クワガタ漬け。
2008/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/07/02(月) 23:20 【終】ミヤマ(カプレオルス)
やっちまった~!クワはカプレです
今日は朝から体が重くて、嫌な予感。

自転車で出勤しようと思ったら突然雨が降ってきたので、やむなく車で出勤したのですが…考えたらこの辺から既に、歯車くるっていたんだろうな。



帰宅時に、「ああ、今日は何だか集中力ねぇなぁ」とエンジンキーを回し、少しハンドル切ってボケーっと車を発進させたら


「ポコポコポコッ」


と可愛い音が…













0702-0.jpg


うーん、かわいくない。

私の運転歴はかれこれ20年弱ですが、このようなコスレをするのは都合3回目です。多いな~。

しかもこれ、過去最大面積。

帰宅途中にオートバックス寄ってかんたん見積もりしてもらいましたが、15諭吉くらいでは?とのこと。

うーん、モンギローニが15ペアくらい買えますね。

元々は、ペーパー歴が長い妻の運転練習用に買った車ですが、おいらがコスってどうすんねん。って話です。しかもこすっているの自覚しながら、ボケーっと前進続けちゃったので、側面全部にコスレてしまって更にアホですか、と。

練習用だからと割り切って、少々みっともないのを承知でサビどめだけしてお茶を濁すか。

15モンギローニ…3ボーリン…3ウェストウッディ払うか(単位は最近価格チェックしていないので、誤差はご了承ください)

悩ましいですのぅ…

やはり体が重たくて集中力無い日は、運転しちゃダメですね。ポールにこすっただけでむしろ良かったかも(無理やり前向き)






さて、そんな集中力が無い原因の一つ?が、昨晩のクワ作業。

そろそろ暑くなってきて、いまのまま放置だと生死にかかわる場面が想定されるので、少しずつ片づけを始めたのですが、その中で

kapure♂

何時の間にか羽化して、いつの間にかハッチしてました

小豆色に素敵な赤みを帯びた彼は、その名をカプレオルスミヤマと申します。既に飛翔していたようで、翅がはみでてますね…即ブリの証です。

ひょっとして他にも居るんじゃないか?と思ったらうまい具合に

kapure♀

♀もハッチしてました

タグの「♂」はご愛嬌…よくある判別ミスですが今回は結果オーライ。

まだ一度もゼリーを与えていませんでしたが、即同居させたところ、♂はゼリーより先に♀にかぶりついてました(お下品?

ということで、一瞬にして交尾完了です。

慌ててそのまま、予定になかったのですが、産卵セットも用意しました。だから寝不足なんでございます。

まあこっそり白状すると、もう1♀羽化していたのですが、既に★になっておられました。申し訳ねっす。久しぶりに放置ミイラを作ってしまいました



しかし不思議なことが・・・



このカプレオルス。手元に15匹くらい残しておいた記憶があるのですが、昨日チェックしたらこの1♂1♀を含め、4匹になってました。あれれれ~??

昨年は同様の事件が、ディディエールシカとツツイシカでありました。

一部幼虫は★になったにしても、数が少なすぎないか??まあ、これ以上管理出来ていない状況を暴露するのはやめますか




さて、そんなついてない今日ですが、嬉しい発見もありました。

0702-2.jpg

5月末にセットしていた、ブリード♀からのエラフスホソアカ産卵セット。うまい具合に幼虫が見えてきました

温度環境は20度~。既に2匹見えていますので、累代分は採れそうな予感。セットして一か月ちょいでの幼虫確認ですので、平均的な孵化状態でしょうね。このくらいの温度がいいのかな(相変わらず下調べすらしていない)。

もう1♀、ほぼ同時期の5月中旬にセットを組んだ、WD♀の産卵セットは15~18度の環境に置いているせいか、未だ幼虫が見えず…WDで坊主は情けないので、こちらも産んでいて欲しいなぁ。





