クワガタ漬け。
2008/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/05/12(日) 09:40 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
WE新家族
ようやく札幌も例年並み??に暖かくなってきました。

庭に出てみると、放置していたプランターから

130511-b.jpg

雪で押しつぶされて体積が激減した土から、うっかりと三つ葉が生えて来ていました。さすがの生命力…!




そこで思い立って

130511-a.jpg

隣にある家庭菜園を一度耕してみました。耕した後に、ある場所にニラ(何度でも生える)を植えていたのを思い出しましたが後の祭り…

多分生えては来るんでしょうが、多分雑草と間違えて抜いちゃうでしょうね




後は、庭のあっちゃこっちゃに放置してある

130511-c.jpg

秋に剪定した、枝葉の始末をしないと!

始末する前に雪が積もって、まさかと思ったらそれがそのまま根雪になっちゃいましたからね~

ん?でもこの枝、鳥の止まり木に使えるかも??と思って使えそうかも、という枝を見てみてびっくり。

130511-d.jpg

分かりますかね…蕾がついているのですよ。

半年前に切断されていながらなんで?と思いましたが、雪の下に埋まっていて水分が補給されていたんでしょうね。これまた凄い生命力なり





さて、少しだけ虫ネタ。最近あまり時間かけられないですので、ちょっとだけ。

130512-1ミニスゼッチWE

CBF6世代に突入、WEのミニスゼッチホソアカです。

今回羽化個体は見事に全て、WEもしくはピンクアイになりました。


130512-2ミニスゼッチWE

過去数年間ずっと、このミニスゼッチホソアカは累代終了予定種に指定され続けながら、しぶとく累代継続しちゃってます。

理由はWEを作出したかった(インライン続けるとWEになるという噂あり)のと、ブリードが容易すぎることの2つですね…

ものすげー適当にセットしても採れてしまうので、細々と、でも確実に累代出来ちゃってました。今年はどうしますかね…



と、最近はホソアカ系ばかりでしたが、最近ようやく

130512-3.jpg

フタマタ系も蛹化・羽化してきました。

最近羽化しているのは♀ですね。フォルスター、メルキ、マンディブラリス(ムラトゥス)、アドゥンクス。

そしてようやく♂も蛹化です。画像は850CCビンに入れっぱなしで蛹化まで持って行った、フォルフォル。間違いなく小サイズです

マンディブラリス(ムラトゥス)だけが♂に蛹化気配がないですが、まあ寿命長いから何とかなるかな?

出来ればそろそろ採卵したいですね…でも時間無いんだよなー




平日は心身に堪える業務。土日は家のこと、クワガタや鳥のこと、その他突発事項対応等ありましててんてこまいですが、そんな中懲りずに。土曜日に


130511-1.jpg

新千歳空港まで車を飛ばして、取り寄せましたよ新家族。

こちらは山口県よりやってきてくれた、サザナミインコのルチノー2羽です。色が綺麗でかわいい



そして同じ便にて

130511-2.jpg

香川県より、クリームイノの女の子。こちらは遺伝的に♀確定だそうです。



まだ独り餌になったばかり、とのことですが、コロがやってきた時よりもちょっとまだ幼いかな?

ルチノーさんは垂直方向には飛べますが、まだ水平移動が苦手なご様子。

クリームさんに至っては、まだ足の力も弱いです。まだまだお子様ですねぇ。可愛いですねぇ(脈略無し)。



到着後、ルチノーさんはエッグフードばかり。クリームさんに至っては何も食べないまま時間が過ぎていたので、手にとって粟穂を与えた所

130511-3.jpg

ポリポリ食べてくれました。よ、よかった・・・!

因みに今回取り寄せた3羽は、WEではなく全てピンクアイ(鳥業界では赤目っていうんですかね)でございます。

早く慣れてもらって、一緒に遊びたいですな~
スポンサーサイト

コメント:2

2010/04/29(木) 21:24 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
累代継続してみようかと・・・
最近、初対面の子供に「かば」とか「つるぴか」とか「てかてか」とか呼ばれることが続いています。理由は察してください(w

子供にいじられるのは大好きなので全く問題ないのですが、隣で親は笑ってるだけ、ってのは一体どうなんでしょう。

まあ、「失礼なこと言わないの!」とか言われるより笑ってくれたほーがいいんですケド



そして昨日、近くを通りがかっただけのおばはんが、わざわざ振り返っていきなり

「あんた、頭綺麗だねぇ!大したもんだ!」

初対面の大人に面と向かってこの類の言葉を浴びせられたのは、2度目です。因みに1度目は、東京で入社式を終えて、支社に顔を初めて出したとき、職場の先輩に言われました(つまり、昔から…




