クワガタ漬け。
2008/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/02/05(金) 23:10 シカ(中国シカ)
ブリードしてぇ。
ブリードしたいです!と言っても、夏過ぎからずーーーっとブリード中のフタマタでもなく、40歳を超えて産まれた長男に続く人間のブリードでもなく。

CIMG0188.jpg

我が家のクワガタブリード状況です。半分がエロンガトゥスフタマタ、半分がサバ産マンディブラリスフタマタ。つまり全て材産みのフタマタ。

もうね、いくら採卵好きとは言えですね。半年以上も毎週毎週・・・ま、たまに2週に1度の採卵を続けていると飽きるのです。特に今は子育てで時間ねーし、なおさら。

ということで、マット産みの種でブリードしたい!セットしてしばらく放置したい!底面に見える卵を見て興奮したい!マットを這う幼虫を見てみたい!ハァハァ・・・

CIMG0191.jpg

産卵セットに使えるケースもだだ余りです。中サイズ以上のプラケ、20個以上余っています。嗚呼モッタイナイ。

でも生憎我が家のマット産み種は全て幼虫か前蛹です。

蛹化しつつあるのは、

130302キンオニ

キンオニ。3月半ばにはブリード出来そうな気がする!・・・あと1カ月半。まてねー

トカラ140413-3

トカラノコ。ほか、ポルトンノコ。いずれも成虫おりますけんど、まだまだブリードはできなさそう、休眠中だす。

他にも

赤インペラ0903

赤系インペラトールとかも羽化してますけど、♀だけですセイチュー。♂はまだまだ幼虫していそうなので、超絶羽化ズレ決定です。春先にWDでも入らないかな?

ということで即ブリ個体がおりません。夏に羽化してもう半年以上経過している

121222ツツイ2

ツツイ君もそろそろ活動してくれて良さそうなんですが、一切活動する気配ナシ。同時期に羽化して、羽化後2カ月で活動した個体からは既にニョロをGETしているのですが、何故ももうズレるのか・・・

そして先日、マット産み種で最後にセットを解除した

中国シカ

中国シカです。地味に好きな種ですが、本当に流通していません。おまけに我が家では、WDF1から累代し始めて以降、累代を重ねる毎に産卵数が落ちています。

今回のブリードでは2♀でようやく11匹という悲惨さ

ただ、一応次回ブリードは可能な数になりました。次回のブリードでは試したいこともありますし、使用するための材も自作しました(バクテリア材じゃないよw)ので、今度こそはあの爆産の喜びを再び!と行きたいところでアリマス

・・・ということで妄想も非常に楽しいのですが、嗚呼ブリードしてえ!マット産みでブリードしてぇぇぇぇぇぇ!!!!!!

以上、叫んでおしまい!ではまた忘れた頃に
スポンサーサイト


2014/05/06(火) 19:41 シカ(中国シカ)
中国と言えば

寒いさむいサムイ…本日の札幌は最高気温9度ですよ9度!

深夜残業と休日出勤の続くカラダには堪えますのう・・・すっかりおじさんだしぃ。



さて本日はいきなり、

140506-7.jpg

我が家のインコ。2ペアいるアキクサインコのうち、居間に居座っているペアの方でございます。♂はザビエル(左側、ノーマル)、♀はペリー(右側、ローズ)。誰ですか名前が適当だと言っているのは…

ザビエル君は微妙に手乗りで、指を出すと乗ってきますが、遊んではくれません。ペリーは近づくと、ものすごく嫌そうな声でゲェッゲェッって鳴きます(威嚇します)。女の子なのにぃ

まあアキクサは元々手乗りになりにくいようなので、致し方ないところですが。アキクサさんは声が非常に綺麗なのと、色合いも綺麗なのでお気に入りです(^^♪




さて、珍しく余計な前置きは以上にして、クワネタです。

前回の記事で

140503-3.jpg

庭に転がっていた材をリサイクルすべく回収した、と言いました。こちらの材は当然、雑虫が混入している可能性がありますので、妻に睨まれながらこっそりと、レンジで加熱殺菌します。

すると妻から「焦げ臭いよ!」といつもより一層白い目で警告が。

レンジを見ると、中で煙がモウモウと…そして

140506-1.jpg

材の一部がなんと、燃えていました3分しか加熱していないのに、何故??

