クワガタ漬け。
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


2013/01/26(土) 18:14 キクロ(タランドゥスホソアカ)
マットとタランドゥス
皆さんはマット産みの種にどんなマット使っていますか?

我が家ではコストが安いこと、添加剤が無い=産卵阻害要因にならない(むしろ有利)と思っていたこと等から、無添加マットを専ら使っていました。

まあ無添加マットとはいっても、某メーカー品等は結構なお値段がしますので、必ずしも無添加=安価、ではないですけどね。

私はネットで探した、安くて比較的粒子の細かい無添加マットをああだこうだ、と必要な時に探して色々なメーカーのものを使用しています。

でも価格が高かろうが安かろうが、どうもセットしている間のマットの性質が安定しないんですよね…

まあ大半が発酵が浅い一次発酵マットなので、再発酵なりのリスクがあるのは承知なんですが、特に昨年からずっと使用しているマットは、色々工夫しても今一ついい感じでセット出来ないことが多いです。手に取った時の柔らかさや臭いに納得がいかない

昨年から使用しているのは、安い微粒子を謳う安いやつです。使う時は勿論、ただそのままじゃなく少し手を加えつつ。

しかし何をどうしても、酸っぱい臭いが取れないんですよね…ガス抜きしても、少しだけですが変に臭うし、臭いが無くなった、と思ったら腑抜けたスポンジみたいにスカスカになったり、いい具合に納まってくれません

いっそ、昔使っていた月●野のく●マットだとか、今も使っている恵●園のマットだとか、添加剤入っていても発酵が安定しているマットの方が成績いいんじゃねーか?と思い始めています。その方がズボラ飼育にも向いてます(幼虫発見しても慌てて割り出す必要なし!)しねぇ。

ということで、そろそろ我が家のマット産みの種が続々と蛹化しているので、悩んでいるところです。

間もなくブリード開始になるであろう候補は、一部先日の記事で写真UPしましたが
・モンギローニホソアカ
・インペラトールホソアカ
・ミニスゼッチホソアカ
・パープル系メタリフェルホソアカ
・サンギレンシスホソアカ
・ギラファホソアカ
・タランドゥスホソアカ

おお、我が家のホソアカの大半が候補です。あ、

キンオニ2

キンオニもそろそろかな。文字放送ばっかなんで無理やり画像を入れてみた

んむむ、しかしホソアカの大半といいつつ、ビコロールは玉砕、スペキオススは飼育数が少ない(確か3匹くらい?)ので累代出来るか不明。ってことを考えると全部か(w

で、ラストにあげたタランドゥスホソアカ。

タランドゥス090413


元々WD♀2匹から産ませて、AラインとBラインの2系統の幼虫がおりましたが、気が付けばAラインの幼虫が殆ど居なくなっていました。

元々Aラインは幼虫が少なかった(確か20匹弱)のですが、間違って外に出しちゃった??

昨年秋口に唯一組んだ産卵セット(小ケース)は、くだんの無添加マットの影響もあってか、全く採れませんでしたので、実質Bラインのみ残っています。現在、♀が蛹化の気配?

そしてAラインの唯一の生き残りの♂(これだけ、800CCの容器で育てていた。他は全部200CC

130126.jpg


先日、自力ハッチしちゃいました。んむー、もう少し待っていて欲しかったなぁ…♀の羽化・成熟に間に合うかな?

一応16~18度くらいの環境で生かさず殺さず、の状態で保管しておこうと思います。成熟が間に合ったら…うん、やっぱり一旦無添加はやめよう?!(日替わりで気分が変わるw)
スポンサーサイト

コメント:4

2012/09/01(土) 18:31 キクロ(タランドゥスホソアカ)
タランドゥスといえばホソアカだってば

前回の記事に出した、積丹の

うに丼

このうに丼。値段はいくらだったかというと…正確には覚えてませんが、2500円くらいです。

価格だけ見れば東京とかで食うより全然安いでしょうね。でも札幌でも少し上乗せしたくらいの金額で食えます。片道100キロのドライブですので、ぶっちゃけガソリン代考えたら札幌で食った方が安いし、下手したら旨い(笑

