クワガタ漬け。
2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/04/20(金) 20:20 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
ムラトゥス
ここ2か月、マット産みの種に力を入れていました。

ペレメタ、パプキン、インペラトール、ツツイシカ、カウピ、キンオニ、中国シカ、インスラリスキンイロ、トカラノコ、ブルメイスターホソクワ等々・・・

結果どうなったかと言うと。



材産み種の採卵を完全放置しちまいました

春と秋のフタマタブリードシーズンには、週1回か2週に1回の頻度で採卵するんですけどね。完全にサボりました。

一か月半程度放置した結果、

0420-0.jpg

材の中で遊んでそのまま休眠している♀個体や(こいつはセット後、一個も卵を産んでいません

0420-2.jpg

材の中で孵化しちまっている個体も居たりしてコリャマイッタ

んで、一か月半も放置していた割に採れた卵は

0420-1.jpg

6個だけと、一週間でちょうどよい程度の数しか採れませんでした

ということで、休眠個体やしょぼしょぼ採卵しか出来なかった、現在唯一ブリードしているフタマタは

160220赤マンディムラトゥス

マンディブラリス、ボルネオ・ムラトゥス産でした。画像は過去記事の使いまわしッス。

ではまた忘れたころに



スポンサーサイト


2009/11/18(水) 03:19 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
まちがいた
久々に眠れない夜になってしまったので、深夜に更新でございます。

ネタはあるような無いような・・・?なので思いつき更新ですが、まずはディディエールシカ。

091118.jpg

先月、うっかり卵で回収してしまったやつを、フタマタ卵と同じ管理方法で保管してみました。

全然孵化する様子も無かったのですが、一ヶ月以上かけてついに孵化です。

有精卵なら、この管理法でもOKなのかもしれませんね~

因みに白い矢印のようなものは、つまようじでございます。



そして冬の到来と時を同じくして蛹になってしまった

091118-2.jpg

オーベルチュールシカ♂に

091118-3.jpg

ミラビリスノコギリ♂。

今頃蛹化しちゃったら、使えるのは来春ですね、彼ら。

まー、オーベルチュールはともかく、ミラビリスは嫁さんがいませんケド




他にもキクロ系・シカ系・ノコ系が蛹化していますが、上の2種は大事に。ということで、温度管理できない我家でも、比較的温度が安定している場所に移動しておきました。嫁の有無はともかくとして、無事に羽化して栗!






そしてラストは勘違い。

091118-1.jpg

最近孵化してきている、ボルネオ産マンディブラリス。先月まで孵化していた、CBF1・ムラトゥス産とは別血統です。

この赤い個体(フラッシュ焚いてますが、色合いは実物に近いっす)を今まで「サバ産」と思っていましたが、譲っていただいた方に再確認したところ、なんと勘違い!ムラトゥス産でした。

あやうく産地偽装になるところでした、あっぶね~

累代は既にF5を重ねておりますが、産卵数には全く影響ない状態でございます。

ただ気のせいか、F4世代が羽化するタイミングで、不全や奇形が結構多かったので、ひょっとしたら少しずつ累代障害・・・本当にあるのかなぁ・・・が出てきているかもしれません。

この血統は、♂も♀も比較的赤みが強い(少なくとも♂は結構赤い!)ので、お気に入りです。

本当に累代障害なのか、たまたまなのか?を確認すべく、今回のニョロはそこそこの数を手元に残すつもりなんでございます。

でも、マンディブラリスは場所取るからな~

きっとまた、ちっこいの出しちゃうんだろうな~

コメント:12

2009/11/05(木) 23:46 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
材産み
どんなに忙しくても、週末の採卵は欠かさない。

寒くなってきて、フォルスターが産まなくなってきましたが

091104.jpg

何故か我家のマンディブラリスは、寒くても産みのペースが変わりません。

上の写真はボルネオ・サバ産マンディブラリスですが、スマトラ産に至っては寒い方が産みが良くなったりします。なーんでーだろー

で、同じボルネオでも、ムラトゥスは既に無精卵が出始めましたので、そろそろ終了モード。

一方でサバ産は結構良い感じで

091104-2.jpg

萌え~な感じで産卵痕をつけます。これを見ると疲れが飛びます♪

週末のご褒美ですね~




ということで、フタマタは比較的順調なので、鬼門となりつつある種の対策のために

091104-4.jpg

生まれて初めて(大袈裟)、レイシ材を買いました。普段は1本100円前後の材しか使いませんが、ストレス溜まっているお陰で、逆に購入に踏み切れました

でも単価は約3倍です、ぎゃぁぁ~

数本、水に漬けてみましたが、7割方がキクロ・ノコギリ向けの柔らかさで、3割がフタマタ向けという塩梅でございました。まあまだ6本しか剥いてませんけどね

で、そのレイシ材も含めて

091104-5.jpg

こんな感じでセットを作ります。この後、マットで材の3/4を埋めます。材は、いい感じで柔らかい普通の材(左上)、一年間ウンコまみれ材(左下)、そしてレイシ材(右上)。右下はおまけで入れた、スライス材??です。

今からセットするには、季節的に厳しい上に、過去の成績がよろしくない種に使いますので、少々気合入れました。

でも。

採れる気がしない~

だってだって、ペアリングして一ヶ月弱経つのに・・・まだ・・・(以下略)

コメント:10

2009/09/16(水) 21:30 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
ふかふか~
本日、生まれて初めて交通事故に遭いました(本当)

通勤帰りに、自転車で道路脇を鼻歌交じりに滑走していたら、わき道からいきなりバイクが出てきて、こちらを一切見ずに、反対方向を見ながら急発進。

「危ない危ない!」とおいら叫びましたが、届かず!!