慌てて流しにぶち込んで流水をかけて…結構材が乾燥していたので、加熱しすぎてしまったようです。コマうちの部分から発火していました。

皆様もお気を付けください…1日以上焦げ臭さが抜けなかったし…妻の精神衛生上大変ヨロシクアリマセン。妻の目が白くなりすぎて、貞子みたくなってました



それはさておき、我が家に現存しているシカクワは、

・ディディエールシカ
・ツツイシカ

そして本日のお題、「中国といえば」!

尖閣?

PM2.5?

これ以上列挙すると政治問題に突入しちゃいそうなのでサケマス

ということで、残る我が家のシカクワ君は、

中国シカ

「中国シカ」です。

何を隠そう、我が家で楽天時代から延々続けているブログの中で、最も人気の無いクワガタです(笑

いっつも閲覧数が少なかったですからねー。まあ私が好きな種を一方的に紹介しているだけなので別にいいんですけど。



今回たまたま、3種の成虫が勢ぞろいしてみたので写してみました。

140506-2.jpg

左から中国シカ、ディディエールシカ、ツツイシカです。ツツイシカが一番大きい…逆に言えばディディが小さい…のはご愛嬌。

140506-3.jpg

ツツイシカには「紋」がありやせん。お腹は私と同じくマックロケッケ

140506-4.jpg

ディディエールの紋は、オレンジがかかっています。

140506-5.jpg

中国シカの紋は、私の好きな「赤」ですね。これなら我が家でお得意のミニサイズ♂が揃ってしまって脱走しても、容易に種別判定が出来ます。

この中で一番好きなのは

140506ツツイシカ

ツツイシカです。アゴの長さと体の長さのバランスが良いのと、背中の黄色い紋が色あせないのが良い♪

ディディ140413

こちらは先日の画像ですが、我が家のディディエールは何故か、累代を重ねる毎に、背中の紋が消失していく傾向にあるんですよね…アゴの長さがちょい長すぎるのも微妙だし。累代継続はしてますが、色虫好きの私としては少々不満でございます。

そして

140506中国シカ

今回我が家唯一の種♂、中国シカ。うーん、元々地味なのに、ミニサイズになると更に地味(笑

こりゃ人気も出ないわなー

昔はセットする度にドカンドカンと多量に産んでくれましたが、最近は10匹前後しか回収出来ていません。

決して手を抜いているわけでもなく、セット方法を(良くも悪くも)変えたわけじゃないんですけどね。どうしてじゃろ。



ま、WDの入荷もまず望めない状況ですので、今回のペアが玉砕したらこちらも累代終了になる予定です。やれやれ~。産んでくれるといいなぁ。




最後に一つ余計なもの。

140506-6.jpg

これなーんだ

さらにもうひとつ

140517.jpg

順調なようです♪


コメント:6

2013/02/24(日) 23:01 シカ(中国シカ)
麻雀シカ

土日は、毎年恒例の麻雀合宿を張っていました。

気心知れた4人で、温泉宿へ出向き、昼12時から翌朝5時半まで。一切温泉に入らず、食事以外は全部麻雀。そして帰宅後、さきほど仮眠をとって復活しました

この合宿はかれこれ4~5年連続でやっていますが、その間を全て累計しても、温泉に入っている時間は2時間に満たないと思います

睡眠時間も1~2時間、食事時間も1時間くらい。あとは全てまーじゃーんー。うーん幸せ…

CA3G02890001.jpg

家に帰ってくると、今日も札幌は雪、雪、雪でした。

これは我が家から徒歩2分のお稲荷さんの林です。こうやって見るだけだと綺麗でいいんですけど、雪かきがね




さて、そんなこんなで微妙に体にだるさが残ったまま記事更新です。

我が家で現在も飼育継続しているシカは、ディディエール、ツツイ、中国の3種のみです。

で、3回くらい前の記事で「ギラファホソアカ、とYahoo検索したら2番目に自分のブログネタが出た!」と驚きと共に紹介しましたの、覚えてます?ギラファホソアカのマイナーぶりの一端を示していると、まさに思ったものです。