でもドライブ道中の景色が素敵ですからね~

因みに妻が食った

いくら丼

「いくら丼」はやむなく注文したものです。本当は刺身定食&イカさしを頼む予定だったんですが、一人しかいないという「板前さんが今朝、救急搬送されちゃってね~。刺身全部出来ないんだわ!」ですって。そう言われたら文句も言えません…


このあたりの食堂の愛想の悪さはもはや定番でご愛嬌。今回はたまたまですが愛想悪くなかったし、刺身が食えないリスクもありますが(爆)、皆様もいかがでしょう?

でも本州方面からだとガソリン代どころじゃないですね…




さて、画像転用してのメシネタはさておき、本筋の虫ですむしー

今では結構出回るようになりましたが、一昔前は幻と呼ばれていたこの

タランドゥス090122

タランドゥスホソアカ。

巷では「タランドゥス」を当たり前のように黒光りする虫の代名詞のように使っていますが、おいらにとってはこちらが優先でございます。

他のキクロ同様に、新成虫はとにかく綺麗。角度によって黄金色に見える羽部分が特にヨシ。ズボラ飼育でも大歯型が出るのがなおよし、って感じです。画像は200CCカップで羽化させたんですよ。凄いでしょ?



このタランドゥス、我が家には現在2血統あります。

昨年久しぶりにまた飼育したくなって、WDを2ペア落札。それぞれ子孫を残してくれましたので、今年はその2血統をそれぞれインラインでブリードしています。現在は1血統がペアリング中、1血統が産卵セットして1カ月が経過したところですが、こちらからは今年も無事ニョロを確認することが出来ました。良かったよかった。


タランドゥスと言えば思いだします。初めてブリードした時、どうしても産ませたくて。マットのガチ詰め部分に2種類のマットを使用し、どこに産むかを確認するために産卵中にマットをあばくということまでしました。昔は色々工夫したなぁ。今は殆どしないなぁ

確かおぼろげな記憶では、その時も2週間~の同居後、メイトガードを明確に確認することなくセットした覚えがあります。途中で♂がヘロヘロになったので取り出して♀を産卵セット。そういや、この♂を譲ってもらった時からIさんとのお付き合いが始まったような??

結果、セット一週間後にガチ詰部分とその上の普通に詰めた部分の境目に卵を数個発見し、満足して元に戻したのですが、孵化することなく結果的には全て無精卵…

ということでやはり、メイトガード確認は必要ですね。

過去に我が家でキクロで産卵失敗したのは、記憶の限りでは

・タランドゥスホソアカ(既に何度かリベンジ成功)
・モンギローニホソアカ(今年リベンジ成功!)
・イグジミウスホソアカ(飼育意欲なし…てか、最近見かけませんね

0312モンギ


の3種です。画像は今回子孫を残してくれたモンギのペア。イグジミウスなんて壊れたPCに画像残ってるだけで、取り出す気力すら湧きません(w


全てに共通する、失敗の最大の原因と思われるものが「メイトガード未確認」です。

過去玉砕したケースは、メイトガード未確認でも、「一週間も同居させたからいいべ!」と適当に産卵セットに突っ込んだケースが大半です。
だいたい、同居させて忘れて2~3週間経って、そのままポイって入れちゃうケースがほとんど。それでも大半の♀は産むんですけど、まあ稀に未交尾(個体の生殖器に問題ある場合もあるかもしれんけど)ゆえか、無精卵になっちゃうことがあるよーです。

昔我が家では、ペアリングセットを居間のTV近くに持ってきて、TVを見ながら観察できるようにしていましたが、今はそうもいかず…メイトガードの確認が難しくなっています。

んで、今年ペアリングしてみて改めて思うのですが、成熟の関係なのか何なのか、このタランドゥスホソアカはなかなかメイトガード行為を私に見せてくれません。

彼らに比べたら、すぐメイトガードするメタリフェル等のキクロが露出狂に思える程でございます

現在ペアリング中の♂♀も、同居開始して一週間以上経過しても、まったく重なる気配がございませぬ…交尾さえ完了すれば、産卵自体はかなり容易な部類と思います。キクロの基本的なセットでホイホイと産みます。温度も気を遣わなくていいので楽です

