クワガタ漬け。
2018/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018/03/11(日) 18:27 ノコギリ(ミラビリス)
ミラビリス
我が家のミラビリスノコギリの♀が、後食開始しています。

一方で♂はまだまだ幼虫なので、成熟ズレどころではない凄まじい羽化ズレが生じています。

そこで、ブリード材を放置していたことを思い出して、そこに絶対取りこぼしがいるはずだと思い割り出してみました。

0227-2.jpg

半年以上、水分補給もなく完全放置していたので、割り出した材の乾燥度は相当なものです。割り出し後の幼虫食いカスが手からサラサラ落ちる状態の材もありました。

そこから出てきたのは
0227-0.jpg

3齢幼虫や

0227-000.jpg

2齢幼虫、

0277mirabi.jpg

超・羽化したての♂成虫、等でした。

このほか、羽化してからぼちぼち経過していそうな♂や幼虫も多数出てきましたので、この♂が成熟してくれればギリギリブリードには間に合うかもしれません。

でもこのミラビリス、

0227-3.jpg

昨年1月に産卵セットして、その後ダラダラと数か月セット継続していたものなのですが、早い個体は3月に孵化後半年余りで成虫になり、今成熟しています。

一方で同じ時期に孵化した♂幼虫はまだまだニョロ状態ですし、材に残っていた幼虫はまだ2齢が多かったりして・・・成長速度に差がありすぎですね。こんな感じだったかなぁ??

因みに本日3月11日、インコを大量飼育しているスペースで3歳の息子が「父ちゃん!」と叫ぶので見に行ったら、ミラビリスの♀がひっくり返ってもがいてました。

既にフセツが1か所切れ、1か所マヒしていたので成熟して脱出後、相当日数が経過した個体と思われます。そしておそらく、この個体は17年1月にブリード開始した個体と同じ個体…つまりいま成熟している♀の親世代です。

その時期使っていた材は、すでに役目を終えたと思って段ボールに入れてインコ近くに置いてありましたので、おそらくそこから出てきたものではないかと。

うーん、不思議なクワガタですねぇ…
スポンサーサイト


2013/03/02(土) 14:35 ノコギリ(ミラビリス)
ミラビリス航空
130302.jpg

ミラビリスノコの幼虫が孵化してきました。

♂は自家製、♀はHさんと交換させていただいたお嫁さん。幼虫はCBF1の子になります。

セットはやや硬めの材、柔らか目の材の計2本(いずれも中古のカワラ材)を入れていますが、今回は柔らか目の材には殆ど産みません。産んでも気持ち硬い部分に申し訳程度に産むだけで、柔らかい部分はほじくり返して遊ぶだけ。

この♀は硬い材が好きなようです。柔らかくても産むかもしれませんが、今回の中古材は柔らかすぎたかな。

産卵セット当初は殆ど産まなかったので焦りました。出来れば血の入れ替えをしたかったので、このお嫁さんには是非にでも産んでほしかったのです。

一応、温度を18度→21度くらい(冬季における、我が家の飼育部屋の最高温度)に上げ、かつ湿度を上げたところ、ようやく産卵痕をつけるようになりました。産卵ペースは週に2~3個とスローですが、今回は血の入れ替えが目的なのでとりあえずこれでヨシです

しかし採卵しても孵化まで約2カ月!かかっているような…長いですね。温度が低いのかしらん?

結構長く産み続ける種ですので、6月くらいまではダラダラ産んでくれるのではないでしょうか。春になると産卵数も伸びますしね(多分)。




そして全然関係ありませんが、実は現在、虫以外の某生き物に気持ちが向かっています

現在虫部屋には各種クワガタ、フロリダブルー(ザリガニ)、

フロブル0903


シュリンプなど数種類がおりますが、新しい住民を開拓しようと目論んでいます。

実際にお迎えするまでには軽く半年はかかると思っていたのですが、「飼育したいなぁ」と妄想を初めて約2カ月。

クワガタで散々発症して、最近完治したはずの「欲しい欲しい病」が再発してしまいまして…

先週から、ありとあらゆるルートを探して入手先を検討。そしてトントン拍子に入手の運びとなりました。

本当は今日、我が家に到着する予定だったのですが、外はもんの凄い暴風雪。外を歩いていると、よろけてしまいます。

130302-1.jpg


画像では伝わらないかな?でも凄いんですよ、ホント。

航空便で到着出来ない場合があり得たので、本日ははやる心を抑えて、自重しました

でも近日中に到着しますので、今後は虫にかけている手間を減らさなければなりません。春からは仕事も忙しくなるし、野球も始まるし、加齢による体力低下もあるし(苦笑)、時間がねぇぞと。