でもさすがに今回ばかりはびっくりした!因みにそのおばはんは、すれ違う色々な人に好き勝手な事を話しかけて去っていきました。

きっと、春が到来したんでしょうね…その人だけ




さ、そういいつつ昨日はGW目前にして雪が降ったりした訳ですが。


今日は採卵とマット交換をば、致しました。

すると

0429.jpg

ブリが失敗した時用にポチっとした、タランドゥスホソアカ幼虫の♀が一匹だけ蛹化してました

他のニョロはまだ2齢、1匹だけ3齢ですので、100%羽化ズレ確定です。しかし、ちっこいな~。♂だったりして(笑



つぎー

0427-1.jpg

SUKANKさんから頂いた、ファブノコ・タカクワイ♀が羽化してました。

3ニョロがどうやら2♂1♀になって、全て元気にしております。んで現在、♀が羽化、♂が蛹化しておりますです。

ん?何故羽化ズレしてないのかって?それはね…愚問(笑




そして

0427-2.jpg

ミニスゼッチホソアカ、CBF3個体の♂が自力ハッチしてきました。残念ながら黒目です。

最初の♀は

0211-3.jpg

何故か一匹だけ2月半ばに自力ハッチしていたのですが、こちらはピンクアイでした。

今回羽化した成虫はこの♀を含め、2♂9♀なのですが、調べてみたところ2♂=100%黒目。9♀のうち4♀が赤目でした。

前の世代(CBF2)では、羽化直後だけ白目だったり赤目だったりしただけで、時間の移行と共に黒くなっていたのですが、今回は赤で固定された個体が出てくるようになったようです。



ということで、「ミニスゼッチはインラインを重ねるとホワイトアイになっていく」という噂は本当なのかもしれませんね



ということで、更に検証すべく、とりあえず累代継続してみようと思います

因みにこのミニスゼッチ。

どんな劣悪な環境でも産卵するし、幼虫丈夫だし、成虫の大半が大歯で出る(上の♂個体も200カップ羽化)など、飼育しやすさバツグンです。その分、やり甲斐は…ですが



さいごー

0427-0.jpg

takayanさん血統、スペキオススホソアカが同居後2週間にしてようやくメイトガードを開始しました。

3日連続でガードしていたので、恐らく交尾も完了しているでしょう。

ということで、本日セットに投入してみました。実質的に初ブリですが、産んでくれるかな??

コメント:16

2010/02/09(火) 01:36 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
ピンク愛♪
最近になってようやく、少しはまともな

0211-1.jpg

インペラ君が蛹室から這い出てきました。まあ小さいことに変わりありませんが、それなりに皇帝君ぽいですよね




で、それより先に、極小♂でブリードしたセットから

0211-4.jpg

ニョロが湧き出てきました。

といいつつ、撮影するのが面倒だったので、画像は数ヶ月前のギラファホソアカのセットです



ま、これで累代は大丈夫そうですね♪

ある方に、飛ばす約束をしたような気がするので、今回は少し多めに採ろうと思っています

採れるかどうか…は神の味噌汁です






で、今回の主役は皇帝君ではございません。

今回の主役は、

0211-2.jpg

さてナンでしょう。







答え。

ミニスゼッチホソアカです。実は昨年、累代を中止するつもりでいたのですが、

「インラインを重ねると、ホワイトアイが出現するらしい」

という、確かnebutoさんから教えていただいた情報を確認したかったので、累代継続した種です。確か今回羽化した個体の累代は、CBF3かな?



で今回、プリンカップのニョロチェックをしていたつもりが、一匹だかうっかり羽化してました。てか、自力ハッチしてました。あ、あぶね~


で、この個体、良く見ると目がピンクです。上の画像は、フラッシュ撮影したものですが

0211-3.jpg

自然光撮影でも赤くなります。

ってことは、ピンク愛(?)確定ですね




実は昨年羽化の個体の一部も、「羽化直後は」目が白かったり赤かったりしたんです。

でも、後食開始前後で全部黒目に…。



なので検証したくて、今回の累代に及んだわけです。

今回は自力ハッチ個体ですので、これから黒目にはならんでしょうね。ならんよね。なるな!





で、このうっかり♀に合う、インライン♂はおりませんので、この♀は生娘のままでいてもらおうかと…

いただきもの1

思いましたがところがどっこい。

先日のプリンオフで、京四郎さん経由でいただいた、ティーノさん♂がおりました!!




