クワガタ漬け。
2017/01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2017/03


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/03/13(日) 20:58 キクロ(サンギレンシス産メタリフェル)
動物だらけ
我が家にはサザナミインコ、アキクサインコの2種のインコが、計17羽おります。

最近の札幌は、ようやく最高気温がプラスに転じるようになりました。こちらにもそろそろ春が少しずつ近寄っている気配なので、

160313-4.jpg

それぞれのケージに巣箱を入れました。昨シーズンは一部しか上手くブリード出来ませんでしたが、今春はどうでしょうか・・・

160313-5.jpg

こちらはアキクサインコ、ノーマル♂のザビエル君です。なかなか人になつかないアキクサインコの中で、別に手乗りにしているわけでもないのに人を恐れません。良い子です

目下、このザビエル君と♀のペリーちゃんがブリード真っ最中。早ければ今月末に雛が誕生する予定です。アキクサは今まで巣箱には一切産まず、金網の上に転がし産卵ばかりしていたので、今まで一羽しか無事に孵化していませんでした。

今回は初の巣箱産卵に成功しましたので、結果が楽しみです


因みに17羽も飼育していて・・・とくにサザナミは大食漢なので、餌の消費が激しいです。よって我が家の飼育部屋の窓周辺は

160313-2.jpg

こんな感じで、餌のカラまみれです。家の中の方が暖かいので、殻を外に吹いてもどんどん家の中に入って汚れてしまうのが難点ですが、汚れるのはもう諦めています。週に1回、まとめて掃除でおしまい

そして餌には一部、食べられていないものも一緒に捨ててしまっているので、それを食べるために庭には

160313-1.jpg

色々な動物が来ます。左側は謎の鳥(確認できず)、右側はエゾリスの足跡です。もうちっと手前には、姿はたまにしか見せませんがエゾヤチネズミなるネズミも出入りしています。

そして、別に鳥の餌を狙っている訳ではないケドよく我が家に姿を現すのが

160313-3.jpg

キタキツネっすね。足跡見えますか?足跡が一直線に並ぶのが特徴なり。ホントこの辺は動物が濃いです。間もなく、家の周り全体でキツツキのドラミングの音が聞こえてくるでしょう・・・

さて、いつまでたってもクワガタが出ないついでにもう一つ。

160313-9.jpg

我が家のフロリダブルー水槽です。中心にちっこい個体がいるのが見えますでしょうか・・・

そこに餌用のメダカを入れているのですが、しぶとく生き残っている個体が数匹・・・もしかしたら間もなく産卵しちゃいそうな感じです。この過酷な環境で生きていけるんでしょうか?



いずれにせよ、春、近し。です



さて、少しだけクワネタ(?)。

完全男子校状態だったサンギレンシスメタリフェルですが、

160313-8.jpg

1♂2♀をポチっとしたので、そのうちの1♀と我が家で最も早起きだったオスとでペアリングを開始しました。メイトガード確認でき次第、セットを組みます。

160313-6.jpg

セットに用いる産卵材も準備万端!本当はもう少しあたたかくなってからの方がベターではありますが、とにかく産卵セットしたい今日この頃なので我慢しません!


さて、さいご。そういえば最近息子の写真を撮ってないな、と思ったので先週数枚パチリ。

160313-10.jpg

とりたてて特徴のある画像でもないのですが、なんとなく載っけてみました。相変わらずの親ばかですいません、ええすいません。


ではまた忘れた頃に
スポンサーサイト


2016/03/06(日) 18:58 キクロ(ペレン産メタリフェル)
6月産まれ
本日の札幌は久々の雨です。少しだけ、すこ~しだけ春が近づいてきたのでしょうか

まあ、雨が降った後の路面は悲惨なほどにツルツルになるので、本格的に暖かくなるまでは油断大敵ですけどね。我が家は山の斜面に建っていますので、今日は駐車場に入れるまでに一苦労どころ三苦労くらいしました(数を多くしても大変さが伝わりませんが

って、書いてる最中に家の目の前でタイヤを空転させている車がいる。こわっ

さて、先週Upした個体が活動を始めました。

160306-2.jpg

トカラノコギリのうちの一匹です。ゼリーを少しずつですが、舐めはじめました。6月に羽化してから9か月を経て、ようやく活動開始です

そして同じく6月羽化の

160306-1.jpg

こちらも後食開始です。CBF3のツツイシカ君。トカラもツツイも♂だけが活動開始してますので、♀を少し暖かい場所へ移しましょうかね。

そして、まだ後食まではいかないもののあと一歩かな??と思われるのが、こちらも6月羽化の

ポルトン160306

ポルトン君です。ええ発色やぁぁぁ

同じ6月羽化でも、♀の一部は年末に後食開始したものの、ペアリングの相手になるべき♂たちはずっと寝たまま。♀はまだ生きてますが、オスは軒並みまだ休眠中です。早く活動してくれないかな~