という諸々の点を考慮して、今まで以上に幼虫飼育に手を抜く所存でございます!数も減らすぜ!!!ってそんな決意表明してどうする…

さ、そんなこといいつつ、後食開始したモンギローニのセットでも作りますかね~。せっせせっせ…





最後におまけ。

北海道ラーメンランキング4位、「ふくや」に行ってきました!

130302-0.jpg

ラーメンは塩と醤油の2種のみ。いずれもワンコイン500円、とコンセプトが非常に明確なのでありやす。

今回食したのは、ご覧のとおり「醤油」。

いまどき流行のゴテゴテラーメンではなく、昔ながらの旭川ラーメン。出汁も含めて、ホッとする味でした。

これで500円なので、コストパフォーマンスは抜群!また行ってもいいですね~(^^♪

でも、ご近所さんメインのお店かな。観光客とかが札幌でラーメン食べたい!と思って来ると、ちょっとイメージが違うかも。地元民の普段ラーメン用のお店という感じでした。

何か書いていたら、また食いたくなってきた~


コメント:4

2013/01/05(土) 21:15 ノコギリ(ミラビリス)
あけましておめでとうございます
みなさま、新年あけてしまっておめでとうございます

我が家は喪中だったこともあり、年賀状書き等ない平穏な正月を過ごしましたが、皆様はいかがお過ごしでしたか?(年賀状頂戴した方すいません!寒中見舞いでお返事しますので





我が家では帰省以外、年末年始は服やら食い物やらを安くなったののみ購入し、久々の買い物を楽しみましたが、

130105-0.jpg

こんなものも買いました。銅製のすりおろし金、4000円ちょい。高いかも?と思いつつ買ったのはこれだけですが、ちょっとした贅沢です

因みに一番試したい大根おろし。大根が高すぎたのでまだ試していません






さて、本日よりノロノロと初クワ作業をした訳ですが、外気温がマイナス10℃とかになっているせいか、やる気が出る訳もなく…
とりあえずは採卵、羽化個体チェック等でお茶を濁しただけでした。

最近蛹化した個体群は

130105-1.jpg

チュウホソアカ。♂も蛹化してほしいけど、もう少しかな??春先にブリ出来ればベスト!

130105-2.jpg

モンギローニ。こちらも♀が続々蛹化中。♂は当然にして、まだまだ幼虫頑張っています。よって、彼女らのお婿さんは、彼女らの母親と同腹の♂1匹のみ。うーん、超ハーレム

130105-3.jpg

インペラトール…は既に羽化していました

こちらは♂が全くおりませんです。探すしかないですね~。

130105-5.jpg

えええええー

こちらパリーノコです。しかももう色づいていて…間もなく羽化じゃん!

