いでいるはずだ!ということでブリードし、その結果得られた幼虫を羽化させたのが今回の個体です。

我が家の経験では、マンディブラリスはスマトラ産でもボルネオ・ムラトゥス産でも、小型♂ほど赤くなる傾向が強いのですが、今のところサバ産でも同様の傾向が見られ…るような気がします。残念なのは大型の♂が羽化する予定がないので、そこが検証しきれないところ(涙

一応それなりに大きく育った個体は、2リットルビンで菌糸飼育していたのですが、春先の我が家のリフォームのゴタゴタにおける管理不足がたたり、★になってしまったようで…
まだ家のどこかにニョロなりなんなりが居るかもしれませんが、とりあえず今年は小さくても赤み優先でブリード開始するしかなさそうです。

先に羽化していた♀個体を管理不足で数匹★に…ないしフセツ切れ等でブリード出来なくなってしまったので、今回は2♀でのギリギリのブリード。

今回もし採れたらCBF3になります。キクロ等の小型種はインラインが果てしなく続いても気にしません。ペレメタなんてF15世代が続々羽化してますからね。でもマンディブラリス等は気のせいか、インラインが進むと産みが悪くなる印象があるので、また血の入れ替えも検討せにゃいかんです。

ということで、それならいっそ保険の意味で、今から成虫♀を入手してしまおうか考え中…。でもサバ産といいつつ、色々血の混じっていそうな個体も多いようなので、出来れば信頼できる筋から引っ張りたいです。

でも札幌市内のSHOPを含め、販売されているマンディブラリスはほぼワイルド、そしてスマトラ産。サバ産のブリード個体置いているSHOPなんてあるのかなぁ。あってもアホみたいに高いだろうし、難しいところです。どうしようかな??

で、現在は2♀でブリード中ですが、2週間経っての結果は

120824-0.jpg

こちらはダメそうです

右上の卵のダメさ加減が顕著ですね。カビちゃってます。他の卵も無精卵確定。念のため追い掛けしますけど、難しいかな。

そしてもうひとつ

120824.jpg

こちらは、先ほどのよりはまともそうです。でも無精卵でも健康卵っぽく膨らんでくる卵もよくありますし、なんとなく無精卵ぽいのも混ざっていますので、幼虫が透けて見えるまでは油断できません。

貴重なサバ産ですので、何とか採りたいんですけどね。さてどうなることやら??

コメント:8

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。