目の前に据え膳があるのになぜ動かぬ!!!!それでも男かぁぁぁぁ


ということで、6月羽化個体の3種でした。

最後に、こちらも実は6月羽化、7月活動開始して半年以上元気なまんまの

ペレメタ160306

ペレメタ1号君と

ペレメタ160306-2

2号君です。いずれもフセツ麻痺等なく完品のまま、200カップの中でずーーーーーーっと活動してます。この兄弟で残した子孫はぼちぼち蛹化・羽化体勢に入ってますが、ペレメタも低温環境下だと長生きですねぇ・・・

ということで、6月羽化個体群でした。ではまた忘れた頃に


2016/03/02(水) 19:00 ノコギリ(トカラ)
切れてます
最近、子供の食事に合せて早めに夕食を摂ることが多いので、就寝前にいつも空腹になります。食欲との戦いに勝てる事は非常にまれで、本日も

160228-0.jpg

コイツを食いながら更新してみます、ズルズル


さて、タイトルにあるとおりネタが切れました。2/28にサバ産マンディブラリス

160220赤マンディサバ2

の♀(↑コイツとペアリング済)を一匹産卵セットにぶちこみましたので、晴れて手元にブリ可能な個体がゼロになりました

後食中の個体は全てオスのみ・・・と思いきや、♀だけ後食しているのが

081202インペラ♂

赤インペラトール(画像は遥か昔の画像の使い回し)ですが、先週蛹室作った個体とは別に、気の早い一匹が

160228-1.jpg

2月下旬に蛹になっていました。インペラは長生きですので、ブリードは何とかなりそうです、良かったよかった

ということで、我が家の飼育種で羽化している個体のうち、活動中の個体は全てオスのみ、ないし♀のみの今日この頃です。ネタなぞそうそうあろうハズもありません。



そういいつつ、もしかしたら活動開始したっぽいのが

160228トカラ1

また原因不明で画像がタテになってしまった、悪石島トカラノコギリ、CBF1.画像の個体が一番発色がヨイ。

他にも

160228トカラ2

幾つかの個体がカップの中で動き始めている模様です。まだ白フン出してませんし、何より♀がまだお休み中

でもオスだけでも気配が出てきたのは嬉しいことです!マット産み種カモーーーン!!

・・・ま、現在前蛹~蛹になりつつあるキンオニの方がブリード開始は早いでしょうけどね。とにかく材産み以外の種でブリしてえ!!

さて、ということで中身のない記事はそろそろ終わりにしますが、タイトルに絡むのはクワネタだけではありませんでした。

160228-00.jpg

こちらもでしたぁぁぁ


2016/02/27(土) 19:00 ノコギリ(アマミ)
危なかった。
週一回更新を続けるため、姑息に予約投稿。画像に日付入れるように設定しちゃったので予約投稿バレバレなので先にゲロしておきます

日曜日の夜、嗚呼明日からまた仕事だなぁ面倒くせぇなぁ・・・発散したいなぁ!と思ってヤフオクのクワガタカテゴリーを見始めました。酔った時とストレス溜まった時は要注意なんですが、久しぶりにその悪魔の法則にひっかかりかけていたその時。

気になった君の名は「モーニッケノコギリ」(画像はありませぬ)。

今すぐにでもセットしたい=即ブリ、ないしワイルド。という条件の中、安いしかっこいい色虫だし、おおこれこれ!と思ってボタンを押す直前に調べて良かった。

この子、材産みじゃないですか・・・

材産みの種は勿論嫌いではないです。むしろマット産みよりも状況確認&対策がしやすいし、採卵も好きなので普段なら全然かまわないのですが、既に昨年夏から半年以上材産み種のブリードを続けていますので、更に追加してどうする!