アンティローペ並のサイクルの速さ(1年未満)です。爆産の雰囲気もおんなじだし…Gさん、アンティローペと一緒にどないですか?幼虫もワンサカおりますよ(涙

他にも色々おりますが、蛹の最後は

130105-4.jpg

ミラビリスノコギリ。こちらは♂もいるし、安心安心。

そして現在は、ミラビリスのアウトラインを作るべく、Hさんから飛ばしてもらった♀の産卵セット中ですが

130105-6.jpg

産み始めたようです

でも温度が20度を切るかどうかという部屋に置いてあるので、余り良い環境ではないのです。

いつぞやみたく100個くらい産ませたい気もしないでもないけど、今の環境では少し厳しいしな~。でもとりあえずは、血の入れ替えが出来ればヨシとしましょう。

ということで中身の薄い内容で失礼しました。

本年もこんな感じでぼちぼちまったりと更新していきますので、よろしくお付き合いください~

コメント:10

2011/11/27(日) 17:52 ノコギリ(ミラビリス)
ミラビリスノコギリ
風邪をひきまいた

歳をとると共に、抵抗力が弱くなっている気がするのは気のせいでしょうか?季節の変わり目ですので、皆様もお体をお大事に…




さて、先日の記事で、ユダイクスが2匹しか採れんかった!と書きました。

んで、2匹しか採れなかったセットから取り出した

1105-1.jpg

卵。

どーせ無精卵だと思ってますので、タグの文字もかなり投げやりです(笑

カップも60カップと、全くやる気が感じられません。でも、先週末に何気にチェックしたら

1105-2.jpg

見づらいのですが、孵化してました

卵は4個ほど入れたように記憶していますが、結局4匹全部孵化してきました。無精卵じゃなかったのね…


しかし、セットで♀が★になって、随分してから割り出したのが1枚目の写真、9/24なのですが…産卵後、孵化まで軽く3カ月はかかっていると思われます。そんなもんなんですかね??わかんねー

結局、ニョロ数が累計6匹と。

んむ~、累代やめるはずだったのですが、何とかなりそうな数ですね。続けちゃおうかな??





んで、ついでにほかのミヤマも気になったので、同様に♀が★になって1か月以上経過した

0605エラフスミヤマ

エラフスミヤマ。Iさん血統×Tさん血統のCBF1ですが、既に50匹ほど回収しています。さて、どれくらい採れるかな、と思って暴いてみたら…

1105-3.jpg

50匹ちょい採れました

卵もまだ残っていたので、最終的な数はもうちっと伸びそうです。これで通算100は超えましたね~。ミヤマは産卵数多いと聞きましたが、100を超えるとやはり嬉しいです。

Tさん、Iさん、良い個体をお譲りいただき有難うござました





さて、久々の3ケタ採取でしたが、過去に3ケタに届いたのは

・メルキオリティス【129個】
・メタリフェルホソアカ(ハルマヘラ?だったかな?)【推定。妄想とも言う?】
・フォルスターフタマタ(キヨタミ)【推定。妄想とも言う?】

そして

ミラビリス080902

ミラビリスノコギリです。

初ブリの一昨年は、無精卵乱発で3ニョロしか採れませんでしたが、昨年は2♀でブリードした結果、100および95個の採卵(とニョロ)を確認しました。

採卵の最終報告はこちら。その後、使用していた材からニョロが出てきて100になり。

更にその後も材から出てきたような気もしますが、記録に残していないのでわかりません…

でもまあ、2♀同時に100個前後採れたので、非常に嬉しかったのを覚えています。

今年はすっかりやる気をなくし、一度セットしたらそのままで工夫も何も無いので、大した数は採れていませんがッ




因みに産卵セットの中身は…

・材:カワラ材のみ。
・湿度:普通。やや多めの時もあり。
・セット内容:中ケースにカワラ菌糸のほぐしたものを1センチほど敷き、その上に材を転がすのみ。

って感じでした。

マンディブラリス等のフタマタ属と同じような内容です。違うのは材の種類だけ。

一時、「乾燥気味の方が良い」などの情報を試したりもしたのですが、個人的な感想は「別に~」って感じ。

むしろ、適度な湿度がある条件の方がよく産んだ記憶があります。ま、あくまで我が家の環境では、ですが。


今年出てきているニョロは、CBF1×CBF1=CBF2.

なんとなくの根拠のない予感としては、インラインには弱いのじゃないか?と思っているので、来年あたりは血の入れ替えをしようかな?と思っています。元々CB好きですしね。


昨年は多量にWD個体が入荷したようですので、しばらくは血の入れ替えにも困らないでしょう。

ノコギリの中では一番のお気に入りです♪

コメント:6

2011/01/15(土) 21:43 ノコギリ(ミラビリス)
お参り。
雪国の冬は、基本曇りの日が続きます。

そんな中、

0115c.jpg

本日は珍しく晴れてくれたので、遅れ馳せながら

0115a.jpg

地元の神社に初詣に行ってきました。

先週まではもの凄い人手だったのですが、何故か本日はガラガラ。天気いいのに、何故?


0115d.jpg

道のりは当たり前ですが全て雪道。なので、こんな感じでストック持参の方も居たりします(^_^)

そして笑ったのが

0115b.jpg

こちら。氷が張ってます(笑)手を洗ったら冷たかった~

続きをどうぞ


コメント:12

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。