でも今回も同様に検索してみてびっくり。

ディディも

091112ディディ

2番目に出ます!

中国シカに至っては、1番目と2番目、両方ともです!ぶはははは(笑

因みにツツイは上位にはきません。筒井歯科という歯医者さんにも負けますw良かったよかった

まあHP等でしたら、「ディディエールシカ」と単語入力して、一つの記載記事に集中することもあるんでしょうけど、ブログ…一度掲載したら、後々振り返る機会の少ないこの形式でこの辺に位置できるというのは…中国シカは当たり前として、ディディも結構マイナーなんですね(涙

我がブログは1日平均30くらいしか閲覧数ないっすから、1番目だろーが2番目だろうが、HIT総数はたかがしれているんでございます。そうか、ディディよ、お前もかぁ~

しかし中国シカは予想以上に悲惨な状況だな…こりゃ血の入れ替えも厳しいな~。

中国シカ


確か現在F5世代、いつまでインライン出来るか。誰か福建省産の中国シカ、持っていませんか??



我が家のシカのセットは極めてオーソドックス(?

ケース底部分数センチをガチ詰め、その上に柔らか目の材を置いて、材が見えなくなる程度までマットで埋める、ただそんだけ。

ただ先月記載した記事の中で、どうもディディやツツイ等については私が思っていた(18~23度)よりも低温種であること(10度未満の室温でも無事に成長・羽化)。

及び、水分量は少なめで良い成績を収めているというkomachiさんの情報提供もあったので、次回シカをセットするときはこの辺に留意してやってみようと思います。


これで産卵数の伸び悩み…ディディやツツイは10~30、中国シカは20~40というニョロの数も改善してくれるといいんですけどね。

まずは直近でセット組めそうなのが中国シカかディディエールシカ。

いずれにせよ3月半ば以降のセットになりますが、楽しみです。以上、最近の傾向通り、余り中身のない記事で失礼しました。

コメント:9

2011/09/29(木) 18:26 シカ(中国シカ)
中国シカ
久々に画像にヤラれました。

パンダ

か、かわいい…

育てたい…そしてブリードしたい(爆






さて、札幌は明日から天気が崩れ、気温も一気に下がっていきます。なので、ちょいと職場を午後からお休みして

111.jpg

札幌市で現在開催されている、オータムフェストに行ってきました。

北海道内をはじめ、色々な食材を集めてのお祭りでして

222.jpg

食したのはウニ汁(画像なし)、画像左上にかすかに映るエビタコ餃子、そして画像ど真ん中のホタテ貝柱塩ラーメン。

平日にも関わらず結構な人手でしたが、賑やかな雰囲気がようございました。そして餃子が特に旨かった!!

でも人ごみは苦手なので、1時間ほどで早々に退散しちゃいました。来年は食べるターゲットを絞って、また行こうと思います







さて、それはともかく虫ネタです。

今年の春~夏にかけて産卵セットに使用して…大失敗だったもの。

aaa-1.jpg

ミミズマットです。

あ、そんな商品名称では売ってないですよ、これ。一応、メジャーな商品のハズっす。無添加万歳なので、今までは幼虫管理にも産卵セットにも使っていたのですが。

今回のロットは大外れ~


セットしてすぐにミミズが大量発生。あっという間にマットが「土」化していきました…

それだけが理由じゃないのかもしれませんが、セットした種は軒並みひどい結果で。

トラウマで、その後は注文できずにいます、このマット。まあロットによって差があるんでしょうから、今回が外れだっただけなんでしょうけどね。




でも、例外的に採れたパターンが

aaa-3.jpg

卵、見えます??