ということで、珍しく寸止めでSTOPできました。良かったのやら悪かったのやら…


WDはねぇ、楽でいいんですよ。

ブリード個体は(1)幼虫飼育をして(2)羽化ズレを防いで羽化させて(3)成熟も合わせて(4)ペアリングも終えて。これで初めてブリード出来る訳ですが、WDはこれらを全てすっとばして(5)セットするだけ。なのでヒッジョーに楽です。

個人的にブリードのキモは(3)だと思っていますので、これらの面倒な手続きが無いWDは、寿命のリスクさえ除けば圧倒的にブリードが楽です。

なので、できればWD個体で何かブリードしたいのですが、ようやく出回り始めたばかりの現状、及びまだまだ極寒の季節の現状を考えると難しいですかね。

で、こなれてきて入手しやすくなった頃には、きっと我が家のブリード個体も起き始めるんでしょうね~

ま、仕方ないのでもう少し暖かくなるまで待ちます。あと一か月少々待てれば、購入せずに済むような気がします。



さて、散々WDは楽だと言った割に、昨年久方ぶりに購入したWD個体のミラビリス。

数年前に気合入れてブリード個体2♀でブリした際は、いずれも100個前後産卵して大豊作。爆産種じゃん楽勝じゃ~ん

と思っていたのですが、このWDでは数匹しかニョロを採れませんでした。まあ合計200個採った際の情熱と工夫がカケラも残っていない放置ブリードだったので仕方ないっちゃ仕方ないんですが、にしてもヒドい

ということで、貴重な数匹のWDF1ニョロのうち1♂1♀が年始年末にそれぞれ羽化しました。

160221-1.jpg

♀よりアゴの部分だけが大きい、超小ぶりの♂です。羽化時期は合いましたが、ここまで小さいとオスの方が先に成熟しちゃいそうですね。まあ温度差つけて管理しておきますか・・・



あああーーー、WDのキクロを何かブリしてーーーなーーーー


最後に、昨年の秋頃に入手した増種対象がこちら

160221-3.jpg

なぜ画像が縦になっているのかの原因究明、及び一切の対策をしておりませんが、ご覧のとーり「アマミノコ」です。

現時点でも元気にニョロしていて黄ばんですらいないので、きっと羽化は夏以降、ブリードはそのまた1年先って感じでしょうか。国産ノコはサイクルが長いのが難点ですね~

では、次回更新までにWDのナニガシかを落札しないことを心に誓いつつ、今回も終わります!

・・・早く次回更新しなきゃ(?)


2016/02/20(土) 18:48 フタマタ(マンディブラリス・ボルネオ・サバ)
赤づくし
本日、我が家のサッシを一部改修しました。

私の背丈以上の高さがある、そこそこ大きなサッシなのですが、隙間風が入って鳥部屋と虫部屋の室温を下げてしまうので見てもらいました。

てっきり数年前に実施した大規模リフォームによる後遺症だと思っていたら、業者さん曰く「目的はよくわかりませんが、なんか、細工してありましたよ。戻したら直りました(笑」とのこと。

まあ原因はともあれ、修理のお蔭で室内の温度は安定したように思います。恩恵を受けるのは人間よりも、飼育している鳥と虫ですが


さて、業者さんが作業している間にただ見ているだけっつーのもアレなので、数日前からペアリングしていた

160220赤マンディサバ

サバ産マンディブラリスの産卵セットを追加しました。我が家のサバ産は「黒目系」で4血統、「白目因子系」で3血統も血統数がありますが、今回セットしたのは一番赤みが強い血統(CBF2)です。

160220赤マンディサバ2

アゴの先まで赤いので、かなりのお気に入り。CBF3血統を確保すべく、もう1♀セット予定です。

因みにセットはこんな感じ。中ケースに産卵木3本転がすだけ。

160220-1.jpg

室温が上がらなかったので、今までの産卵ペースはまだ今一つですが、今回のサッシ改修で状況改善に繋がればいいなぁ。


そして他のこたいーーー。たまたまですが、全部赤繋がりです。

160220-2.jpg

♀ばっか羽化してきている赤インペラの♂と思しき個体がようやく前蛹になりました。さっさと蛹化せい!と、2~3匹の幼虫を200CCカップに移し替えたら、いきなり効果が出ました

♀はまだ後食してませんし、インペラは比較的長生きなので間に合うかも

そして、私の失態により3匹しかニョロが採れなかった

160220-3.jpg

ギラファホソアカ(確かこれがCBF3)の1匹が、同じく前蛹になっていました。時期としては良い時期ですね。北海道の遅い春、4月にはブリード出来るでしょう。♂♀が揃えば、の話ですが。野外品の入荷は無いだろうしな~

そして、うっかり今頃羽化・自力ハッチしてきた

160220赤マンディムラトゥス

同じボルネオ産マンディブラリスのうち、産地がサバでなく「ムラトゥス」の血統。この個体、サバ産に負けず劣らず赤いです

でも♀は一匹も残っていません、既に昨年に全て羽化して、昨秋にブリードも終わってます。その時産まれたニョロの羽化を促すしかなさそうですが、これはさすがに間に合わないよなぁ…

ということで、本日は赤尽くしでした。ではまた忘れた頃に


NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。