色々飼育種が増えすぎていて、全体的に減種の必要性が高まる中、キクロは余り削減される気配がありませぬ。と、他人事のように書いてみる

強いて言えば、キクロでの削減対象候補はエラフス、

ミニス赤目


ミニスゼッチかな?ミニスは淘汰候補になってかれこれ数年、生き延びています。テキトーセットで採れなきゃおしまい!というスタンスなんですが、不思議と採れます

まだ成虫を見ていないビコロールホソアカはまだ何とも言えません。あ、ビコロールはまだカテゴリー設定すらしていないですね。Iさんから譲っていただいたニョロは既に羽化していますが、羽化後3カ月経過してもハッチしてきません。

そしてこのタランドゥスも、いつか削減対象になるのか…その前にブリード失敗するのか。ズボラな私はきっと、メイトガード確認が面倒で、失敗して終了ってのがオチですねきっとッ!

以上、本日はほとんど文字放送で失礼しました~

コメント:10

2010/03/10(水) 09:00 キクロ(タランドゥスホソアカ)
完全な思いつきで。
先月詰めたカワラが全部アオカビまみれになってしまったので、

NO1.jpg

新たに北●オオクワから菌床を取り寄せて詰めてみました。

えぼ8さんのアドバイスどおり、今回は肩口までぎっちり詰めて、温度も比較的高めの場所に保管しておこうと思います。でも、この菌は大丈夫な予感がバリバリですので、多分問題無いでしょう…根拠?カンです(笑

ということで、懲りもせず

NO2.jpg

カワラ材に再チャレンジです。因みに殺菌棒は使ってません(^^)/  殺菌棒、今後使うことあるのでしょうか…





で、先日「子実体」がにょきにょきでてきたオオヒラ菌糸ビン。温度を上げてもまだ出るので

NO3.jpg

片っ端からちぎりまくりました。すると、結構な量になりましてん。

この前北●オオクワのおやじさんと話しているときに「捨ててるんですか?勿体無い!我が家では…(以下略)」

この言葉がふと頭をよぎり…

気がつくと…

NO4.jpg

バターで炒めていました

完全思いつきなので、他の具は一切ございません。バターと塩少々で味付けなり。



でもまだ余っていたので

NO5.jpg

残りを電子レンジで1分暖めただけで、カレーの上に…うっ、量が多いバター炒めは縮んで少ない

以上、見た目最悪の昼食が出来上がりました(笑

味は…まあまあ美味しかったですよ。普通のキノコです。食後のデザートは、勿論ゼリーです(本当

…人間用ですけどね(w



さて、クワネタは色々出てきたのですが、気のせいでしょうか。なんとなくお腹イッパイになってしまったので、軽くいきます。

タランドゥス090413

タランドゥスホソアカです。

我家で一度も「有精卵を」産んだ実績の無い種です。無精卵は何度もあるのですが…



しかし、1月末に、我家で初めて

100131-3.jpg

交尾を確認♪我家のキクロは、交尾確認出来た種は全て産卵成功していますので、これはいけるかな?と期待していたところ…

本日、セットの底に初齢を発見!(画像なし。ちっこすぎて撮ってもちゃんと写らない…)

この種は結構な回数ブリしてますので、今回はかなり力技ですが、ようやく…採ったど~!!

でもまだ1匹しか確認出来てませんし、今年は4♀使ってようやく、の状況ですので全く満足は出来ません。

次世代でちゃんとまた採れたら、自分なりに成功ですが…どうかな~?