aaa-2.jpg

こちらは初齢と卵1個。つまり、産卵木に辛うじて産んでくれたパターン。

産卵木の中にもミミズが入り込んでいたので、こちらも「土」に化けるべく一直線!状態でしたが、産卵木を入れていた種は辛うじて少しだけ採れました。


因みに今回のこの画像は、何の幼虫(卵)かというと

中国シカ100518

中国シカです。特徴はご存じ

中国シカ081006

赤い足



と、後は飼育が容易、ちゅうところでしょうか。

まあマイナーなシカクワガタの中でも、この中国シカはことさら地味なイメージがありますので、過去のブログにおける皆様の反応も微妙です




でも私は、足が赤いから好きなのだ!

初めてブリードした時、いきなり70~80産卵されて驚いた覚えがあります。今回ブリードした幼虫は、記憶ではF4世代になるのですが、最近は小ケースでちんまり産ませるパターンで産卵数を抑えています。

ま、今回はミミズマットのお蔭でかなり数が抑えられましたケド




因みにこの中国シカ、シカクワの入門種だそうです。確かに、ほかのシカクワより容易に産卵しますし、幼虫も丈夫です。

我が家の血統は、一般に出回っている雲南省産ではなく、お茶で有名な福建省・三明産。

市場に出回っているのを見たことがありませんので、この血統は大事にせにゃならんので、今後も当面累代継続予定です。


温度の適応範囲広い。産卵容易。幼虫丈夫。ということで、シカクワ入門種としては余りある種ですので、ご興味あれば是非飼育してみてください。

人気はないですけど(苦笑)、シカクワの特徴をしっかり確認できる、いい種ですよん

コメント:8

2010/06/05(土) 20:10 シカ(中国シカ)
カネギエーテル。と思いきや
うーん、コバエが欲しい…!こんな気持ちを持ったのは生まれて初めてかも(笑

なぜかと言うと

カマキリ

実家近くで採集した、オオカマキリ卵が孵化してきたのです♪

でも餌がない

昨年はコバエを与えていましたが、あいにく今我家には居りませんからね~。どないしょ。しばらくは放置かな(爆





それはともかく、小出しシリーズその3.

たけろうさんから譲っていただいた

カネギエーテル

カネギエーテルノコギリ。♂は随分前から後食旺盛になってましたので、♀の成熟待ちでした。

そして5月半ばに♀の後食が始まったので、2週間ほど待って~

0604.jpg

ペアリング→即ヤリです

3日同居していた間、ずっとメイトガードしていたので、多分交尾完了でしょう♪

ということで、間もなく産卵セットへ投入です。セット用のマットが無くなったので、到着後セットなり。

ノコギリに良くある?セット内での活動停止さえ無ければ産んでくれると思うのですが、どうですかね~









んで、今回は別のクワガタをセットしました。5月になって続々自力ハッチしている

中国シカ100518

太郎さん血統、中国シカです。大半の個体が50ミリ前後~55ミリ程度で出てきていますので、ミニ個体生産工房としてはなかなかです



後食開始して2~3週間たった個体から同居させると、こやつらもすぐ

0604-2.jpg

メイトガード開始です。この状態が継続していると、安心してセットできますね。

しかしこの中国シカ。問題があるのは「産卵数」です。昨年は1♀で70~80採れました。今回はそこまで要らないので

chuugokusika.jpg

マットは全て、他の種が羽化した後の使い古し。材もフタマタのリサイクル材の中でも状態の悪い物です(笑

まあ使い古しマットは、逆に産卵を誘引してしまう可能性も否定できませんが…こんな真っ黒なマットには多分産まないだろうな

ということで、材だけに産んでチョウダイ!!と念じつつセットしてみました~。

コメント:18

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。