そして最後が

0702-00.jpg

こちら。すっかり諦めていた、チュウホソアカのセットから1ニョロだけ顔を出していました。

このセット、4/5にセットしたものですので、初齢確認はセットしてから3か月後。

エラフスホソアカWD♀と同様、15度~の環境に置いていたせいですかね。孵化までえらいこと長くかかっているような気がします。

とりあえず1ニョロだけ確認できただけなので、油断は出来ませんが、とりあえずボウズは免れて良かった!車こすったけど、いいことあった!!(無理やり前向き)

後はキクロ勢で、モンギローニとインペラトールが産んでくれれば万々歳です。

そうだ、モンギローニが超爆産して、それを妻に頼んで●ッダで捌いてもらえば…ブツブツ…そうだ、費用は15モンギローニ…あ、幼虫なら150モンギローニ位か?それはきついな、ブツブツ…


ハッ!



アホな妄想してないでそろそろ寝ます。おやすみなさい~
スポンサーサイト

コメント:4

2010/08/11(水) 19:01 【終】ミヤマ(カプレオルス)
カプレオルスを割り出した。
わたくし、自他共に認める「赤」フェチです。

他にもフェチはありますが(クワガタのですよん)、とりあえず赤が好き。なので、ミヤマはエラフスミヤマカプレオルスミヤマが大好きです。

エラフスはまだニョロしか見てないのですけどね~(w




そのカプレオルス。

カプレ♂

今回は初めてのミヤマブリードということで、2セット組みました。

①Iさん血統の唯一の生き残りメスと、画像のビッダ個体のCBF1.

②それと、ビッダ個体同士のCBF2.(累代標記は、いずれも「採れたら」の場合っす)





①はセット後2週間程度、②はセット後1ヶ月程度で♀が★になっちゃっていたので全く期待していなかったのですが、途中いずれもニョロが見えていたので、とりあえずニョロは確保。

で、割り出しです。

カプレ割り出し

こちら①のセットより。ご覧のとおり、側面に結構居たので、別の容器に移す際に★になっちゃった個体がちらりほらり

こちらのセットでは、ニョロ発見して1ヵ月半ほど放置していたせいか、容器全体にまんべんなく分布しており、

カプレ割り出し2

2~3齢を中心に20ニョロ(+2ニョロが★)をGETです。

ミヤマは恐らく数がかなり採れる種なんでしょうから、数的にはあまり満足できませんが、累代には支障なさそうです




因みに、8日に②を割り出したところ、32ニョロ(うち2ニョロが壁際にいたせいで、これまた★に…)が採れました。

こちらは①のセットと異なり、ニョロの分布は全体の1/3、マット上部に集中してました。硬めに詰めた部分より、柔らかめに詰めた部分の方が産卵向きなのかいな??




んむ~、ともかくなんとも微妙な数ですが、お陰様で虫友さんにお裾分けも出来ましたし、とりあえずヨシとしますか!



しかし、ミヤマブリードはとにもかくにも、成熟なんですかね。今回は本当に苦労しました。今は同じく、マザマミヤマ↓これね。

マザマミヤマ


で苦労してますし。

そこを超えれば、ばっこし採れるような気が…



そんなにしないや(w)。ミヤマ、まだ良くわからんちん。


でもブリードの旬の時期、ある意味ホソアカより短いですよ、こやつら。カクジツに。


…悔しいから、次回はもっと採ってやる!!

コメント:14

2010/07/08(木) 21:10 【終】ミヤマ(カプレオルス)
カプレオルスとウニとイカ。
本日は久しぶりのお休みをいただいて、不在者投票を済ませて。

0708-d.jpg

北海道は積丹半島の、そこそこ有名な定食屋さんに行きました。札幌から片道100キロなり。

年休申請の際、上司から「ナニ?休みを取って●●を食べに積丹に行く??気に入らん。雨が降るよう願ってやる!!」といわれ。

上司の願いどおり??札幌を出発する時は土砂降り状態でしたが、日頃の行いのお陰ですね。現地は晴れてました




そこで何を食べたかというと、今が季節の

0708-f.jpg

ウニ~♪だけだと飽きると思ったので、イクラと朝イカを加えた3色丼です。これで1800円なり。高いか安いか…

北海道の田舎の定食屋には珍しく、従業員の対応も良かったです。そして

0708-a.jpg

分かるでしょうか、ウニはバフンウニではなくムラサキウニです。

通常私はバフンを好んで食べる(語弊あるなぁ…)のですが、今回食べたムラサキも、非常に上品に甘くて美味しかった!!!