見事に衝突しました~おいらもそこそこスピードあったからねん。





持ち前の反射神経で、
衝突の瞬間に飛び上がり(といいつつ、実は詳細は全くオボエテイナイ)、衝突後は倒れることなく、普通に着地。ちょっと足に打ち身がありますが、無事です。多分。

相手のおっちゃん(でも多分おいらより年下)が動揺していたので可愛そうになり、その場で示談。

自転車の弁償(諭吉4人、ほぼ実費)だけさせて、名前も聞かずに終了にしました~。

大事にならなくて良かったよかった・・・♪自転車は愛着あったので、残念ですがぁ





と、そんなことがありつつ、普通に採卵した卵のチェックです。

090915-1.jpg

ボルネオマンディ、ムラトゥス産が孵化しました

意欲面の問題で(余り赤くないのでねぇ・・・)累代するかどうかはかなり怪しいですが、とりあえず採れなかったらショック!なので、採れてえがった。満足~



・・・いつもここで満足するから、成虫が大きくならんのですね




って誰がやねん!



090915-0.jpg




という彼は、受難のメルキオリティス。今年は大量に羽化不全・蛹化不全が発生しました。羽化してもチビだし。画像の彼にいたっては、なんと90CCカップ羽化なり~(滝汗

メルキ好きのおいらでも、かっこいいとは言い難いサイズなりね~




でもまあ、メルキオリティスもフォルスターも、採卵した卵が、一部を除いて幼虫が透けてきましたよ、ほり。

090915-2.jpg

って、見えないですね・・・いや、肉眼では見えるんですけど、マクロの焦点が合いまへん因みにはフォルスターの卵でっす。

昨年は苦戦したフォルスターですが、今年は3匹でブリして、全部有精卵をGET出来てます。うほ♪順調♪

・・・と浮かれていたら、上のメルキオリティスと同じ位小さい、フォルスター♂が自力脱出してきました(画像自粛)。

因みに、孵化後2年経過した♂です。幼虫期間長いわ、期間に反比例して極小が出るわ・・・ブリに使う意欲がいまひとつ湧きません


まあいいんです、私は産卵さえさせられれば、ハイ。

今年も採るど~ッ!!(ヤケ

コメント:22

2009/09/05(土) 16:25 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・ムラトゥス)
よい例と悪い例。
札幌では、今日から?お爺さまお婆さまのスポーツの祭典?「ねんりんぴっく」とか言うのが催されるようです。

そのせーか、昨日のススキノに乗り付けたバスから、大量にジーさんとバーさんが吐き出されて…界隈に消えていきました(本当)


そしてその横を、全員マスクで固めた修学旅行生が歩いている、っちゅう異様な光景が目に入りました。




マスクをしなきゃいけないのは、むしろ逆なのでは?体力的に、ねぇ。




でも爺さんばあさんは皆さん大変お元気そうでした元気なお年寄りは嫌いじゃないのす。





さて、本日は採卵を沢山しました


結果はともかく、いい産み方と悪い産み方の両方が見つかりましたので、ご紹介だす。

よい産卵床

これは良い例ですね。ご覧のとおり、卵の周りにある程度の空間があり、♀が産卵床をしっかりと作っていることがわかりやす。

この状態で採卵すると、卵がコロン♪と出てくるので、大変楽しいです。




で、対照的にダメな例。

悪い産卵床

卵の周りに空間がなく、産卵木と卵が密着しています。

こういう状態だと、採卵時に潰れるパターンが多いんですよねぇ・・・。まあ、こういう類の卵は大半が無精卵で、変形していたりしますので、潰れれもいいんですけど。

この手の卵が沢山出てくると非常にテンションが落ちます

(因みにこの2つの写真はいずれもマンディブラリスです)



他にも分かりやすいダメな卵で

090905フォル2

一部腐ってるのが出てきたりもします。こりは卵小さめ、フォルスターでごわすね。


結局本日採卵したのは、

★マンディブラリス(ボルネオ)3セット

★メルキオリティス 1セット

★フォルスター 1セット

★エロンガトゥス 1セット

の計6セット。

ということで、採卵祭りは一応開催の運びとはなりましたが、結果は良かったり悪かったり。

長くなるので、結果は明日なのだ

コメント:6

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。