コメント:20

2010/01/26(火) 21:15 キクロ(タランドゥスホソアカ)
極寒・・・!
本日、札幌の最高気温は-3度ですって、奥様。

最低じゃないっすよ、最高ですよ最高。

朝の通勤時なんか寒くて寒くて。かき氷を一気に食べると、こめかみがキーンってなりますよね。あの状態が、歩いている間ずーっと続くような感じです。

そんな中、人の往来を観察していたら、生足のまま闊歩する娘さんが複数…若いってすごいですね

いかんいかん、最近考えることだけじゃなくて、書くことまでおっさん化してきた

そんな寒い日はやっぱり


100126-2.jpg

回転寿司~

あ、食ったのは数日前ですけどね大好きなアナゴです。これで270円。高いか安いか??





で、更新回数が減っているせいでネタは結構溜まってきたのですが、季節柄寒いネタを。

100126.jpg


タランドゥスホソアカのブリを再開しました。

なぜなら、先月組んでいたセットがボウズだったからです

これで昨年に続き累代の危機になってしまいました。だっせ~




キクロは以前からそれなりに飼育してきましたので、今ではどの種でもそれなりにこなせるような気がするのですが、このタランドゥスだけは苦手です。

♀は蛹室から自力ハッチしてきたのに、ロクにゼリー食わないし。食うまで待ってたらいつの間にか落ちるし。



昨年も今年も、産卵はさせましたが全部無精卵なんで、後は成熟の見極めだけなんですけどね…(涙

ということで、ヨレヨレながら唯一生き残っている♂と、ビッダでポチっとした♀で最終トライです。

♀は後食はじめたばっかりですので、かなり成熟の面で不安ですけど、♂の寿命考えたらやむなしですね。

タランドゥス090413
せめて画像だけでも、まともな個体を…昨年の羽化個体です(涙

ということで、寒いネタでした。他にもあるぞ、寒いネタ~

コメント:15

2009/11/09(月) 21:24 キクロ(タランドゥスホソアカ)
がむばります
いやー、風邪をひいてしまいまひた、ずびずび

で、マスク姿+おでこに「冷えピタ」貼って出社したのですが、まあいじられるいじられる。

「お、おでこにもマスクか?」
「『三つ目が通る』みたいだね(漫画のタイトルらしい)」
「そこに何かを封印しているのか?」

極めつけは

「その面積にその冷えピタだと、焼け石に水じゃない?」

・・・何を意味しているかは、ご想像にお任せします

最近寒いっすからね、皆様もお気をつけください。





さて、先日色々な材を入れて作っていた

091104-5.jpg


この産卵セット。何のために使うか、といいますと、去年玉砕した

タランドゥス090122

タランドゥスです。タランドゥスといえば、当然にしてタランドゥスホソアカです。

昨年は、この♂と♀を一ヶ月も!430カップに同居させて。

交尾確認は出来ていませんでしたが、さすがに交尾済んでいるだろう、と産卵セットに放り込み。

途中気になって暴いて、数個の卵を見つけて産卵確認までしたのに。



無精卵だったんですよ~



いい歳した男女が、一つ屋根の下、一ヶ月も暮らしておきながらナンだお前は!

と♂を叱ったらすぐ逝っちゃいました。お前は草食系だったのか??






ということで、今回ブリードする予定の個体は、我家の惨状を見かねたUさんの御厚意で頂戴したものが、晴れて羽化したものです。

自力脱出して一ヶ月して同居開始。

既に同居して一ヶ月が経過しますが、昨年同様に、やっぱり交尾確認(ないしメイトガード)が出来ません。♂も♀も成熟していると思うんですけどね。

なので、

091109.jpg

こんなの買ってみました。

今、ペアリングケースには転倒防止&メスの隠れ家用に、樹皮などを沢山入れていますが、今回はプリンカップの底にこれを敷きつめて、隠れ家を無くそうと思います。

こ、交尾確認出来るかな??

皆さんはどうしても交尾させたいとき、どうしてるんでしょう。

普通は成熟した男女が一緒にいりゃ、そりゃあねえ…工夫なんか要らんでしょうに!




最後におまけ。

091109-2.jpg

週末の採卵とき、フォルフターの♀が、目の前で卵をポロリと落としてくれました。

産卵途中の♀を指でつまんでしまったようです。

ごめんねごめんね~♪

コメント:14

NextPage