これならウニ丼頼んでも良かったかな…と思える美味さでした。あー、また行きたい!

イクラも本来季節外れなのに美味しくて。特に妻が絶賛。イカも美味くてハズレ無しでした。周りの客もみんな顔がホクホクしてて、写真とりまくってましたね(笑




んで、妻が単品で「朝イカを追加したい!!」と言うので仕方なく

0708-b.jpg

朝イカ刺身定食を追加。食いすぎです(笑

これで950円、高いか安いか…??

活イカではないので、コリコリ感がもう少し欲しいところでしたが、活イカと違って冷たくて美味しい!

0708-c.jpg

これでイカミミが付いてたら最高だったんですけどね。どうしてイカ刺しって、大半がミミやゲソが付かないんでしょう。ミミが一番好きなのに~。




因みに積丹はウニの宝庫。なのでお店の真向かいにある港には

0708-e.jpg

日光が反射して分かりにくいですが、ウニがたんまり。うーん、大人じゃなかったら・・・(イカ略






ということで、海鮮づくしのランチでした。美味かった~







さ、それはともかくクワネタです。

我家ではじめての外国産ミヤマのブリード、

カプレオルス-7

カプレオルスミヤマです。昨年、お世話になってるIさんから幼虫を分けていただきましたが、次々に不全を起こし。

辛うじて♀が1匹だけ羽化してくれたので、ビッダでポチっとして2♂1♀を入手。都合2ペアでブリードしました。

1♀はセットして2週間余りで。もう1♀もセットして1ヶ月前後で★になっちゃったので、完全に諦めていたのですが。

辛うじて望みがあると思っていた、1ヶ月生存していた♀のセットを七夕の夜にチェックすると

0708-1.jpg

2齢ニョロ、発見~!!!!思わず声が出てしまいました。まだ1匹しか見えませんが、もっといるといいなぁ。




で、調子に乗って、先にセットしたもう1セットの方を期待もせずに見てみると

0708-2.jpg

おお♪

0708-3.jpg

おおおお~♪

こちらの方が大きな声が出ちゃった。「やった!!」って(w




いやー、諦めていただけに嬉しい誤算です。ミヤマ、短い期間でも産んでいるんですね。

これもセット方法を教えてくれた、ケーキ屋さんのお陰です。

2ndセットからはまだ1ニョロしか見えませんが、1stセットからは9匹ほどニョロが見えましたので、累代分以上は採れているような気がする今日この頃。

ケーキ屋さんへのお返しが出来そうで、良かった良かった

こんなことなら、ビッダでニョロをポチっとしなきゃ良かった(笑



さあ次は、羽化して1年近く寝ているマザマミヤマかな~。まだ寝てるけど


因みにここから先は里親企画のお知らせですので、関係ねーや、という方はこちらで終了でござんす。

ご応募いただいた方は続きをどんぞ♪

続きをどうぞ


コメント:18

2010/05/27(木) 21:45 【終】ミヤマ(カプレオルス)
カプレ、セット!
火曜日に、

チケット

楽太郎改め、6代目円楽の襲名披露落語を見てきました。

たまーに落語を聴きに行くことがあるんですけど、この日出てきたのは前座の方1人(名前忘れた)以外は、全て面白かった!