実はひっそり。今年で累代中止する気満々だったのですが、ここまでくれば徹底検証です。

なので、このピンク愛♀と、ティーノさん♂でかけてみて、まずニョロをGETして…一方で、インラインでかけたニョロもGETして。


来年羽化したときに、

●インライン:ホワイト、ないしピンク

●アウトライン:黒目


となれば、自分なりの検証完了ですね


ま、まずはニョロを採らないと話になりませんけど。でも、これ、結構楽しい♪頑張って採ろうっと


ティーノさん、改めて有難うございまする

コメント:20

2009/05/01(金) 00:49 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
誤算だ!
体は疲れているのに、何故か寝付けない~






ので、予定外に深夜にひっそりと更新です。


最近、色々なマットを用途別に取り寄せています。先日届いたのは、産卵用にと発注したマットなんですが

090501-2.jpg

開けてびっくり。完全乾燥、未発酵です

微粒子粉砕マットなので、多少の水分を含んでいれば一次発酵してるだろーとたかをくくっていましたが、完全に乾燥してますね

ということで、このままだと使いにくいっすね~。手間かけるの面倒くさいな・・・たいした手間じゃないんですけどね。これが誤算その1.





で、水曜日がお休みだったので、普段チェックしてないニョロのカップをチェックしてみたらば

090501-3.jpg

愕然!

テーブルからまいたけが生えて・・・た訳じゃなく、なんとパプキン、孵化後3ヶ月で既に蛹化・前蛹です。

しかもこれ、仮保管用に60CCカップですがな~

は、早すぎ!!(交換タイミングが遅すぎる、とも言う)

うーん、これ、無事羽化するんだろうか・・・。でもまぁ、試しにこのまま放置してみっか。数も豊富だし(飼育者として良くない発想です




で、誤算続きで気分的に余りよろしくなかったので、

090501-4ミニスゼッチ

せめて少しは前向きに。

ということで、ミニスゼッチホソアカのペアリング開始です。

さるお方の情報では、インラインを重ねるとホワイトアイが結構な確率で出現するとのことですので、とりあえずそれを実証したいがために!今回も累代継続です


といいつつ、まだニョロも採れてないしぃ。

採れたとしても、まだCBF3なんで、まだまだ累代数は足りないしぃ

しかし、とりあえず次世代に向かって、ホワイトアイ(実は好きじゃない)に向かって、実験開始ナリ!!

コメント:18

2009/04/02(木) 23:41 キクロ(ミニスゼッチホソアカ)
♂♀の成熟
あああああ~

最近全然、クワを弄る時間がありません

おまけに草野球のシーズンも近いというのに、トレーニングも最近ご無沙汰です。溜まるのはストレスばっかりだ~!!

そろそろペアリングセットしたい個体もちょろちょろ出てますが、疲れててセットを用意する気にならない・・・昨年まではどんなに疲労しててもクワ弄りしてたんですけどね。




で、その成熟してきた個体の一つ。

ミニスゼッチ090402

ミニスゼッチホソアカ君です。

サイズは45~50ミリばかり出てきますが、大きいのか小さいのか??よくわかんね。

で、今回は彼ら。羽化しても一切掘り出しませんでした。

で、成熟し始めたであろう証の

090402.jpg

自力脱出まで放置しておりますです。

大抵、どの種も自力脱出時はこんな感じで、カップのふちをドーナツ状に徘徊しますので、すぐ分かります。カリカリ音するしぃ。



で、このミニスゼッチ。

我家では♂の数=♀の数で、数の上では結構いい塩梅なのですが、♂ばかり成熟してきて、♀が一向に出てきません。

羽化時期は♀の方が先だと思われる・・・彼らはキクロには珍しく、カップの側面とかに蛹室作ることは稀(本当)なので、詳細は不明・・・のに、♂ばかり這い上がってきますです。




ま、後食までの期間は、やはり♂の方が短いんでしょうね。

♂の方が♀より体が大きい。だから羽化までの期間(幼虫期間)も、♂の方が長い。で、後食までに要する期間が♂=♀、なら自然界でも羽化ズレ。だから♂の後食までの期間が短い。

なぁんて単純な図式があろうはずもありませんが、それでもやっぱり、♂の方が後食が早い気がします。




はっ




ん?ひょっとして、これは常識なんでしょうか???

この手の情報を一切集めないタチだから、すごく恥ずかしい当たり前のことを書いているかもしれませんね・・・急に恥ずかしくなってきたぞぉぉぉ


ということで、遠慮がちに「♂の方が後食はやい気がするな~」と言ってみたい今日この頃でした

コメント:8

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。