歌丸師匠、春風亭小朝、三遊亭王楽、そして円楽さんの4名。ほぼ素人の私でも知っている人ばかりなんで、きっと贅沢な布陣だったんだろうと思います。

夫婦喧嘩続行中に開演になった(笑)し、前座の人は面白くないしで帰ろうかと思ったのですが、残ってて良かった







さて次の日。妻が留守にしている時間に仕事を終えて帰宅すると、真っ暗な居間から凄く大きな「ブ~ン!ブ~ン!」という羽音が聞こえます。

通常、聞いたことの無い音だったので何だ??と灯りをつけると

0527.jpg

100ミリに少し及ばない、サバ産マンディブラリスでした。

私が作った人工蛹室??に閉じ込めておいたのが、自力脱出して逃げ出したようです。

こんな大きな個体が飛んでいるのは、迫力が…




なかった(笑




自分の体が重すぎるせいでしょうか、部屋の中をヨタヨタと飛んでましたまだ成熟しきってないのかもしれませんね。この後、ゼリーを凄い勢いで食べてましたが。



ということで、マンディブラリスも♀の成熟待ちです。



で、本日は期待のカプレオルスミヤマです。

0527カプレ♂


Iさん血統で唯一の生き残り♀は、成熟から結構時間が経ってしまったせいか

0527カプレ

下翅が一部出ちゃってました

羽化~自力脱出時は普通でしたので、小さいケースで飛び回ったせいか、寿命が近いせいかいずれかでしょうね。

このままだと病気になるかもしれないので、切っておきましたが、果たしてどうかなぁ。





という一抹の不安を覚えつつ、ペアリング開始です。

0527カプレペア

ビッダで入手した昨年8月羽化の♂も、自力ハッチ&後食開始後10日ほど経ってましたので、すぐ乗っかりました

2~3日、メイトガードのような行為が見られましたので、多分大丈夫だろう!ということで、本日

0527-1.jpg

産卵セットに投入です。

セット内容は、某デリシャスケーキ屋さんに教えていただいたミヤマセットです。気合の大ケース!マットは久々に月夜野きのこ園から取り寄せてみました。



外国産ミヤマは初ブリードですので、不安ありまくりですが、累代分+お裾分け分が採れたらいいなぁ・・・と思う今日この頃でした。


同じくセットした、もう一種のクワについてはまた別途紹介しま~す

コメント:8

2010/03/27(土) 23:11 【終】ミヤマ(カプレオルス)
また寒くなって
一時緩んだかと思った最近の日和ですが、ここに来てまた少し厳しい日が出てくるようになりました。

そんな時に少々不摂生したせいで、現在今年●度目の風邪をひいております、ずびずび

季節の変わり目ですので、皆様もどうぞご自愛くださいね~






さて、本日。先週購入したモンギローニの幼虫をチェックしていたら…

6匹のニョロのうち、1匹が溶けていました【画像自粛】

添加剤の入っていないというウワサのマットに入れていたのに、残念!!






そして最近ずっと気になっているのが

0327-2.jpg

菌糸に投入したはずの幼虫達。これは、余ったカワラ菌糸にぶちこんだ…ハズのメルキオリティスのニョロです。

そしてこちらは

0327-1.jpg

アオカビ発生したカワラビンに投入した、フォルスターのニョロです。

どちらも、投入口付近でこちらを覗いたり、一瞬隠れるように潜るしぐさを見せるのですが、結局潜りません。

ニョロのツヤは悪くないので、自分の周辺だけ食べてはいるようですが、やはり生態が謎ですね。自然界なら一瞬で鳥の餌になってます、彼ら

ってことは、多分本来の生態とは程遠い状況下に置かれているんでしょうね。

元々飼育環境では、マットでも這い上がったまま潜らない個体が散見されますが、彼らもその口なのか、菌糸がいやなのか??多分両方なんだろーなー

この手の個体は、大抵2年1化した挙句に、不全したりします

せめて順調に育ってや~。環境は変えないけど




そして本日

0327-3.jpg

♂が居なかった、カプレオルスの♂が到着~!

2♂1♀をポチッとしたら、そのまま落札出来ちゃいました。

思ったとおり、小豆色で可愛いですね

よし、頑張ってブリするぞ!たけろうさん、お気遣い有難うございました!そういや私信、見ていただけました??





でもミヤマって。

はるか昔に国産ミヤマを、産ませるつもりは無かったのにうっかり産ませた偶然の産物以外、ブリした記憶がありません。

えっと、確か黒土やカブトマットが適しているでしたっけね。そういや国産ミヤマもカブトマットに産んでいたしな…

どなたかアドバイスください~(本気

コメント:24

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。